人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 66 )   > この月の画像一覧

Latrinalia Anatomia 便所の落書きの解剖学/すべてのSNSは便所の落書き、Toilet Graffitiにも劣る。

 
c0109850_00573215.jpg

フォロワーもフレンドもお友だちも徒党、烏合の衆である。

すべてのSNSは便所の落書きである。FacebookもTwitterもLINEもInstagramもPinterestもTumblrも便所の落書きである。


朝から晩まで一生ツイートしようが、10億回リツイートされようが、無限に拡散されようが、石コロひとつ、針1本、鳥の羽根1枚動かせはしない。空気さえもだ。すべてのSNSは便所の落書き/Toilet Graffitiにも劣る。
 
by enzo_morinari | 2019-08-14 01:02 | Latrinalia Anatomia | Trackback | Comments(0)

知のチャンチキおけさ、知のムニュエ、知のアントレ、知のデセール/知性? 知識? 教養? 学識? それってうめえのか?

 
c0109850_13144714.jpg

インテリぶるやつ、学のあるフリをするやつ、知性教養のあるフリをするやつ、頭のいいフリをするやつ。そのたぐいの輩にはただのひとりもインテリジェンス、知性教養、学識のあるやつはいなかった。頭のいいフリをするやつは例外なく底抜けのバカだった。

インテリぶって腹はふくれるのか? 知性教養のあるフリをして給料が上がるのか? 頭のいいフリをしてなにかトクがあるのか? ないだろう。これっぽっちも。1mmも。せいぜい、陰で嗤われ、バカにされるのがオチだ。相手は背中を向けて舌を出すのが関の山である。

身の丈身の程、分限分際、間尺をわきまえる者が世界を見渡す。世界を制す。世界を手にいれる。

自分だけの世界だろうが二人の世界だろうがミジンコ/ゴマメの世界だろうがミトコンドリアの世界だろうが、世界は世界だ。大きい小さいは一切関係ない。

ムニュのムニュエ、知のムニュエ、知のアントレ、知のデセール、痴の田楽、知のお神楽、そして、知のチャンチキおけさで歌い、踊っているのが辛気臭い世の中を渡るにはちょうどいい。三波春夫も歌っている。「知らぬ同士が小皿叩いてチャンチキおけさ」と。なにも知らない=無知の知らない者同士が無知を無知のまま睦みあう。ブリブリ、気取りより、よほど気分がいい。

c0109850_13145720.jpg


チャンチキおけさ 三波春夫 (1957)
 
by enzo_morinari | 2019-08-13 13:22 | 知のチャンチキおけさ、知のアントレ | Trackback | Comments(0)

熊のコドーと蛸のバッソと烏賊のケトルと豚のロッソと完全5度のÉlan Vital/ネウマもタブラチュアも超えて、ドからソへ。JJからSDGへ。

 
c0109850_19471033.jpg
c0109850_19472134.jpg

JJ JSB

罪穢れを祓うための道行きだった。


高野山を南下し、黄泉比良坂と伊賦夜坂と権太坂Zと権之助坂Mを立てつづけに下って、紀の國/木の國/鬼の國/根の國/堅の國/妣の國/常世の國の茫漠とした広大無辺に辟易と畏怖を感じながら熊野古道のベアード・リビドー・コリドーをひとり歩いているときに熊のコドーは蛸のバッソと烏賊のケトルと豚のロッソを頭にのせ、たこ八郎ばりの剽軽軽快なオオハシ・ダックスフント・フットワークで現れた。まごうかたなき完全5度のÉlan Vitalのかたちがそこにはあった。まだ見ぬニライカナイ、明るいイメージそのものの世界の入口。

ネウマもタブラチュアもフェルマータもダ・カーポもダル・セーニョもピチカートも♯も♭も♮も超えて、ドからソへ。JJからSDGへ。

純粋音楽としての表現の世界への旅がはじまったのだとメゾフォルテに思った。いや、ffに。FF7に。チョコボに。アバランチに。Barret Wallaceに。神羅カンパニーに。Costa del Solに。Red XIII ナナキに。Sephirothに。古代種に。Aerith Gainsboroughに。Cloud Strifeに。そして、Life Streamに。


SDG JSB


Perfect 5
 
by enzo_morinari | 2019-08-12 20:18 | 熊のコドーと完全5度のエラン・ヴィタール | Trackback | Comments(0)

炎の蔦同盟/炎の蔦同盟の総会が終わろうとするとき、突然、祭壇の中央から中心にFleurie Crossを象った巨大なシャンク・ボタンが出現し、ゆっくりと歩きだした。

 
c0109850_14352492.jpg
c0109850_14353706.jpg
c0109850_14355504.jpg

Bring me my spear! O! Clouds unfold! Bring me my Ivy of Fire!


East IVY CITYの蔦館で行われていた秘密結社炎の蔦同盟の総会が終わろうとするとき、突然、祭壇の中央から中心にFleurie Crossを象った巨大なシャンク・ボタンが出現し、ゆっくりと歩きだした。そして、総会の会場の中心で叫んだ。

わが燃えたぎる黄金の弓を持て!
欲望の矢を持て! 槍を持て!
雲よ散れ! わが炎の蔦を持て!



Chariots of Fire (Main Theme) - Vangelis (1981)
 
by enzo_morinari | 2019-08-12 14:45 | 炎の蔦同盟 | Trackback | Comments(0)

Stray Sheep, Stray Songs, Street Songs/遠い日の夏、君住む街の明るい表通りの神サマに立てた誓いと君住む街の明るい表通りに置き忘れたもの

 
c0109850_06210630.jpg
c0109850_06211846.jpg
c0109850_06244147.jpg
c0109850_07013059.jpg

17歳の夏の盛り。オフホワイトのコンバースのローカットを手に入れるために君住む街の明るい表通りの神サマに誓いを立てた。約束を守ると。どんなに些細なことであっても、どうでもいいようなつまらないことであっても、必ず約束を守ると。

オフホワイトのコンバースのローカットは手に入った。以来、たったひとつの例外を除いて君住む街の明るい表通りの神サマに立てた誓いは守りつづけている。君住む街の明るい表通りの神サマはご褒美に色々なものをくれた。

オリーブ・グリーンのチノパン。セルロイドの黒縁のメガネ。Brooks Brothersのゴールデン・フリースのブレザー・コート。Brooks BrothersとROLEXのダブルネームのExplorer I。モスグリーンの1959 Morris Mini Minor (License No. 621 AOK)。マイルス・デイヴィスの”Kind of Blue”とキャノンボール・アダレイの”Something Else”とソニー・ロリンズの”Saxophone Colossus”のFirst Issue。Western ElectricのKT88がチュービングされたMcIntosh MC275。ALTECのVoice of the Theatre A7。君住む街の明るい表通りに面したテラスで君と二人でお茶を飲むこと。そして、君。

君住む街の明るい表通りの神サマのご褒美で手にいれたものは世界を手にいれたも同然の価値を持っていた。

遠い日の夏、君住む街の明るい表通りの神サマに立てた誓いと君住む街の明るい表通りに置き忘れたもの。

いまこそ、最後の約束を果たすときだ。君が死んで27年が経ち、私自身が死ぬ今こそ。

最後の約束。Fly You to the Moon. 君を月に連れていくこと。用意はいいね? さあ。出発だ。


君住む街の明るい表通りの神サマは、今度はどんなご褒美をくれるかな?

c0109850_06213837.jpg

Fly Me to the Moon - Frank Sinatra
Fly Me to the Moon - Nat King Cole
On the Street Where You Live - Vic Damone
On The Sunny Side of The Street - Frank Sinatra
Tea For Two - Doris Day
 
by enzo_morinari | 2019-08-12 06:28 | 迷える子羊と迷子の歌 | Trackback | Comments(0)

沈黙ノート/幼児性愛者、性犯罪者が身重の女性を見世物にして滑った転んだとは笑止千万!

 
c0109850_18314222.jpg
c0109850_18312224.jpg

私は幼児性愛者性犯罪者の居残り佐平次に対してのみ差別主義者である。頭下げて事実を認めただけでケジメがついたと思うなよ。腐れ外道! どこの公園かは突き止めた。あとは被害者の母親に被害届の提出を促すだけだ。


バカ丸出しガキ丸出し的はずれ素っ頓狂独りよがり思いこみまやかし嘘っぱちまみれの息を吐くようにウソをつく下衆外道木偶の坊品性下劣盗撮者覗き魔出歯亀性犯罪者幼児性愛者下郎の火病耄碌糞ジジイ居残り佐平次は連日、Twitterで便所の落書きにも劣る愚劣陋劣なないことないことをほざいている。

おちょくり。茶化し。揶揄。揚げ足取り。虚偽の吹聴。根拠なき大言。じきに80歳にもなろうという者の言辞とは到底思えない低劣下劣ぶりである。

佐平次 @saheiziinokori で検索すればすぐにヒットする。

*すべての天空の古城はセイントおにいさんにウーピー・ゴールドバーグしてある。


器物損壊罪(日本国刑法261条)
他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。
 
by enzo_morinari | 2019-08-11 18:37 | 沈黙ノート | Trackback | Comments(0)

キル力メツュの夜/すべての表現は純粋音楽である。言葉は人類が発明した最古のサーカスである。

 
c0109850_16181806.jpg
c0109850_16145929.jpg
c0109850_16152042.jpg

表現に自由も不自由もない。あるのは遊びと戯れだけである。J-D

すべての表現は純粋音楽である。Word Seeker

言葉は人類が発明した最古のサーカスである。D-K

メンポクツア神話のキル力メツュ叙事詩では人間に言葉を与えたのはディソギル・クソババである。ディソギル・クソババによって言葉を獲得し、文明をえた人間が言葉に苦悩する。E-M-M


100年どころか、50年後には現在の善悪/正邪/自由不自由/美醜/貧富/快不快のスケールはすべて雲散霧消する。
 
by enzo_morinari | 2019-08-11 16:28 | キル力メツュの夜 | Trackback | Comments(0)

緑魔子色の小部屋/小悪魔路線まっしぐらの緑魔子はいかにして石橋蓮司のBougieの嗜虐をNathalie Bayeしたか?

 
c0109850_11363645.jpg
c0109850_09514608.jpg

半基地外人はきょうも懲りずに的はずれ素っ頓狂に知ったかぶり気取り屋ブリブリっちゃんカビ臭さつまらなさ満載満艦飾だが、同世代ながらセンスもインテリジェンスも踏んだ場数も半基地外人とは桁外れ異次元に異なる私は緑魔子色の小部屋で小悪魔路線まっしぐらの緑魔子はいかにして石橋蓮司のBougieの嗜虐をNathalie Bayeしたか?について思いをめぐらせるのである。
 
by enzo_morinari | 2019-08-11 09:57 | 緑魔子色の小部屋 | Trackback | Comments(0)

バズの深場/天平の城下カレイの華麗なる右左でバズるとき、木槿と尨毛と和毛と絨毛と柔毛と獣毛でバズれたら、和毛のような陽の光を浴びて80宿なし独走

 
c0109850_16252088.jpg

ナツが幾百万の鈴が鳴るように涼しげな顔で広瀬隆に億万長者が殺した赤色矮星のハリウッド星β-1919を燃料とするゲンパツをTOKYO ROCKETS経由でCYCLEXのShinoによるSuper Rushで着払いで送りつけたのがほぼ日刊イートシコイテ新聞部に嗅ぎつけられてレタス5個分のインチキペテンまやかしマンマイトイのModus Operandiをくらい、思いあまってドンタコスってダルダルなので1発タルタルソースをマラチョに塗りたくってオクマデ・ツイタに衝立突きでオイド・ツイトしたらヨジーコ・オパーランディはもっとツイテツイテとオタケビ・アケビし、それがきっかけで予想外にバズったわけだが、カンピオニッシモ・カンピョ・コッピのパスがアンタダレ・カンタービレにマラリーア乃至はマラドーナの頭上のアンダーカレントをWilliam John Evans&James Stanley Hallの”Undercurrent”の速度感で世界で一番美しい水死体を巻きこみながら超えてサー・スタンリー・マシューズの左足の親指の付け根にHit-and-Runしてプリン体急増、尿酸値急上昇19.18ときたもんだ三度笠で12使徒が死と詩とシトシト・ピッチャン痛風発作のホンダ”ふたつの風”ピー助の2シンボはアヒルの行進。トコロデ・ロデオドライブ、天平の城下カレイの華麗なる右左はドコにバズ? 夏服を着たギャツビーの女なら京都で教えてくれるバズだ。そして、神戸。じゃなくて、横浜。でもなくて、鹿屋。やっぱり、デモンストレーションはデーモン閣下に帰国子女。そのような次第で、ノードとエッジとデータ構造と整数論のことはジョニー・ハーバートの非嫡出子であるハーバード大出のMatt DamonにDANONEのブルーベリー味を食べながら訊くのが理にかなっているし、身元も素性も自己同一性も合致する。みてくれNouvelle Cuisineのソーススッカスカ深みなし上げ底上っ面のモグワイ・クワズイモのようなクイモノしかサーブできないポンコツ安食堂の団塊木偶の坊おやじのアイデンティティは風前の灯火、フウセントウワタの鬼灯煮込み、日本橋浜町で蚕蚕お蚕蚕するも後悔なしのパイポパイポパイポのシューリンガン、和田氏はガンで顔射をやめましたとさ。ImolaのAutodromo Internazionale Enzo e Dino FerrariのTosa Corner名物の土佐のコーチのアーウィン・ショーがトートバッグ攻め駿河問い責めの80ヤード独走をもたらし、予想だにしない懐古魚河岸の瑕疵担保責任と手形小切手における人的抗弁の切断するのが最後通鰈がわりである。
 
by enzo_morinari | 2019-08-10 16:26 | バズの深場 | Trackback | Comments(0)

ギャツビーの女 ── クールボアジエをもう1杯

 
c0109850_691172.jpg

夏服を着た女たちが歩く明るい表通りからは悪意と憎悪の毒矢が放たれる。 E-M-M


週末、金曜の昼下がり。都会の喧騒が消え失せた宝石のような時間。オフィス・ビルの壁面のガラスが夏の初めの空と雲と光を映している。仕事は午前中にすべて片づけた。仕事もプライベートもすべては順調で、なにひとつ思いわずらうことはない。これから日曜の夜にベッドにもぐりこむまで、夏の始まりにふさわしいとびきりの時間をすごせる幸福で心は夏の雨上がりの空のように晴々としていた。

c0109850_693048.jpg

オープン・テラスのテーブルの上に読みはじめたばかりのアーウィン・ショーの短編集を置き、ウェイターが注文を取りにやってくるのを待つ。通りに目をやると、クレープデシンやコットンリネンやピケやコードレーンやシアサッカーの夏服に身を包んだ女たちがややあごを突き出して歩いている。どの女たちの顔をみても週末の夜のお愉しみを目前に美しく健康的で、適度にエロティックで、いきいきとしている。「いい週末を」と思わず声をかけたくなる。

澄んだ空気。
にこ毛のような陽の光。
そして、夏服を着た女たち。

これから日が暮れるまでの数時間を自由に贅沢にすごそう。気持ちはさらに浮き立ってくる。

「クールボアジエをクラッシュ・アイスに注いで、それをエヴィアン・ウォーターで割ったものを」

新米のウェイターが怪訝な表情を浮かべたので、私は伝票とボールペンを受け取り、注文を記した。新米ウェイター君に安堵とともに爽やかな笑顔がもどる。

薄手の大きなバカラの丸いグラスを琥珀色の液体が満たしている。グラスの淵に鼻を近づけ、芳醇馥郁たる葡萄の精の香りを愉しんでからひと息で半分ほど飲んだ。爽やかで、しかも豊かな味だ。決して上等とはいえないBOZEのコンパクト・スピーカーからジューン・クリスティの『サムシング・クール』が聴こえはじめる。夏の初めの空と雲をみる。流れゆくひとかけらの雲が、遠い昔に私を通りすぎていった女たちの顔にみえる。さらにクールボアジエをもう1杯。動悸がたかまる。

c0109850_610059.jpg

その昔、いつでもどこでも、『サムシング・クール』を口ずさんでいる女の子がいた。彼女は冷凍室の中でさえ、「なにか冷たいものをおねがい」と言いそうだった。彼女の名前は? 思い出せない。クールボアジエをもう1杯。背筋を冷たい汗が一筋、流れ落ちる。

c0109850_6102230.jpg

『クール・ストラッティン』のジャケット写真みたいに魅惑的な脚線美をいつも誇らしげに見せびらかす女もいた。彼女が自信たっぷりに気取って街を歩くと、男たちは立ち止まり、慌てて振りかえり、そして、遠ざかる彼女の後姿と脚線美を溜息まじりに見送ったものだ。彼女の名前は? 思い出せない。クールボアジエをもう1杯。軽い眩暈に夏の初めの街が揺れる。

c0109850_6104370.jpg

「マイルス・ディヴィスは嫌いだけど、『クールの誕生』は好き」と言いながらLPレコードを乱暴にターンテーブルにのせる女もいた。私は彼女の手荒さに辟易したものだ。彼女の名前は? 思い出せない。クールボアジエをもう1杯。グラスを持つ右手がふるえだす。

c0109850_6111183.jpg

初めて見にいった『グレート・ギャツビー』で意気投合し、「あなたがギャツビーで、わたしがデイジー。そうすれば二人の復讐と幸福と享楽と放埓は完結するのよ」と言って、熱烈なキスをプレゼントしてくれた女もいた。彼女の名前は? 思い出せない。クールボアジエをもう1杯。全身が泡立ちはじめた。

女たちの悪意と憎悪の毒を含んだ矢が次々と飛んでくる。その毒矢は決して的を外すことはない。しかも、彼女たちのすべては遠い記憶の淡い桃色の雲の中に隠れていて姿をみせることはない。

心の中にみるみる黒い雲が湧き上がってくる。寒気さえ感じる。初めの頃の浮き立つような気分はとうに消え失せていた。

c0109850_6113478.jpg

街が黄昏はじめた頃、やっと彼女は現れた。淡い水色のクレープデシンのドレスに身を包んで。彼女のあたたかくやわらかな笑顔だけがいまの私を彼女のいる世界に引き戻してくれる。そう思い、私は心の底から安心し、彼女に感謝した。

「あなたと初めて見にいった映画、おぼえてる?」と彼女は突然言った。

「ごめん。忘れちゃったよ。きみとは映画ばかりみてるから」
「『グレート・ギャツビー』よ」
「まさか ──」
「本当だってば。初めてのデートで、初めての映画ですもの。忘れたりするもんですか」

私は立ち上がり、もう何杯目なのかさえわからなくなってしまったクールボアジエを毒杯でもあおるような気分で飲み干し、夏服を着た女たちが涼しげな表情を浮かべて行き交う街の中へ、ゆっくりと、本当にゆっくりと漕ぎ出していった。


Something Cool - June Christy
Cool Struttin' - Sonny Clark (1958)
Birth of the Cool - Miles Davis (1954)
by enzo_morinari | 2019-08-10 14:06 | コアントローポリタンの女 | Trackback | Comments(0)