人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 63 )   > この月の画像一覧

GRIP GLITZ/Tropismとヘリコプターと血液凝固とタンパク質の熱凝固と死ぬには手頃な日

 
GRIP GLITZ/Tropismとヘリコプターと血液凝固とタンパク質の熱凝固と死ぬには手頃な日_c0109850_17442262.jpg


死ぬには手頃な日にヘリコプターでヘリオスコピアを頼りにヘリコバクターを探す。人生の日々が少しばかりヘルヘッヘンドするが、すぐにヘルス・エンジェルスどもからはGo to hell!という怒鳴り声がかかり、戸来村の村人42号からはHasta la vista, baby!とLevi's 501ZXX 1954 Zipper Modelのようにこざっぱり言われる。G-G

血液凝固とタンパク質の熱凝固はその機序は異なるが、止血とハードボイルドに大差はない。血が止まらなければ死ぬし、甘っちょろい半熟なら踏みつぶされるだけのことである。G-G


「ほっといても死ななきゃ、殺しにいくまでのことだ。決めた。今この瞬間に決めた。絶対に、そう絶対に、舌に苔が生えようと野郎が自然死することはゆるさない。」とGRIP GLITZはこともなげに言った。GRIP GLITZの憤怒の熱狂あるいは悲しき熱帯が強くにおった。容赦のない殺戮の熱帯夜のはじまりだった。

その夜、7人が肉の塊りになり、直後に王水処理され、肉の塊りも生きていた痕跡も消えた。Perfect Delete. 完全消去。GRIP GLITZはまたいい仕事をし、GRIP GLITZ Job Recordsに新しいページが加わった。


Tropical Island Beach Ambience Sound
 
by enzo_morinari | 2019-03-19 17:47 | GRIP GLITZ | Trackback | Comments(0)

前には平行植物と鼻行類、ふりむけば燈台草。

 
前には平行植物と鼻行類、ふりむけば燈台草。_c0109850_13482735.jpeg


いまや、平行植物となったLeo Lionniと鼻行類に変態したHarald StümpkeことGerolf Steinerとの平行色と非実体性と超現実性に関する悪だくみをすませ、カリオストロ邸をあとにしてから里山の田舎道を歩いているときだった。

先端をあざやかな黄緑色に輝かせた奇妙な一群の草が一斉に首を振ってこちらをみた。燈台草/鈴振り花/Sun Squige/Euphorbia Helioscopiaだった。
 
by enzo_morinari | 2019-03-19 13:49 | ふりむけば燈台草 | Trackback | Comments(0)

Disrespect Discours 知識知見の集積/教養としての読書しかできない似非のインテリもどきどものブタ様ブザマ

 
Disrespect Discours 知識知見の集積/教養としての読書しかできない似非のインテリもどきどものブタ様ブザマ_c0109850_17250537.jpg
Disrespect Discours 知識知見の集積/教養としての読書しかできない似非のインテリもどきどものブタ様ブザマ_c0109850_17244853.jpg

 
Fuck off! Piss off! Show off!


本・読書のジャンルは連日みずからの読書歴/音楽鑑賞歴/映画鑑賞歴/飲食歴/遊興歴/旅行歴をひけらかす輩だらけである。きゃつらは例外なく似非のインテリもどきだ。そのテクストは故障した日本語文法と誤字脱字と退屈/チンケ/おぞましいほどの新味の欠如/辛気臭さ/鼻持ちならなさ/ひとりよがり/常軌を逸した思い込み思い入れ/的はずれ/ミスリード/誤読誤謬/トンデモ解釈にまみれている。取り憑かれたように、自分の読んだ本はいい本/面白い本、観た映画は名作/いい映画、聴いた音楽は名曲/いい曲、食べたもの飲んだもの行った店は絶品逸品名店、訪ねた国や街はいい国いい街と臆面もなく、そして、論理的な吟味なく無自覚無批判に声高鼻高々にほざく。ハズレなし空くじなしの人生でけっこうなことだ。プッ。

きゃつらの言語表現能力で他者のテクストや音楽表現や映像表現や料理/飲酒/土地・街に関する解読解釈/政治経済歴史/文化全般に関する諸問題を読みとり、読み解くことなどできようはずがない。燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんやということだ。

では、似非のインテリもどきどもは、なぜ読書し、音楽を聴き、映画を観て、美食し、外国や街を遊行し、政治経済歴史に関する言説にふれるのか。すべて、Show Off/みせびらかし/ひけらかし/Shittaca Barryのためである。それらのことによって優越感にひたり、ひいては優位に立とうという魂胆が透けてみえる。ゆえに、きゃつらのお粗末きわまりない言説はどれもこれも「上から目線」である。

きゃつらShittaca Barryどものなまくらな一知零解の知識知見ではなににも優位性などもちえないが、百万歩ゆずって、よしんば優位に立てたところでなにひとつメリットなどないというのに、きゃつらはそのことに気づかない。なぜ気づかないというに、ヴァカでセンスがないからである。クソ田舎出の三流私大文系というくくりをすればすべて腑に落ちる。

すべては個人の趣味趣好嗜好の領域に属することであるから、なにをどうしようがしまいが焼こうが煮ようが個人の自由だが、はたから半笑いを浮かべながら生ぬるく観察していても胸糞が悪くなる。反吐が出ることすらある。

なかでもとりわけて虫酸の走るのが『ミミズク通信~恨の根言』の居残り佐平次だ。Z日。KIMZIE GUY. FABYO MENS. 喪もあけぬうちから不修多羅に近所の後家ババアと御懇ろにおよぶ不貞不実にして不逞の輩である。この喜寿にもなろうという耄碌野郎の大めし安酒バカ酒乞食酒の喰らいぶりと、きのうは歌舞伎、きょうはお能狂言、あすは落語と歌舞音曲にうつつを抜かす極楽とんぼ酔生夢死ぶりには世も末、末法の姿をみる思いである。この野郎こそがとっとと死ねばいいのにの筆頭だ。カーッ(゚Д゚)≡゚д゚)、ペッ


Fxxk off - AK-69 a.k.a Kalassy Nikoff(The Cartel From Streets/2009)
 
by enzo_morinari | 2019-03-18 17:40 | Disrespect Discours | Trackback | Comments(0)

Hawaiian Boyz Bags Bugs, Opus and Interlude/スマホから夢は広がらない。広がると思っている者は脳内にヒガンバナの花畑が広がっている基地外である。

 
Hawaiian Boyz Bags Bugs, Opus and Interlude/スマホから夢は広がらない。広がると思っている者は脳内にヒガンバナの花畑が広がっている基地外である。_c0109850_07385163.jpg

スマホから夢が広がると宇宙少年ソラン好きの夢みる夢男の大痴はほざいた。じきに、還暦。がっつり、基地外。

現在、ネゲトした月のものの遅れている40代の脳みそVacancyなVaca HZと絶賛ひとりよがりこれを逃してなるものかと風鈴婚外いとうせいこう(おかっぱ頭。実はぞっくりゲーハート・ベルガー)の真っ最中である。しかし、ティンコは口ほどにモノ言わず。しごいてもしゃぶってもなめても唇でフルート/ハモニカ吹いてもひっぱたいても指で弾いても頬ずりしてもガマン汁チューチューハイチューパピコチューチューしてもCoca-Cola Lesson用のファミリー・サイズのコーラかけてもひっちゃぶいてひっちゃぶいてのコーラに郵便配達が2度ベルガモットしてして突いて突いてしてもオマヌコ好きオマヌコ好き叫んでもシヌシヌ喘いでも鼻の穴に突っこんでも怒鳴りつけても使いモノにならない。勃たない。ホッキ貝なみに勃起不全。


磯の鮑の哀れなる 硬くならないアレの片思い
いそいそでかける急ぎのラブホ前延長付き4時間逢瀬


Milt Jackson Bags’ Bag (Full Albags’ Album for Bugs/1980)
 
by enzo_morinari | 2019-03-18 08:07 | Hawaiian Boyz | Trackback | Comments(0)

Hawaiian Boyz/皇帝のいない7月の第3水曜日のレコンキスタ

 
Hawaiian Boyz/皇帝のいない7月の第3水曜日のレコンキスタ_c0109850_18181031.jpg


すべてを失った場所でもう一度すべてを取りもどす。名誉。誇り。生きる意味。そして、自由。われわれは世紀末のレコンキスタドールである。Hawaiian Boyz


騒ぎを聞きつけた女たらしスケコマシ校長の石原が姿を現したのは吉岡が茹でガエルのようにぐったりと椅子に座ったときだった。

頭に手ぬぐいを巻き、地下足袋を履き、野良着を着て石原はやってきた。石原がこの日の本命だった。

私のフィンガー・スナッピングを合図に56個の血走った眼が女たらしスケコマシ校長の石原を射抜いた。Hawaiian Boyzの56個の血走った眼が女たらしスケコマシ校長を射ころした。

「なんの騒ぎだね?」
「あんたこそなんの真似だね? ここはおベンキョするとこ。野良仕事するとこじゃねえよ。帰れ!」

私が怒鳴ると女たらしスケコマシ校長はしどろもどろになった。そして、小声で「なんてひどい口の利き方なんだ」と言った。私は女たらしスケコマシ校長の言葉を聞き逃さなかった。

「おい。ちょっと待てよ。おれの口の利き方がひどいってんなら、生徒の母親と連れこみ旅館にしけこむのはどうなるんだ? ひどくねえのか?」

職員室がどよめいた。このようにして、皇帝のいない7月の第3水曜日のレコンキスタは幕を開けた。


Reconquista - The Full History

Reconquista - Faylan (2007)
 
by enzo_morinari | 2019-03-17 18:22 | Hawaiian Boyz | Trackback | Comments(0)

Hawaiian Boyz/ハワイアン・ボーイズ、マオリの戦士のハカ・ダンスを舞う。

 
Hawaiian Boyz/ハワイアン・ボーイズ、マオリの戦士のハカ・ダンスを舞う。_c0109850_11385991.jpg

群れない。徒党を組まない。ケンカ/ストリート・ファイトはすべてタイマン。ケンカは相手を殺す気でやれ。やられたらやりかえす。手加減なし容赦なし。つねに反逆児たれ。それがHawaiian Boyzの掟だ。


フラフラブラブラ吉岡がKO寸前になったころ、ハワイアン・ボーイズの残りの23人がやってきた。打ち合わせどおりだった。

私がリードとなって陣形を組み、Haka Danceを舞った。地響きが起こった。校舎が揺れた。

Haka Danceは隣町の友好団体のマオリの戦士から教わった。友好団体はほかにカタジュタの守護者、ウルルの虹、ミンダナオの怪人、バリハイ・ウォーリアーズ、ラパ・ヌイの鳥人、クル・セ・ママ、ゾウガメ・ブラザース、イースター・クラスターズ、高砂族、極悪、悪名、マッド・ドッグ、アーリー・キャッツ、クレイジー・ホース、トマホークス、バーバリアンズ、アリューシャン・ガールズがある。オセアニアンズだ。オセアニアンズ以外にも友好関係にあるチームがいくつかあった。ブラック・パンサー、QQQ、ホワイト・ナックル、アリラン特戦隊、鏖(金鹿)、龍頭、黒幇、阿Q、Rebelers, 4 words, Bitchesだ。

特にポリネシアン・トライアングルのエリアのチームでポリネシアン・トライアングル・ウォーリアーズを構成した。のちに、ポリネシアン・トライアングル・ウォーリアーズと友好関係にあるチームは横浜のみならず、神奈川県全域を制覇した。シカンボやチョーコーセーさえ道を譲った。譲らないやつは叩きのめし、踏みつぶした。

私が「Kama Te! Haka!」と叫ぶのが合図だった。全員、シャツとズボンを脱いで裸足になり、コブラ仮面のお面をつけた。上半身には美術部の部長に黒赤青の油性ペンで描かせた鯨身図。腰蓑。雄叫びのあと、マオリの戦士の戦いの踊り、Haka Danceは始まった。

Ka mate! Ka mate! Ka ora! Ka ora!

Hawaiian Boyz/ハワイアン・ボーイズ、マオリの戦士のハカ・ダンスを舞う。_c0109850_11391982.jpg


Original Māori Haka Dance

Māori Haka & Chant (Traditional Māori Music)
 
by enzo_morinari | 2019-03-17 11:55 | Hawaiian Boyz | Trackback | Comments(0)

Hawaiian Boyz/Aloha 'Oeをささやくように口ずさみながら海上の道をたどってまだ見ぬ南の島ニライカナイを目指す。

 
Hawaiian Boyz/Aloha \'Oeをささやくように口ずさみながら海上の道をたどってまだ見ぬ南の島ニライカナイを目指す。_c0109850_16261376.jpg

遠い島影はニライカナイ

名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実ひとつ

Quō vādis? われわれはどこから来てどこへ行くのか?

帰りたいと思い、憧れ、恋い焦がれてきた南の島には帰りつけないだろうし、どこにあるのかもわかるまい。当然に、ニライカナイにはたどり着けない。しかし、それでも私にはわかる。南の島もニライカナイも私の血の中に、私の心の大海原にすでにたしかにあるのだと。絶えることなく波音は聴こえると。潮騒はさんざめいているのだと。

ハワイ王国最後の女王Lili'uokalaniとヤキ族のCecilio D Rodriguezが夢枕に立ち、告げた。Aloha 'Oeと。


ずっと遠い昔から、帰りたいと思いつづけていた。やみくもに、ただひたすらに帰りたいと。どこに? 南の島に。遙かなる海の向こう側、水平線の果てのさらにその先にある南の島ニライカナイに。

Hawaiian Boyz/Aloha \'Oeをささやくように口ずさみながら海上の道をたどってまだ見ぬ南の島ニライカナイを目指す。_c0109850_22441746.jpg

浜辺に流れついた椰子の実の芳醇馥郁たる白い果肉を目の当たりにしたとき、すべてわかった。自分がどこから来たのか。何者か。遺伝子の乗り物にすぎないのか。そうではあるまい。椰子の実の芳醇馥郁として香り立つ白い果肉に原日本人、原自分を確かにみた。

400万年前のアフリカの青い空を見上げて目を細めたルーシーから始まったミトコンドリア・イブのThe Human Journey/The Great Journeyはジャワ島に至り、北京に至り、ついには洞窟に日々の暮らしを描き、生の痕跡を残した。その間、400万年。そこからいったい何世代を経て私になったのか。世代時間にはそれぞれ桁のちがう差があるし、個体差もある。数秒で世代交代する微生物もいるから一概にいうことはできないが、もっと遡り、原核生物/真核生物の単細胞生物、多細胞生物からでは10の13乗/10兆世代にもなる。私のアンセスターたちはカンブリアン・エクスプロージョンのスペクタクルをどうかいくぐり、生き延びたのか。ミトコンドリア・イブの乗る船をどのように操舵したのか。

長い旅のあいだ、私のアンセスターたちは寒さにふるえただろう。ひもじい思いもしたろう。闇や目をぎらつかせて唸る獣や狼の遠吠えはさぞやこわかったろう。心細かったろう。不安だったろう。荒野や雪原や大海原や激流の中に放りだされた幼な子。彼らは数知れない困難と困憊の中で産み、増やし、耐え、生きぬいた。それを思うと無性に泣けてくる。かわいそうでいとしい御先祖様たち…。

帰りたいと思い、憧れ、恋い焦がれてきた南の島には帰りつけないだろうし、どこにあるのかもわかるまい。当然に、ニライカナイにはたどりつけない。しかし、それでも私にはわかる。南の島もニライカナイも私の血の中に、私の心の大海原にすでにたしかにあるのだと。絶えることなく波音は聴こえると。潮騒はさんざめいているのだと。

そのとき、どこからか、おそらくはまだ見ぬ南の島から、ティア・カレルの歌うAloha 'Oeがいまにも消え入りそうなほどちいさな音で聴こえてきた。かなしいほどなつかしい歌声だった。涙はあふれてとどまることがなかった。

Hawaiian Boyz/Aloha \'Oeをささやくように口ずさみながら海上の道をたどってまだ見ぬ南の島ニライカナイを目指す。_c0109850_1627407.jpg

Aloha 'Oe - Tia Carrere (Hawaiiana/2007)
 
by enzo_morinari | 2019-03-16 22:46 | Hawaiian Boyz | Trackback | Comments(1)

Hawaiian Boyz/人生の日々はすべてHula Heaven

 
Hawaiian Boyz/人生の日々はすべてHula Heaven_c0109850_02453922.jpeg


人生の日々はすべてHula Heaven Hawaiian Boyz


「セイゾーの件だ。わかってるよな?」

私は瞬きひとつせずにマムシ顔で吉岡を見すえて言った。

「は、は、はひぃぃぃ。わ、わ、わ」
「わ、わ、わって、ミツワ石鹸のまわし者か? てめえは」
「わ、わ、わ、わかてまふぅ。わかてまふぅふぅ。もふぅもふぅ」
「毛布? 寒いのか? 寒きゃ、なんか着とけ。寝ぼけてるんなら、丸美屋ののりたまで頭と顔を洗ってこいよ。エイトマン・シールはおれによこすんだぞ。いいな? それはそうと、てめえ、セイゾーが知恵おくれだからいたぶってんのか? バカだからバカにしてコケにしてんのか?」
「ち、ち、ち」
「今度は舌打ちか?」
「ち、ち、ち、ちがいまふぅぅぅ」
「いずれにしても、神奈川県と横浜市の教育委員会にセイゾーの件はねじこむからな。霞が関の文部省の中等教育課にもな。横浜地裁に損害賠償請求訴訟も提起する。これから、ずっと訴訟の嵐作戦だ。おめえにハラスメントを受けたやつ全員で集団訴訟起こしてやるぜ。地球上にも銀河系宇宙にも逃げ場はねえからな。地獄の底まで追いこむから腹くくっとけよ。訴状と準備書面はすでに起案済みだ。人権救済の申し立てもするかな。神奈川新聞、朝日読売毎日サンケイ日経。赤旗と聖教新聞にも情報提供しなきゃな。新潮と文春の週刊誌とテレビ局とラジオ局にもな。なにごとも盛大なのがいいだろう? おめえ、遅かれ早かれ、首吊るか飛び降りるか飛びこむか切るか飲むか被るか。それともなけりゃ、ガソリン頭からかぶって火つけるしかねえぞ。ベトナムの坊主の丸焼き、バーベキューみたいによ。おまえがやれば、センコーのバーベQだな。さあ、どうするんだ? どうするんだってのよ!」

職員室は水を打ったように静まりかえっている。咳ばらいどころか呼吸音すらしない。私はあらゆるものを殺す。他者の息さえも。悪魔なのだから当然だ。うなじには淫獣の数字696969の痣がある。

「あ、あ、あ、あののののの」
「an・anとnon-noなら青林堂に売ってんぞ。まあ、餅つけ。いや、落ちつけ。あーだこーだはともかく、グロッキーでフラフラなところフラグ立ててわるいが、とりあえず、その場でフラダンス踊れ」

吉岡は際限もなく汗をしたたらせながら、ワカメが波にもまれているような珍妙なフラダンスを踊りはじめた。

「吉岡。それじゃフラフラ・ダンス、ブラブラ・ダンスだってのよ。そうだ! いいこと思いついた。上半身裸になってブラジャーつけて踊れ!」

私は恋愛関係にあった理科の先崎マリ子先生からブラジャーを借り、吉岡につけてやった。再び、吉岡はフラフラ・ダンス/ブラブラ・ダンスを踊りはじめた。職員室は大爆笑の渦に飲みこまれた。

踊りながら、フラフラブラブラ吉岡は「ここは天国か?」とつぶやいた。空耳だが、まちがなく言った。言わないはずがない。天国と地獄は板1枚なのだから、筋は通る。

なにはどうあれ、人生の日々はすべてHula Heavenだ。

Hawaiian Boyz/人生の日々はすべてHula Heaven_c0109850_04003520.jpg



Hula Heaven - Teresa Bright (1990)
 
by enzo_morinari | 2019-03-16 02:53 | Hawaiian Boyz | Trackback | Comments(0)

Hawaiian Boyz/ハワイアン・ボーイズの誕生 ALOHA!

 
Hawaiian Boyz/ハワイアン・ボーイズの誕生 ALOHA!_c0109850_11343930.jpg


虹の彼方にはおれたちが自由に生きることのできる楽園がきっとある。Hawaiian Boyz


中学3年の夏休み直前、ハワイアン・ボーイズを結成した。総員28名。私はカメハメハ大王を名乗った。トランシング状態でないときは静寂と孤独の中にある私にふさわしい。総意によって、私はハワイアン・ボーイズの最高運営責任者となった。

ハワイアン・ボーイズ結成時に最初にしたことは全員の髪型をリバース・ハワイアンにすることだった。長髪/茶髪髪染め/シンナー吸引/裏切りは一切禁止。そして、ハワイアン・ボーイズのメンバーは必ずリバース・ハワイアンでなければならない。周囲を残し、頭頂部はカミソリで剃りあげた。異形の者/傾奇者の集団だった。本牧小港のALOHA CAFEを本拠地/根城/アジトにした。ALOHA CAFEはハワイアン・ボーイズのメンバーの父親が経営する店だった。私たちはALOHA CAFEをFort/砦と呼んだ。The Fort of Hawaiian Boyz.

私と鉄コン筋クリート文鎮高島屋の俊足ピー助とジュードー・モンスターの内股のトールとA( )Cイサオとマーモセットのマー坊とのっぽネズミのキヨシは学年主任の馬鹿パヨクの吉岡からカネをせしめるために職員室に向かった。職員室のドアを荒々しく開け放ち、私は叫んだ。

「吉岡いるか!」

青なり瓢箪白髪頭の吉岡は時計仕掛けのタラコのように立ち上がり、直立不動の姿勢をとった。

「は、は、はひぃぃぃぃ!」

ALOHA!


Somewhere over the Rainbow - Israel "IZ" Kamakawiwoʻole
Hula Heaven - Teresa Bright (1990)
 
by enzo_morinari | 2019-03-15 12:04 | Hawaiian Boyz | Trackback | Comments(0)

Vagabond Shoes/アドレス・ホッパーの放浪の靴

 
Vagabond Shoes/アドレス・ホッパーの放浪の靴_c0109850_09290918.jpg


Fluctuat Nec Mergitur. Le Vieux Marin
デラシネ/根無し草にもルーツはある。故郷喪失者


Easy☆Riderのヨコハマ・プレミアムのときにデニス・ホッパーからもらったVagabond Shoesを履いてからといもの、根無し草人生になった。口ぐせはワイルドでいこう!だ。

趣味は放浪暮らしと都市放浪と蜘蛛の巣放浪。漂えど沈まず、悠々として急ぎ、明日、世界が滅びるとしても林檎の苗を植える日々。いまや、放浪/漂泊は日常である。葉っぱを踏みしめるときは「ハッパフミフミ」とつぶやく。ハッパは凡愚でバックバクだ。Smoke gets in my eyes!

蜘蛛の巣世界はあらゆるものが手に入る。カネと愛と死と幻想と快楽と革命さえ。手に入らないのは時間だけだ。

As time goes by. だれもが時の過ぎゆくままに身を任せるしか手立てはない。時間はただ流れ過ぎ、過ぎ去り、消費される。時間はアドレス・ホッパー/放浪者/根無し草/故郷喪失者の敵だが、Captain Americaが「ダイジョーブ、My Friend」と励ましてくれるから、たぶんダイジョーブだ。100円ショップのダイソーには行ったことがない。

Try Jah Love! Viva Acapulco Gold! Viva Flower Tops! Viva Skunk! Viva Tiers Monde!

Vagabond Shoes/アドレス・ホッパーの放浪の靴_c0109850_09511479.jpg



Born to be wild/ワイルドでいこう - Steppenwolf (1969)
 
by enzo_morinari | 2019-03-14 09:31 | Vagabond Shoes | Trackback | Comments(0)