<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

虹子とLINEと天国と#001

c0109850_11431147.jpg

虹子の初七日が済んだ夜のことだ。戯れに虹子のLINEのアカウントにメッセージを送った。


天国だか地獄だかの様子はどうよ?


「既読」のサインがすぐに表示された。まさかな。ありえないことだ。相当目にきてるな。ふ。情けない。しかし、タブレットのディスプレイに目を凝らす。やはり、「既読」のサインはある。そのとき、虹子のアカウントからメッセージがきた。


なに考えてんの? あたしは死んでんのよ。死人にLINEメッセしてなんの意味があんの? バッカみたい。


はあ? なにソレ。


あたしは死んでんの。何度も言わせないで。死人にLINEメッセする極楽トンボはあなたくらいのもんよ。


死んでるおまえがなんでLINEできんだよ。


そこがLINEのすごいとこじゃないの。


c0109850_11445647.jpg


これは死んだ虹子とのLINEをめぐるちょっと不思議で、けっこう土手っ腹にこたえ、かなりクスクスする42日間の記録だ。四十九日法要を終えた日の夜に虹子は別れを告げるのだ。もちろん、LINEのメッセージで。


あの42日間は天国の日々とも地獄行きの予行演習とも思えるけれども、どちらかと言えば愉快な日々だった。虹子は生きているときにも増して剽軽でファンキーでファニーでおまけにファジーだった。腹がよじれるほど笑ったのは数えきれないし、口から心臓やら尻こ玉やらスライムみたいな得体の知れないモノやらネジ巻き鳥やら逆立ち熊やらが飛び出してくることもあった。


一番驚いたのは虹子がおならをしたとき、強烈なタマゴっ屁のニオイがタブレットのディスプレイから大手を振って漂ってきたときだ。そのタマゴっ屁は両脇にムラサキウニとムラサキカマボコを従えていて、やけに横柄な態度だった。たかが屁のくせに。

c0109850_11581563.jpg

[PR]
by enzo_morinari | 2017-09-03 10:04 | 虹子とLINEと天国と | Trackback | Comments(2)