人気ブログランキング |

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

百年の孤独を死んだガルシア=マルケスを悼み、『マタイ受難曲』を聴く

 
c0109850_503081.jpg

 
緑の家の居間でマジック・マッシュルームをポワレしながら、百年の孤独の王の死の意味を思いながら無聊を託つ。これでまた世界は豊饒なる魂をひとつ失った。

ガブリエル・ホセ・ガルシア=マルケス。ある時期、わたくしにとって百年の孤独の王/迷宮の将軍は緑の家の家主であるバルガス・リョサとともに世界をヴァガボンドするための羅針盤であり、里程標だった。退屈で辛気くさい世界と対峙するのに「マジック・リアリズム」くらい都合のいい手法はないように思われた。

c0109850_511523.jpg

ガルシア=マルケスが身罷って、わたくしは今とても寒々しい。一昨晩は心がざらついて寝つけなかった。明け方ちかく、やっと眠気が訪れた。
iTunesのクラシック音楽リストを呼び出してオートプレイに設定し、傍らのソファに横になった。軋む魂を鎮めるために1939年4月2日アムステルダムの奇跡、ウィレム・メンゲルベルク指揮/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のJ.S.バッハ『マタイ受難曲』を聴く。当然に傾ける杯には宮崎の大麦焼酎『百年の孤独』から注がれた野うさぎの走りにも似た淡い琥珀色の甘露が満たされている。
酔いどれてやれ。今はとことんまで酔いどれていいときだ。今を置いては深く酔いどれることができる日は遠い先まで来ない。

c0109850_514520.jpg

昼すぎ、深い古井戸の底に幽閉される夢にうなされて目が覚めた。J.S.バッハの『マタイ受難曲』第20曲、「われ、イエスのみもとに目覚めおらん」がかかっていた。眼の周辺に常にある熱っぽさがない。めずらしいことだ。キーボード脇に置かれたマグカップを手に取り、冷めたコーヒーをひと口飲む。まずい。だが、ないよりはましだ。たばこを3本、立てつづけに吸い、テノール独唱とコラールの美しく悲しげなアリアに耳を傾けながら、さらなる意識の覚醒を待つ。

第二次世界大戦前夜の聖金曜日に録音されたウィレム・メンゲルベルク指揮/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の『マタイ受難曲』。「聴衆のすすり泣きが聴こえる」とも言われる演奏である。
冒頭の合唱、「娘たちよ、いっしょに来て嘆きなさい」から、ただならぬ雰囲気だ。1939年4月2日、アムステルダムで録音されたこの演奏には特別な空気感が漂っている。ナチス・ドイツの脅威がヨーロッパ全土を覆いつくそうとしていた時期であることを思えば、「特別な空気感」の意味がわかる。創造はいつも時代とともにある。

メンゲルベルクのバッハ解釈はロマンティックで、1小節ごとに激しくテンポが揺らぎ、入れ替わり、交錯し、やがて、あやうい美しさを醸しだす。厳格で権威主義的なよそゆき顔のバッハではなく、生きることや死ぬことに否応なくまとわりつく痛みをともなったバッハだ。
死と向かい合う者たちの祈りにも似たコラール。自らの罪の深さに震え戦き、イエスの死の悲嘆と慟哭にくれる静謐なアリア。曲が進むにつれ、聴衆のすすり泣きがかすかに聴こえはじめる。

最後の晩餐。弟子の裏切り。群衆の罵声と嘲弄。十字架の軛。原罪。そして、キリストの死。それらを描いたバッハの最高傑作と演奏者と聴衆が真っ正面から対峙している。精魂をこめた名演である。奇跡のひとつのかたちがここにある。
空前の名演といわれる1958年のリヒター盤にはない「救いのない絶望」がメンゲルベルク盤の白眉である。楽譜が指定したテンポ、強弱、アーティキュレーション、装飾記号などは一切無視、度外視。古典音楽の常識は軽々と乗り超えられ、不安と悲痛と絶叫が交錯し、支配する。

エリ・エリ・レマ・サバクタニ 。神よ、なぜわれを見捨てるのか。

絶叫が受難のリアリティであり、われわれを逃げ場のないところへ追いつめる。イエスというひとりの人間の死とドラマトゥルギーに引き込まれることで、イエスの死の現場に立ち会っているがごとき感動に包まれる。

『マタイ受難曲』(Matthäus-Passion/BWV244)は新約聖書「マタイによる福音書」中の「キリストの受難」を題材にとっている。J.S.バッハの最高傑作ともいわれ、しばしば、古典音楽、西洋音楽の最終解答、真の到達点とさえ評される。第68曲「われらは涙を流して跪き」の終結合唱によって壮大な受難の叙事詩は終わりを告げる。泣きはれた眼で窓外を見れば、空が赤く染まっていた。

c0109850_52182.jpg

百年の孤独の王/迷宮の将軍よ、静かに眠れ。千年後にも百年の孤独の王/迷宮の将軍の魔術は解けぬ。静かに百年の孤独の痛みとともに眠ることにしよう。
 
by enzo_morinari | 2014-04-19 05:01 | 沈黙ノート | Trackback | Comments(6)

力を決定するのは質量と加速度だ。

 
力を決定するのは質量と加速度だ。力を得たければ質量を増やし、疾走せよ。そして、静かなることを学べ。E-M-M

c0109850_19485697.jpg

by enzo_morinari | 2014-04-17 19:50 | 沈黙ノート | Trackback | Comments(0)

It's Easy to Remember, But So Hard to Forget

 
c0109850_831538.jpg

 
思いだすのは簡単だけど、忘れるのはとてもむずかしい。L-H

"It's Easy to Remember (And So Hard to Forget)" 1935
作詞: Lorenz Hart/ロレンツ・ハート
作曲: Richard Rodgers/リチャード・ロジャース


Your sweet expression, the smile you gave me
The way you looked when we met
It's easy to remember, but so hard to forget

君が見せてくれたやさしい微笑み
出会ったときの君の眼差し
思いだすのは簡単だけど、忘れるのはとてもむずかしい。


I hear you whisper, "I'll always love you"
I know it's over and yet
It's easy to remember, but so hard to forget

君の声が耳元で囁いてる。
「いつまでも愛している」と。
わかってる。もう終わったことなんだ。
思いだすのは簡単だけど、忘れるのはとてもむずかしい。


So I must dream to have your hand caress me
Fingers press me tight
I'd rather dream than have the lonely feeling
Stealing through the night

だから僕はいつも夢に見てるんだ。
僕を抱く君の手、僕に触れる指を。
一晩中さびしさにさいなまれるよりも、
夢見ているほうがまだマシだろう。


Each little moment is clear before me
And though it brings me regret
It's easy to remember, and so hard to forget

どんな小さな思い出もあざやかによみがえる。
そのたびに胸が締めつけられる。
わかってる。でも、思い出してしまう。
思いだすのは簡単だけど、忘れるのはとてもむずかしい。


c0109850_6241730.jpg

It's Easy to Remember, And So Hard to Forget (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
Stacey Kent/ステイシー・ケント
John Coltrane/ジョン・コルトレーン
Keith Jarrett/キース・ジャレット
Frank SInatra/フランク・シナトラ
Bing Crosby/ビング・クロスビー
Billie Holiday/ビリー・ホリデイ
George Shearing/ジョージ・シアリング
Sarah Vaughan/サラ・ヴォーン
 
by enzo_morinari | 2014-04-16 06:25 | あなたと夜と音楽と | Trackback | Comments(0)

ピアソラとジョビンとヴィニシウスのマリア・クレウーザをめぐる密談と密約#1

 
c0109850_632033.jpg

 
Je t'embrassais tu m'embrassais je m'embrassais
Tu t'embrassais sans bien savoir qui nous étions
P-É


きのうの昼過ぎのことだ。1970年、ブエノスアイレスのナイトクラブ『ラ・フーサ』でマリア・クレウーザが歌うアントニオ・カルロス・ジョビンとヴィニシウス・ヂ・モライスの『Eu sei que vo te amar/あなたを愛してしまいそう』があまりにも心地よくエリュアールなので、トッキーニョのギターラめがけて高カロリー低栄養のスパムメールを送りつけてやった。

夕方には朝陽に向かって匂いたつように輝いていた山桜花がしがない名刺屋に身をやつしたのを見届けてから、死んだ言葉にまみれた詩がない死せる詩人どもの集まりにつばを吐きかけた。

c0109850_6321585.jpg

8ボールの先のコーナー・ポケットの淵にたたずむマイルス・デイヴィスはモントルー・ジャズ・フェスティバル帰りのアストル・ピアソラを口説きながらゲイリー・バートンに無響のヴァイブレーション・パンチを喰らわし、大空の彼方に向けて悪態をついている。
「Tango Nuevo! 新しい単語! 新しい丹後! ウラァ! タンゴ・ヌエボ!」とアストル・ピアソラがうるさいので天橋立まで蹴り飛ばした。坂東ネオン店の三津五郎おやじも一緒にだ。

c0109850_7872.jpg

そんなわけで、「ピアソラとジョビンとヴィニシウスのマリア・クレウーザをめぐる密談と密約」の謎解きが一向に捗らない。「ボサノヴァの不朽の名作」「ボサノヴァ史上に燦然と輝く名盤」と言われる『La Fusa - Vinícius de Moraes Grabado en Buenos Aires con Maria Creuza y Toquinho』がブエノスアイレスのナイトクラブ『ラ・フーサ』でのライヴというのはアメリカマッカチも真っ青の大ウソであって、実際はスタジオでレコーディングされた音源に『ラ・フーサ』でのライヴ時の観客の拍手や笑い声や放屁や放尿や射精や放埒や放蕩や歓声やメルトダウンやメルトスルーやメルトアウトをMOXミックスダウンした"疑似ライヴ"盤である。「総括原価方式」に言いたいことは耳成山ほどもあるけれども、一先ず根方に死体の埋まった桜の樹から散り落ちた花びらを納豆にトッピングして朝めしを喰おうと思う。

c0109850_6323935.jpg


Eu Sei Que Vo Te Amar - Vinicius de Moraes, Maria Creuza & Toquinho
 
by enzo_morinari | 2014-04-09 06:35 | あなたと夜と音楽と | Trackback | Comments(2)

ニコレット・ラーソン『お月様とわたし』── 静かな時間のための静かな歌

 
c0109850_17523739.jpg

 
1997年12月16日、クリスマスを目前にニコレット・ラーソンは逝った。愛娘エルジー・ メイを残して。ニコレット・ラーソンの遺作となった『Sleep, Baby, Sleep - Quiet Songs for Quiet Times』を聴きながら、窓の外を見やり、雨粒を数え、散りゆく桜の花びらを数える。散る桜。残る桜も散る桜。咲く花もあり。盛る花もあり。散る花もあり。

『Sleep, Baby, Sleep』は心のこもったいい作品だ。全体としては子守唄集の体裁をとっていて、名曲ぞろいである。中でも、童話作家のビル・ハーリー作『Moon and Me』などは眼をとじて聴いていると母親がすぐそばでささやくように子守唄を歌ってくれている気分になる。大手をふってマザーコンプレクスを表明している者はもちろん、世のすべての「こどもたち」に聴いていただきたいものだ。
(「マザコン、マザコン」と大安売りのようにぶっこいているおっちょこちょいどもに言いたいが、おまえたちは一体全体どこから生まれてきたんだ?)

『Sleep, Baby, Sleep』はわが子への愛が実にさりげなく歌われている。自然体で無理をせず、まるで春の昼下がりに降る雨のようにわが子に愛情をそそぐニコレットの姿が眼に浮かぶ。
『Sleep, Baby, Sleep』の楽曲提供者にはニール・ヤング、デヴィッド・クロスビー、グラハム・ナッシュらCSN&Y一味。当然、CSN&Yのテイストが随所にちりばめられている。バック・コーラスにリンダ・ロンシュタットの名がある。

愛情は降る星のごとくある必要などこれっぽっちもない。さりげなく、ひっそりとでいい。大袈裟御大層な「愛の言葉」もいらない。ましてや、愛に押しつけがましさなど御法度だ。「愛してる。」「好きだ。」の言葉を百万言費やし、書き連ねるよりも、万感を込めたたったひと言、一小節の歌にこそ価値がある。

おやすみ。ベイビー、おやすみ。── なんと心のこもった愛の表現であることか。


"Moon and Me" Nicolette Larson (from "Sleep, Baby, Sleep" 1992)


Moon and Me Lyrics by Bill Harley
Everybody else has closed their eyes,
It's quiet as can be.
Everyone will sleep until sunrise,
Everyone but moon and me.

I can see her shining in the sky,
Through branches of the willow tree.
Me here in my bed and her so high,
Just us two, the moon and me.

Moon and me, Moon and me
No one but the moon and me.
I can feel her shining, shining down on me
Just us two ,the moon and me.

If I had a wish I might try,
I know what it would be
One night I'd have wings
And then we'd fly,
Together just the moon and me.

Moon and me, Moon and me
No one but the moon and me.
I can feel her shining
Shining down on me
Just us two, the moon and me.

Floating high, above in the sky
Just a ship in a starry sea
While all the world is fast asleep
We would sail, the moon and me.

But I'm only down here in my bed
Not floating on a starry sea,
Still I have the pictures in my head
Dreaming 'bout the moon and me.

Moon and me, Moon and me
No one but the moon and me.
I can feel her shining,
Shining down on me.
Just us two the moon and me,
Just us two the moon and me.



Sleep, Baby, Sleep - Quiet Songs for Quiet Times/Nicolette Larson (1992)
Children's, Country, Pop/Rock, Country-Pop, Country-Rock, Soft Rock, Urban Cowboy, Contemporary Pop

Tracking List
01. Welcome to the World (Nicolette Larson) 3:15
02. Oh Bear (Elsie May Larson-Kunkel/Nicolette Larson) 1:57
03. Starlight, Starbright (Nicolette Larson) 3:34
04. Irish Lullaby (Irish Traditional) 3:18
05. Barefoot Floors (Neil Young) 4:38
06. Appalachian Lullaby (Tanya Goodman/Mike Sykes) 3:21
07. I Bid You Goodnight (Andrew Gold/Nicolette Larson/Traditional) 3:16
08. Moon and Me (Bill Harley) 3:32
09. Rock-A-Bye (Tanya Goodman/Mike Sykes) 3:15
10. Rocking My Baby to Sleep (Nicolette Larson) 2:32
11. The Moment I Saw You (Graham Nash/Traditional) 3:01

Credits
Nicolette Larson - Arranger, Composer, Primary Artist, Producer, Vocals, Vocals (Background)
David Crosby - Guest Artist, Vocal Harmony, Vocals (Background)
Graham Nash - Composer, Duet, Guest Artist, Performer, Primary Artist, Vocals
Linda Ronstadt - Guest Artist, Vocal Harmony, Vocals (Background)
Neil Young - Composer
Bill Harley - Composer
Elsie May Larson-Kunkel - Composer
Andrew Gold - Arranger, Composer, Multi Instruments, Producer, Vocal Harmony, Vocals (Background)
Tanya Goodman - Composer
Mike Sykes - Composer
Traditional - Composer
Steve Hall - Mastering
Victoria Pearson - Photography
Stephen Walker - Art Direction
Sony Music Distribution - Distributor
 
by enzo_morinari | 2014-04-06 17:53 | 真言の音楽 | Trackback | Comments(0)

星空を綴じるアルバム

 
c0109850_11484382.jpg

 
南米ボリビアのウユニ湖(ウユニ塩原)/Salar de Uyuni (or Salar de Tunupa)。標高約3700m。
塩の大地は1万582平方キロメートルにもおよび、雨季には水面が空を鏡のように反射して映しだす。まさに、地上と天空の邂逅。「昼は全部、青空。夜は全部、星空。」というキセキ。

c0109850_11491827.jpg

プロフェッサーC.L=S.の言うとおり、「世界は人間なしに始まり、人間なしに終わる」としても、J.M.F.の予言どおり、人間が寄せ返す波に掻き消されてしまう砂の城だとしても、道が細く暗く険しく、あす世界が滅びるとしても、われわれは林檎の樹の苗を植え、「その先の一歩」を踏みだす。アカンソステガの子孫がおぼつかない足取りで海から這い出て太陽をまぶしそうに見上げ、地上に一歩また一歩と足跡を刻したように。『ジュラシック・パーク』の象徴的なラストシーン。雌しかいないはずの恐竜が産卵し、孵化し、みずから道を見いだして歩みはじめたように。それをひとは『希望』と呼ぶ。そして、そのような世界に生きるわれわれの頭上にはこの星空がある。この星空はこのアルバムに綴じる。まだ遅くはない。まだ間に合う。

c0109850_11493780.jpg

Migration: Peter Kater, Raymond Carlos Nakai with David Darling, Mark Miller, Chris White (1992)
ピーター・ケイター/R. カルロス・ナカイ/デヴィッド・ダーリング『移住』(1992)/ネイティブアメリカン・フルート/チェロ/チャント
Recorded at Omega Recording Studios. 1992

New Age, International, World Music, Contemporary Instrumental, Ethnic Fusion, Acoustic, Ambient, Healing, Meditation, Relaxation, North American Traditions, Quiet, Gentle, Soothing, Calm/Peaceful, Ethereal, Intimate, Reflective, Tribal, Downtempo, Native American Flute, Piano, Cello, Chant

ネイティブ・アメリカン/ニューエイジ/ワールド・ミュージック/民族音楽/アンビエント/ミニマル/環境音楽/祈り

One of the most beautiful albums on earth.


Track Listing
01. Wandering 6:54
02. Initiation 4:07
03. Honoring 6:23
04. Stating Intention 4:01
05. Surrender 4:47
06. Embracing The Darkness 3:40
07. Lighting The Flame 5:14
08. Transformation 6:42
09. Quietude 4:56
10. Becoming Human 2:04
11. Walking The Path 5:23
12. Service 3:32

Credits
Peter Kater - Composer, Piano, Synthesizer, Vocals
Raymond Carlos Nakai - Chant, Composer, Native American Flute, Whistle
David Darling - Cello
Mark Miller - Flute, Soprano Saxophone
Bobby Read - Soprano Saxophone, Vocals
Christine White - Vocals
Dennis Espantman - Vocals
Cheryl Hurwitz - Vocals
Beth Levick - Vocals
Connie McKenna - Vocals
Martha Sandefer - Vocals
Andy Schell - Vocals
Bobby Watson - Vocals
 
by enzo_morinari | 2014-04-04 11:51 | 真言の音楽 | Trackback | Comments(4)