人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

シュールストレミングのシュールな夜#2 爆発5秒前。

 
爆発5秒前。

c0109850_22185338.jpg

いまでもときどきシュールストレミングのにおいが鼻先をかすめる。特に恥知らずな輩が近くにいるときと近い将来に恥知らずと遭遇するときだ。シュールストレミングと恥知らずはスーパー・エゴの領域で繋がっているんだろう。シュールストレミングは吾輩にとっては「恥知らず注意報」の役割りを担っているのだとも言える。「幸せを探す」だか「わたしだけ幸せ」だかが口ぐせの重度の「恥知らず病患者」につきまとわれていたときはいつもシュールストレミングの糞のようなにおいが鼻先で踊っていた。

吾輩はなんの変哲もないオイル・サーディンの缶詰にさえ怯えるようになってしまった。マルハのさば味噌煮缶詰にも銚子のちょうした缶詰にもホワイト・アスパラガスの缶詰にもだ。キャンベルやアオハタや明治屋や国分という言葉を聞いたり、文字やロゴマークを目にしただけでぴくりとする。緊張と恐怖で全身のほぼ半分が黒御影石になってしまう。黒曜石のときもある。黒曜石のときは強い痛みがともなうのであまり好きではない。

ある若い友人は言った。「あなたを貫く痛みが、いつか、あなたを導く強さになる」と。そうか。吾輩が感じている「痛み」はいつか「強さ」になるのか。なるほど。安心だ。これで心置きなく「エアネムル」できる。そう言えば、いつかの遠い日の春、年端もいかない吾輩は年端もいかない吾輩に言ったものだ。「俺の弱さは俺の最大の武器だ」と。

年端もいかない吾輩が寄る年波に翻弄される吾輩になってからやっとその言葉の意味がわかった。だが、時すでにおそし。世界はmaki+saegusaの「エアオキル」によってドライヴドライヴと洒落こんで、吾輩の手の届かないところから吾輩にアッカンベーしていた。まったくもって「鶏あわせ」の悪いことだった。

さて、四半世紀近くを経ても吾輩の鼻先をかすめるシュールストレミングの「人類史上最大最強の水爆、AN602/( ゚Д゚)-202ことツァーリ・イワン・イノキ・ボンバイエ級の衝撃」にかかわる「スカンジナビア航空1682便緊急着陸事件」と「器物損壊と営業妨害に対する損害賠償請求事件」について述べる前段階として、「エアオキル」「エアネムル」の発明者としての吾輩の立ち位置、立場を明確にしておこうと思う。このことは「神の座」に向かい合うための欠かすことのできない儀式である。

聳えたつ神の座ををみて「バカなの?」と問う者がもしいるとしたら、吾輩は即座にその者に言う。「黙れ、ヒポ野郎!」と。幻師にしてゲンゲンムシのmaki+saegusaなら波布食堂の神の座を即座に「キセキだ!」と言ってイースター島までひとっ飛びするだろうし、新ワラシベ・システムによって磨きに磨かれた「鶏あわせ」乃至は鶏ちがいをきつく抱きしめて吾輩より伝授された「エアオキル」を駆使してヒポ野郎どもに回復不能なニーチェ爆弾をお見舞いするはずである。問題と関心は次の3点に集約しうる。

1.シュールストレミングはスカンジナビア航空機内で急激な気圧変化により小爆発を起こす。
2.シュールストレミングは修善寺の老舗温泉旅館で急激な温度変化により大爆発を起こす。
3.吾輩は上記2点のいずれもに立ち会った。1では吾輩はエアネムルの真っただ中にあった。

シュールストレミングの戦術兵器としての破壊力は人類史上最凶であり、1961年10月30日にビルカバンバノボリシビリスクで大規模な大気圏内嗅ぐ実験が行なわれた。DNA換算で城島型遺伝子爆弾「オリゴヌクレオチド」の3300倍(mol数変換)、第二次世界大戦中に全世界で使われた総排泄量の百倍強の威力を持つといわれる50メガスメル・バキューム級遺伝子爆弾爆発にともなって発せられた悪臭は10000km離れた場所からも確認でき、その衝撃カメハメハ波は地球を3周回半してフォーリーブスに追いついたと言われている。
 
by enzo_morinari | 2013-01-31 22:23 | 忘れえぬ喰いもの | Trackback | Comments(2)

シュールストレミングのシュールな夜#1

 
c0109850_13253100.jpg

 忘れもしない。1990年12月24日、クリスマス・イヴのことだった。泡の祭りでひと山当てた成り上がりどもの集まり。
 食通を自認する地上げ屋のFが言った。
「ものすごいチーズがある。エピキュアという悪魔がね。いま、うちの冷蔵庫に入っている」
 いまは安売り王としてふんぞり返っている風車を巨人と勘ちがいした突撃ロバ男が言った。
「エピキュアなんぞかわいいもんだ。カオリフェより臭い食いものはこの世にない」
 それまで黙って聴いていた画商がここが出番とばかりに言った。
「一週間時間をくれ。そうしたら、おまえさんがたを地獄の底に突き落とすようなものすごいものを喰わしてやる。一週間後はちょうど大晦日だ。 ”そいつ”を囲んでパーティーと洒落込もうじゃないか。どうだ?」
 異議を唱える者はいなかった。吾輩は画商の言う「地獄の底に突き落とすようなものすごいもの」がなにか、おおよその見当はついていたが黙っていた。成り上がりの銭ゲバどもをぎゃふんと言わせるいい機会だと思ったからだ。一本独鈷でもある男たちは決断も話もはやい。宴の場所は修善寺にある老舗の温泉宿と決まった。
「樽。明日の朝一番でストックホルムまで飛んでくれ。いいな?」
「わかりました」
 その画商は吾輩の仕事上の重要なクライアントでもあったので断ることはできない。しかも、彼は「クィック・レスポンス」を信条とする気難しい人物でもあった。かくして、生涯にわたって忘れえぬ「シュールストレミングのシュールな夜」への胡散臭いことこのうえもないカウント・ダウンが始まった。
 

     爆発5秒前。

c0109850_22185338.jpg

 いまでもときどきシュールストレミングのにおいが鼻先をかすめる。特に恥知らずな輩が近くにいるときと近い将来に恥知らずと遭遇するときだ。シュールストレミングと恥知らずはスーパー・エゴの領域で繋がっているんだろう。シュールストレミングは吾輩にとっては「恥知らず注意報」の役割りを担っているのだとも言える。「幸せを探す」だか「わたしだけ幸せ」だかが口ぐせの重度の「恥知らず病患者」につきまとわれていたときはいつもシュールストレミングの糞のようなにおいが鼻先で踊っていた。
 吾輩はなんの変哲もないオイル・サーディンの缶詰にさえ怯えるようになってしまった。マルハのさば味噌煮缶詰にも銚子のちょうした缶詰にもホワイト・アスパラガスの缶詰にもだ。キャンベルやアオハタや明治屋や国分という言葉を聞いたり、文字やロゴマークを目にしただけでぴくりとする。緊張と恐怖で全身のほぼ半分が黒御影石になってしまう。黒曜石のときもある。黒曜石のときは強い痛みがともなうのであまり好きではない。
 ある若い友人は言った。「あなたを貫く痛みが、いつか、あなたを導く強さになる」と。
 そうか。吾輩が感じている「痛み」はいつか「強さ」になるのか。なるほど。安心だ。これで心置きなく「エアネムル」できる。そう言えば、いつかの遠い日の春、年端もいかない吾輩は年端もいかない吾輩に言ったものだ。「俺の弱さは俺の最大の武器だ」と。年端もいかない吾輩が寄る年波に翻弄される吾輩になってからやっとその言葉の意味がわかった。だが、時すでにおそし。世界はmaki+saegusaの「エアオキル」によってドライヴドライヴと洒落こんで、吾輩の手の届かないところから吾輩にアッカンベーしていた。まったくもって「鶏あわせ」の悪いことだった。
 さて、四半世紀近くを経ても吾輩の鼻先をかすめるシュールストレミングの「人類史上最大最強の水爆、AN602/( ゚Д゚)-202ことツァーリ・イワン・イノキ・ボンバイエ級の衝撃」にかかわる「スカンジナビア航空1682便緊急着陸事件」と「器物損壊と営業妨害に対する損害賠償請求事件」について述べる前段階として、「エアオキル」「エアネムル」の発明者としての吾輩の立ち位置、立場を明確にしておこうと思う。このことは「神の座」に向かい合うための欠かすことのできない儀式である。
 聳えたつ神の座ををみて「バカなの?」と問う者がもしいるとしたら、吾輩は即座にその者に言う。「黙れ、ヒポ野郎!」と。幻師にしてゲンゲンムシのmaki+saegusaなら波布食堂の神の座を即座に「キセキだ!」と言ってイースター島までひとっ飛びするだろうし、新ワラシベ・システムによって磨きに磨かれた「鶏あわせ」乃至は鶏ちがいをきつく抱きしめて吾輩より伝授された「エアオキル」を駆使してヒポ野郎どもに回復不能なニーチェ爆弾をお見舞いするはずである。問題と関心は次の3点に集約しうる。

 1.シュールストレミングはスカンジナビア航空機内で急激な気圧変化により小爆発を起こす。
 2.シュールストレミングは修善寺の老舗温泉旅館で急激な温度変化により大爆発を起こす。
 3.吾輩は上記2点のいずれもに立ち会った。1では吾輩はエアネムルの真っただ中にあった。

 シュールストレミングの戦術兵器としての破壊力は人類史上最凶であり、1961年10月30日にビルカバンバノボリシビリスクで大規模な大気圏内嗅ぐ実験が行なわれた。DNA換算で城島型遺伝子爆弾「オリゴヌクレオチド」の3300倍(mol数変換)、第二次世界大戦中に全世界で使われた総排泄量の百倍強の威力を持つといわれる50メガスメル・バキューム級遺伝子爆弾爆発にともなって発せられた悪臭は10000km離れた場所からも確認でき、その衝撃カメハメハ波は地球を3周回半してフォーリーブスに追いついたと言われている。
 
by enzo_morinari | 2013-01-30 02:00 | 忘れえぬ喰いもの | Trackback | Comments(0)

キセキの現場/沖縄県那覇市波布食堂の「肉そば」

 
c0109850_1742100.jpg

 キセキ盛り。だれに気兼ねすることもなくそう呼びたいと思う。その「キセキっぷり」は沖縄の青空のように突き抜けていた。あるいは天までも届くほどに。
「バカ盛り」は日本中、世界中にいくらでもあるが、波布食堂の肉そばはまごうかたなき「キセキのしるし」を体現している。よって、キセキ盛り。三日分の野菜と三日分の麺。野菜炒めの巨峰をいくらほじくり返しても麺が現れない。波布食堂の食いものを数えるときは「一座、二座」と数えなければならない。神の座を数えるのとおなじように。聳えたつ神の座をみて「バカなの?」と問う者がもしいるとしたら、吾輩は即座にその者に言う。「黙れ、ヒポ野郎!」と。幻師にしてゲンゲンムシのmaki+saegusaなら波布食堂の神の座を即座に「キセキだ!」と言ってイースター島までひとっ飛びするだろう。新ワラシベ・システムによって磨きに磨かれた「鶏あわせ」をきつく抱きしめながら。

c0109850_1745064.jpg

 波布食堂でめしを喰うということはまちがいなくひとつの「労働」である。しかも、楽しくて心が浮き立っておなかがいっぱいになる労働。「港湾労働者那覇埠頭休憩所」の名に恥じない食いものである。
 食後、埠頭を渡ってくる風に吹かれながら沖縄の青空を眺めれば、また別の「キセキ」に出会える可能性イラヨーホイ級である。
 思いだしたらなぜだか泣けてきた。ティダの光を浴びたい。おふくろ様に会いたい。おふくろ様には会えないので、古謝美佐子と夏川りみの『童神』を順番こに繰り返し聴くことにしよう。そのうち、おふくろ様がティダの光の中にひょっこり現れるかもしれない。
 
by enzo_morinari | 2013-01-27 17:00 | キセキの現場 | Trackback | Comments(4)

TOKYO SHADOW・六本木の呪法と変容


木村拓哉は六本木のGIジョーだった!
c0109850_327539.jpg


六本木交差点そば、芋洗い坂のマフィア入会受付所
c0109850_3281238.jpg


廃屋と化したかつての名店・支那そば 大八。六本木7丁目、旧防衛庁(現東京ミッドタウン)と外苑東通りを挟んで向かいの路地に風は蕭条と吹いていた。
c0109850_3284315.jpg
c0109850_329082.jpg


六本木の虚実を映すヴィジョン
c0109850_3295214.jpg


「閉店します」六本木探索の休息所・乃木坂 CAFE GRECO
c0109850_3301838.jpg
c0109850_3303169.jpg


去る者あれば来る者あり、メルセデス。
c0109850_4422074.jpg

by enzo_morinari | 2013-01-27 03:30 | TOKYO SHADOW | Trackback | Comments(0)

TOKYO SHADOW・「残像」としての東京

 
都市は記号に満ちている。R.B.
東京歩行はロマネ・コンティ誕生の秘密を知ることをも可能にする。E.M.M.

土曜は「歩行と貝殻の日」と決めてある。夜明けとともに歩行開始。歩行する貝殻となって吾輩はひたすら歩く。歩き、観察し、計測し、思考し、立ち止まり、また歩き、さらに観察し、計測し、思考する。

本日はお台場・潮風公園から晴海通りを経て、銀座、新橋をやりすごし、虎ノ門、芝公園、六本木、神宮外苑、最後は神宮前のDive to Wine Jingu-Maeでワイン・ヴァン・ヴィーノにダイヴ。そして、吾輩は発見した。東京は残像の都市であることを。

Dive to Wine Jingu-Maeのラ・マン・タナがあたりを窺うような素振りをみせたあと、「石工と地層に関わるロマネ・コンティの秘密」を吾輩にそっと耳打ちした。ロスチャイルドの館とメディチ邸の交差する「青と赤と緑の路地」から、フリーメーソンリーが蠢き、定規とコンパスが打ち鳴らされる音が聴こえてきた。同時に、ヴァチカンの国務長官からの着信を報せるアラームが鳴った。これがその甲号証の1~10だ。

c0109850_0115949.jpg
c0109850_2252147.jpg
c0109850_2254659.jpg
c0109850_0125567.jpg
c0109850_0151065.jpg
c0109850_0135817.jpg
c0109850_0143774.jpg
c0109850_014209.jpg
c0109850_0132199.jpg
c0109850_0145182.jpg

 
by enzo_morinari | 2013-01-27 00:00 | TOKYO SHADOW | Trackback | Comments(0)

海賊の花嫁

 
c0109850_22184742.jpg


STINGの『The Pirate's Bride』が葬送の調べのかわりに流れる夜ふけの港を、海賊の骸を乗せた幻影の帆船が世界の果てに向けて滑るように遠ざかっていく。漆黒の帆が風を孕み、幻影の帆船は速度を増す。岸壁に一人残された海賊の花嫁は埠頭を渡ってきた風に身を任せている。波の音も風の音もない。あるのは深い沈黙だけだ。

美しいものを見たければ目をつぶれ。
語りつくせぬことについては沈黙せよ。


海賊の言葉が海賊の花嫁をよぎる。海賊の花嫁は海賊に沈黙の祈りを捧げている ── 。

c0109850_18503676.jpg

海賊の命の火がまさに消えようとしていた夜。海賊の名はユリス・ナルダン。海賊の枕元には花嫁衣装に身を包んだ女と年老いたミニチュア・セントバーナードがいる。

「おれが愛した女はおまえだけだ。そのことを死ぬまで忘れるな」

海賊の花嫁は静かにうなずく。黒目がちの瞳から涙がこぼれ落ちる。ミニチュア・セントバーナードの老犬が前脚のあいだに顔をうずめ、悲しげにうなる。

彼女の夢は、彼女の望みは、海賊の花嫁になることだけだった。そのことだけのために海賊の花嫁はときに剣をふりかざし、銃をかまえさえした。「海賊のそばにいられるのなら」と彼女は思いつづけて生きてきた。何年も何年もだ。

人は名もなく生まれ、そして死んでゆく。海賊の花嫁はようやくにして「海賊の花嫁」という名をえた。ユリア・ナルダンという気高い名を。その名の重さは彼女の涙と悲しみと痛みと戦いの総量に比例する。その重さを計測する秤を世界は持たない。

いまでも、世界の果てを目指す者たちが集う港にはさまよえる海賊の魂がやってくる。海賊の花嫁をともなって。

しっ! 静かに! 耳を澄ませ! 祈りを捧げろ!『海賊のうた』と『海賊の花嫁のうた』が聴こえる。彼らの輝ける漆黒の葬列が通りすぎてゆく。そろそろ、われわれも出航する時間だ。

c0109850_16483825.jpg

The Pirate's Bride by Sting

Sometimes in the light at the edge of the world
Is the ghost of a ship with it's black sail furled
And night after night she would stand on the shore
And dream of the love that she knew before

The tide rolls out, the tide rolls in
Without a thought for the ways of men

We set sail for the Spanish Main
To rob the ships of the Queen of Spain
And she would be his pirate's bride
She gave him the pistol and the sword at his side

The tide rolls out, the tide rolls in
Without a care for the ways of men
I'd give three ships of Spanish gold
To see my love again

Full fathom five my true love lies
In a fine wooden casket with gold on his eyes
Where is the glory and where is the pride?
Where is the joy for the pirate's bride?

The tide rolls out, the tide rolls in
Without a care for the ways of men

Here in the light at the edge of the world
He'd wait for a ship with its black sail furled
And day after day he would stand on the shore
And dream of the life that they knew before

The tide rolls out, the tide rolls in
Without a care for the ways of men
I'd give three ships of Spanish gold
To see my love again


 
by enzo_morinari | 2013-01-25 16:00 | ハートのかたち | Trackback | Comments(0)

虹のコヨーテ#2

 
耳のうしろに不思議な力を持つ石を挟む男と青空の月と緑色のターコイズ

c0109850_18234983.jpg

ホピの長老耳のうしろに不思議な力を持つ石を挟む男は赤茶けた岩に座ってしきりにいくつも渦巻き模様のある巨大なグリーン・ターコイズをこすりながら言った。

「おまえがいったい何者なのか、生まれてから今まで何をしてきたのかに興味はない。興味があるのは、おまえがわたしと”炎の中心”に立って尻込みしない男かどうかだけだ」

私は言葉もなかった。長老はつづけた。

「いついかなるときにも質素な身なりをして、何者にも腕をつかませず、自分のための物は持つな。つねに弱き者を助け、貧しき者に分け与える者であれ」

私は涙が止まらなかった。見ると、長老も泣いている。私の視線と長老の視線が音を立ててぶつかり合い、翡翠色の火花を散らした。まわりにいたホピの若者たちがバネ仕掛けのおもちゃのような動きで一斉に跳びのいた。

「おまえの涙はなんの涙だ? だれのために流している涙だ?」
「よろこびの涙です」
「よろこびの涙は自分のための涙だ。これからは一滴たりとも自分のための涙を流してはいけない。そして、自分以外の者のために泣け。いいな?」
「わかりました」

c0109850_18242488.jpg

私のうしろにうずくまって息をひそめていた虹のコヨーテが立ち上がり、長老の座っている赤茶けた岩に駆け上がった。そして、真っ青な空の中心にある月に向かってそれまでに耳にしたこともない美しく強く悲しげな遠吠えをした。長老とホピの人々も虹のコヨーテとおなじように天空の月に向かって声をあげた。カルネギア・ギガンテアとサボテンミソサザイと石をみつめる少女も。そして、私も。

ホカ・ヘイ! ヤタ・ヘイ! アヒェヒェ!
 
by enzo_morinari | 2013-01-24 18:27 | 虹のコヨーテ | Trackback | Comments(4)

「πな気分のパイ」を作りながら踊る虹子ちゃんに言う言葉

3月14日15時9分26秒まではまだずいぶん日があるというのに、待ちきれず、我慢できず、居ても立ってもいられない、「割り切れない思い」をずっと抱えつづけながら生きてきたギフテッド・ガールの虹子ちゃん。

c0109850_1772260.jpg
c0109850_16471646.jpg

「πな気分のパイ」を作りながら踊る虹子ちゃんに吾輩が言う言葉は七つ。
















茄子だ!
c0109850_16473613.jpg


ナスカ!
c0109850_14223960.jpg


NASCAR!
c0109850_1423254.jpg


NASAも?
c0109850_14233124.jpg


NASHIは?
c0109850_14471367.jpg


支那竹?
c0109850_14473997.jpg


竹島!
c0109850_14475856.jpg

 
by enzo_morinari | 2013-01-24 17:00 | πな気分♪ | Trackback | Comments(0)

神宮前でワイン・ヴァン・ヴィーノにダイヴ

c0109850_9333358.jpg

神宮前3丁目。青山通りからキラー通り(外苑西通り)を300メートル・ド・テルほど来て左折、表参道へ抜ける道を入ってすぐに吾輩がワイン・ヴァン・ヴィーノにダイヴし、かわいいブレッド・パン・パーネにウィンクする場所がある。

Dive to Wine Jingu-Mae. 神宮前でワインにダイヴ。今のところは少数の好き者のみが知る隠れ家のごときスペースだ。吾輩はDive to Wine Jingu-Maeで哲学し、思想し、文学し、美術史し、音楽史し、マドレーヌ現象し、宇宙際タイヒミュラー理論で理論武装し、iPS細胞の細胞膜に口づけし、おねいちゃんどものうなじに息を吹きかける。

c0109850_9343629.jpg

2012年12月オープン。代表のラ・マンはワインのバイヤーを長くやった経験を持つ。ソムリエの有資格者でもある。マダムのタキモト・クミは「いい女」系である。スタッフの名無しのおねいちゃんはキュートきわまりもない。朝の11時から夜の9時まで。

c0109850_93692.jpg

ワイン・ヴァン・ヴィーノのとば口に立って間もない者の入門場、アカデミアとしてはもちろんのこと、ワインの酸いも甘いも知りつくした古強者、猛者、通(あんたがツウなら吾輩はワンである。樽犬である)が「ワイン・ヴァン・ヴィーノ道」にさらに磨きをかけるのにもいい。ラ・マンは懇切丁寧、誠実親身にこちらの疑問、珍問、YOROZU相談に答えてくれる。

c0109850_937194.jpg

試飲ワインはFREE。「自由を! さもなくば死を!」の声とともに高々と杯を上げるべし。グラス・ワインは1杯300エンから飲める。数種類がワイン・ヴァン・ヴィーノ・クーラーに用意されている。ロマネ・コンティやらオーパス・ワンやらシャトー・ムートン・ロッチルドやらといったおセレブさまがたがよろこびそうなたぐいはない。ある必要もない。それらの対極にある「名もなく清く美しき本物」のコスト・パフォーマンスが抜群にいい世界各地の良質のワイン・ヴァン・ヴィーノたちがわれわれを待っている。少人数の宴にも対応してくれる。ただし、料理等は持参のこと。

c0109850_17503874.jpg
c0109850_1044710.jpg

また、気の利いたパテ類、クラッカー類、フォルマッジオ、グリッシーニ等がそつなく用意されている。これらは盛りつけなどなしで、パッケージからそのまま。そのシンプルかつストレートさもまた魅力と吾輩は受け取る。神宮前という場所柄だからこそ合っているように思える。センス・エリート及びセンス・エリートを目指す者は一度は足を運んで損はない。NO1が必ずしもすばらしいとはかぎらないことを知る者も。

c0109850_17212854.jpg
c0109850_9374518.jpg

Dive to Wine Jingu-Maeには木の温もりと香りがある。これはずっと長くキープしてもらいたいものだ。Dive to Wine Jingu-Maeのあとにはキラー通りを挟んで向かい側にあるC.O.D.で立ち飲みしながら、酔いどれの誇りにさらに磨きをかけるのが吾輩のスタイルだ。

c0109850_938293.jpg

Dive to Wine Jingu-Maeで、「幻師のゲンゲンムシ maki+saegusa」、「物の怪感度」が人並み外れて高い木蓮R指定、トゥルッロ・ソヴラーノの機織り部屋へとつづく階段で物思いに耽る「ひとつの屋根にはひとつの部屋」が口ぐせの黒海に恋する地中海の感傷ウーマン、「9年目のあるがままそのまま」に寝てばかりいるPIECES OF HAPPINESS PATO BOYにその小さな胸をキュンキュンさせる「世田谷おしゃれ食堂」のオーナー・キュイジニエ・エクリヴァン、そして、「小さなコビトの大きな世界」のウィロー・ウィープ・フォー・ミー王と一度は踊りおどけるお洒落(「オサレ」と言うんじゃない!)な秘密会議を開催することを密かに企んでいる真冬の朝のパーネ・ヴィーノな吾輩である。
c0109850_9422891.jpg

 
by enzo_morinari | 2013-01-24 10:00 | 流儀と遊戯の王国 | Trackback | Comments(3)

蜜『初恋かぷせる』/いくつもの夜をこえてもなお

c0109850_15212434.jpg

 世界がこんなふうなやさしさとこんなふうな笑顔に満ちていればいい。小さなコビトの大きな世界と、そうでない世界にも。
 今夜はウニに蜂蜜をかけて食べることにします。例のカプセルを添えて。

 飯田にいい仕事が舞い込みますように。


 
by enzo_morinari | 2013-01-23 15:30 | あなたと夜と音楽と | Trackback | Comments(0)