人気ブログランキング |

カテゴリ:おふらんすモノガタリ・ドゥルーズ( 1 )

おふらんすヌーヴェル=モノガタリ・ドゥルーズ/借金を申し込みにきたやつの手土産のÉCHIRÉのブール・オ・レザンのグラスがもたらすもの

 
c0109850_03205435.jpg
c0109850_03194324.jpg
c0109850_03174030.jpg
c0109850_03270505.jpg
c0109850_03291954.jpg

「借金を申し込みにきた根無し草、デラシネのおまえが1個600円もする氷菓子を手土産とは一体全体どういう料簡だ? シャレかなんかのつもりか? デラシネがエシレってよ。おれがマムシになる前に尻尾巻いて失せやがれ! おれの電話番号もスマホから消去しろ! いますぐこの場で! 以後は一切のコミットメントをするな! たがえたらどうなるかはわかりすぎるほどわかってるよな?」

デラシネ・エシレ野郎は尻尾を巻いて帰った。背中に「忘れもんだ!」と怒声と重量4.2kgのBaccaratのサンドリエを投げつけてやった。

ドアがおそるおそる閉められるのを確認してからÉCHIRÉのブール・オ・レザンのグラスを食べた。うまかった。すごくうまかった。一気にみっつ食べた。ÉCHIRÉの無塩発酵のブールを練りこんだクロワッサンだってうまい。すごくうまい。しかし、いま、この国の置かれている状況は1個600円もするÉCHIRÉのブール・オ・レザンのグラスやÉCHIRÉの無塩発酵のブールを練りこんだクロワッサンを食べている場合ではない。これをして首尾一貫、至誠一貫というのである。

大震災も原発事故もなにひとつ終わっていない。大震災と原発事故だけではない。全国至るところで餓死者まで出ている。社会インフラが同時多発的に崩壊するのは時間の問題だ。閾値を超えれば一気に壊れる。そんな中でも、カスミガセキシロアリ/ビューロクラットという名のカンリョウネズミ、木っ端役人はやり放題だ。それだけではない。箸にも棒にもかからないインチキイカサマまやかしの木偶の坊の下衆外道どもが肩で風を切り、のさばっている。そんなときに、ÉCHIRÉが滑った転んだとやってられるかてんだ! しかし、ÉCHIRÉはうまい。ブールもグラスもすごくうまい。だれか手土産に持ってこないものか。きょうび、そんな気の利いたやつはいないか…。

デラシネ・エシレ野郎に電話した。デラシネ・エシレ野郎はすぐに出た。声が激しく震えている。上下の歯がぶつかってガチガチ鳴っていた。

「額は? 返済計画は? 金利はいらない。すぐ来い。今度はもっと気の利いたものを持ってこい! おれが1番好きな土産はゼニだ! おぼえとけ! 馬鹿野郎!」

それで電話を切った。デラシネ・エシレ野郎が来る前に残りのÉCHIRÉのブール・オ・レザンのグラスを全部食べちまおう。これもまた、首尾一貫、至誠一貫である。


東海の小島のYellow Monkeyは豆腐、納豆、味噌、醤油、大根葉喰ってりゃいいんだってのよ! 甘味どころが欲しけりゃ、ツツジ、ムラサキツユクサ、サルビア、ゲンゲ、スイカズラ、オシロイバナ、シバザクラの蜜でも吸ってろ! アメンボ/ミズスマシ/Water Strider/Pond Skaterは甘露飴だ。おぼえとけ!


Suites françaises (J.S. Bach/BWV 812 - 817) - Pieter-Jan Belder (harpsichord/1999)
 
by enzo_morinari | 2019-06-25 03:44 | おふらんすモノガタリ・ドゥルーズ | Trackback | Comments(0)