人気ブログランキング |

カテゴリ:ゲシュタルト崩壊に落ちて、気が触れて。( 1 )

ゲシュタルト崩壊に落ちて、気が触れて、日が暮れて。/ヌルい時代と呼んだ初期ゲシュタルト崩壊事案

 
c0109850_15194458.jpg
c0109850_15201886.jpg
c0109850_15200094.jpg

Fall in Gestaltzerfall

イとム。ナイーブ公園とナイーブハム園。そして、ぬとる。Gestaltzerfall Seeker


小学校1年の作文の時間。

タイトルは死ぬことについて。のつもりが、私は死ることについてと書いた。全身がタンニンにまみれたような年寄りのタバコ臭い担任はしきりに首をかしげた。どうしても、が書けない。ではなくと書いてしまう。いくら考えてもが出てこなかった。

「樽くん。タイトルがまちがってるよ」とタンニンじじいは鬼の首でもとったような表情を浮かべて言った。口元がいびつにひん曲がっていた。ニマニマニタニタしやがって。「これじゃ、しることについてだ」
「まちがってない。死ぬことを知ることについて。略して、死ることについてだ」

タンニンじじいは金壺まなこを丸くした。

かくして、私のの日々、ヌルい時代は幕をあけたわけだが、実際には「」を書くたびに、発する言葉に「」の音節が含まれているとドキドキした。心拍数は100回/1分を超えた。おそらくは、私の自我は崩壊寸前だったんだろう。いまでも、にはドキドキする。


Gestaltzerfall - A-Tech (Noro/2012)

Gestaltzerfall - Kaiuna (Sublimated Prefix/2018)
 
by enzo_morinari | 2019-06-10 15:30 | ゲシュタルト崩壊に落ちて、気が触れて。 | Trackback | Comments(0)