人気ブログランキング |

カテゴリ:快楽をめぐるメタモルフォーゼ( 1 )

メタフォラさんとムッシュウ・メトニュミアとマダム・メトニミーの快楽をめぐるメタモルフォーゼ

 
c0109850_14255268.jpg
c0109850_14251126.jpg
c0109850_14245422.jpg
c0109850_14252532.jpg

人間の欲望はひとつのメトニュミアである。有楽町のスーパー・ドクター

重要なのは整理され、認識され、メタファーを一切含まぬことだ。あとは座し、眼を瞑り、黙し、思考し、静かに死を迎えるだけである。Mt. Sira-Kami Man


ユビキタス・メタモルフォーゼ亭の離れ。末期癌のキャリア3人。メタフォラさんとムッシュウ・メトニュミアとマダム・メトニミーが雁首をそろえている。彼らに残された時間は少ない。

1指パッチンする。65刹那、メタフォラさんはビッグ・ディック・コックに、ムッシュウ・メトニュミアはナッツ・ボールに、マダム・メトニミーはクリット・ラ・ブートン・ドールに変身する。そして、プレジャー・メタモルフォーゼの物語が始まる。

彼らに残された時間は少ないが、エゾ・プープルはこの夏も炭酸を飲みまくる。単純なやつらだ。サンディエゴのダンさんもあきれ顔である。なにをかいわんや、アオバトは東向きの窓に大激突する。つまりは、接続詞と助詞を使いこなせればエクリチュール/ディスクールは永遠の命を獲得する。これをして、パーマネント・ホモロゲーションと言う。

コネチカット州のハートフォード行きのモンタナ急行に乗ったはずがボンベイの港に着いた。ペール・オレンジのビットに腰かけていると宙空にボンベイ・サファイアのアズール・ブリュのボトルが出現し、ゆらゆらひゅるりひゅるりと南国舞踊をはじめた。なるほど。世界はアリストテレス先生の言うとおりメタファーでできあがっているし、メタファーでいかようにもおもしろく解釈できる。それにつけても、シムリダエにくわれてカイエ・カイーノ。アブとブヨのちがいもわからないプラント・プラネタリアンはきょうも草むしり巡礼という名のノグソ・マグソにいそがしい。


*言っとくけどよ。てめえらはボッカンコ・ズンドキアンだからな。


Rimsky-Korsakov: Scheherazade - Gergiev/Vienna Philharmonic (Salzburg Festival/2005)
 
by enzo_morinari | 2019-06-04 14:42 | 快楽をめぐるメタモルフォーゼ | Trackback | Comments(0)