人気ブログランキング |

カテゴリ:Culte et Pelerinage( 1 )

たどりついたのは夕暮れのSaúde Saudadeなコパカバーナ。さらば、郷愁。よくわかった。すべては2度と取りもどすことのできない遠いところに去り、跡形もなく消えてゆくんだろう ── 。

 
c0109850_07034535.jpeg
c0109850_04111911.jpg

だれの心の中にもSaudade/サウダージがある。郷愁。2度と取りもどすことのできない遠いところに去ったことどもへの熱く焦がれる想い。深い悲しみを孕んだ郷愁。生きつづけることの困難はSaudade/サウダージがいくぶんかは晴らす。なつかしさとはそういうことだ。

言語の権化の覇権争いと和三盆の奪い合いに端を発した金剛流と密厳流の血みどろの戦いによって失われた死者たちのさまよえる魂を慰藉するために御詠歌/和讃/讃歎の旅にでた私を冥く深く静かに8隻の護衛艦と強襲揚陸艦が取りまいた夜のめしは軍艦巻きと和風酸辣湯。たどりついたのは夕暮れのSaúde Saudadeなコパカバーナ。さらば、郷愁。


Saúde Saudade. オーケイ。よくわかった。すべては2度と取りもどすことのできない遠いところに去り、跡形もなく消えてゆくんだろう ── 。安住を求めず、苦しみつつなおも働き、歌っても。それであってもなお、人生は生きつづけるに値し、あすは信じるに値する。それを希望と呼ぶんだろう。

c0109850_05270979.jpg
c0109850_07124100.jpg


Copacabana - Emílio Santiago (Perdido De Amor/1995)

Saudade do Brasil (Darius Milhaud/1920) - Antônio Carlos Jobim

Saudade do Brasil (Darius Milhaud/1920) - Antonio Barbosa (Piano)
 
by enzo_morinari | 2019-05-01 04:15 | Culte et Pelerinage | Trackback | Comments(0)