人気ブログランキング |

カテゴリ:彼の最後のドーナツの年( 1 )

彼の最後のドーナツの年/W. ブレイクとイギリスのドーナツ娘たちを探して。Doughnut Daughter

 
彼の最後のドーナツの年/W. ブレイクとイギリスのドーナツ娘たちを探して。Doughnut Daughter_c0109850_01483137.jpg
彼の最後のドーナツの年/W. ブレイクとイギリスのドーナツ娘たちを探して。Doughnut Daughter_c0109850_16030952.jpg

人生最初のドーナツの年、Psychedelic Rockが子守歌だった。意志の中心が空虚なメタルのドーナツ小僧

If the doors of perception were cleansed every thing would appear to man as it is: infinite. W-B

「ドーナツ娘はどうなっているんだ?」と口にした途端に虚しくなるのはドーナツの中心が空虚だからか?

「出雲阿国の生れ変わりである木の実ナナこと池田鞠子の大好物は大胆不敵にもタイタン・ダイコンのぶつ切りの炊いたんとドナッテロ・ドーナツだ!」と怒鳴る東横線と井の頭線の連絡通路で奇妙な踊りを日がな1日ダンス・ダンス・ダンスしていた男が箪笥屋の小倅だったら微笑ましい。

「わが名はボコボコ」と風変わりなオールド・ファッションドのドーナツは言った。「中心の空虚はわが存在の多義性を象徴する」とも。


Daughters of Albion/イギリスの娘たちというLPレコードをずっと探していた。リリースは1968年。裸の若い男と女のモノクロのアルバム・ジャケット。オーブリー・ビアズリーばりの写真がこども心にも印象的だった。

街のアレクサンドリア図書館本牧分岐点でDaughters of Albionのことをみっちりミッチャンみちみち調べあげた。Daughters of AlbionのAlbionはイギリスの古名でWhite Land/白亜の国/白い国を意味しており、グレート・ブリテン島の南部沿岸をドーバー海峡から眺めると白亜の断崖が白く見えることに由来するとわかった。また、William Blakeの詩集、”Visions of the Daughters of Albion”からユニット名をとっていることも。わずか半日でこれだけのことを調べあげる10歳は宇宙広しといえどもそうそうはいないはずだ。さすが、IQ指数219の天然災害児だけのことはある。文句があるなら、夜っぴてピテカントロプス・ハンマー・クラヴィーア弾きのセローニアス・モンクに言ってくれ。ジャワカレーが大好物の直立猿人、チャールズ”ピテカントロプス・エレクトゥス”ミンガスがよしなによこしまにとりなしてくれるはずだ。

Daughters of Albion/イギリスの娘たちは10歳年上の叔父さんからもらった。叔父さんは日本代表のラガーマンだった。桜のジャージーがよく似合っていた。筋骨隆々、鉄コン筋クリートの肉体にするためにジャージー種の牛乳を毎日マザー牧場まで盗み飲みしに行っていた。しかし、ノックオンとアクシデンタル・オフサイドとオブストラクションのやりすぎで、30歳前に肝臓癌になって死んだ。

1971年世界の私の周囲では常にドーナツ化現象が生起していた。恐怖と驚愕が1971年世界を支配していた。恐怖と驚愕の主たる原因は私の存在自体だった。天上からは1971年世界をサンボリスムするThree Dog NightのAn Old Fashioned Love Songが壊れかけの古い真空管/ロクタル管ラジオのような音で聴こえていた。An Old Fashioned Love SongのB面の歌う犬どものための衒学四重奏の伴奏はヴォスフォラス以東にただふたつといわれるチェネレントラ・ルネサンス様式の尊大荘厳魁偉な建築物である黒死館の門外不出のストリングス・クワルテットがやっていた。法水警部の「倍音が!」の合いの手が混血児の嘆息とも聴こえた。江戸川ランボルギーニは「音楽以前」と吐き捨てるようにつぶやいてそそくさと人間椅子にすわる屋根裏の散歩者に変態してから姿を消した。

1971年世界のある冬の初め。Doughnut Countyからインド洋を泳いで渡ってきた3匹の犬とオールド・ファッションドのドーナツが私の元にやってきた。足元に落ちたオールド・ファッションドのドーナツのかけらをひろって食べるとインドラ・マグロの味がした。バラモン・ガラモンと帝釈天シーバマータ・ハクナマタータと聖獣の白象アイラーヴァタと大きく長い耳を持ち、世界を劈く嘶きを発する七つ頭の空飛ぶ馬ウッチャイヒシュラヴァスとガラーム・ジャラームを神酒ソーマで一緒に煮込んだ味。噛むたびに『リグ・ヴェーダ』のインドラを讃える歌が聴こえた。

その頃のドーナツ世界を牛耳っていたのは駅のそば屋の丸井である。OIOIである。丸井は熊の胆を専門に豊葦原瑞穂国全域に売り歩く富山の薬売り青井忠治が創業したが、躁病の青井忠治はなにを勘ちがいしやがったか、商号を丸井にした。青井にしておけば孫であるNHKアナウンサーの青井実が画面に映るたびにいい宣伝になったものを。さすれば、今日のような長期凋落傾向に陥らずに済んだはずだ。それもこれも、電痛を中心とするZ日マフィアの淫靡陰湿陰険な陰なる謀が主因である。御朱印船もいくぶんかの影響を与えている。ちなみに、丸井今井はドーナツ世界ならびにドーナシ世界およびロクデナシ世界/口ナシ世界の用務員である。それが1971年世界の実態だ。

「わが名はボコボコ」と風変わりなオールド・ファッションドのドーナツは言った。「中心の空虚はわが存在の多義性を象徴する」

ドーナツ屋は駅のそば屋の裏手にあるものである。そのことを成り立たせているものこそが消費社会の神話と構造/La Société de Consommationである。

1977年のDoughnut Year. King of Doughnut/King of Rock 'n' Rollが死んだ年。エルビス・プレスリーのマネをしてドーナツばかり食べていた。さらには、早稲田鶴巻町のハンブルガーSVショップのSeason(愚かな常連客どもは「シーソン」と呼んでいた)で東京モンタナ急行バーガーを1日に10個食べることも欠かさなかった。Seasonのオーナーはコネティカット州ニューヘイブンにあるハンバーガー発祥の店、ルイス食堂で修行した筋金入りのひき肉&ピクルス&バンズ野郎だ。脳みそはひき肉とキューカンバーのピクルスとバンズとトマト・ケチャップと粒マスタードでできている。確認実証済みだ。

100kg目前だった。100kgまで、あと42gというところでドーナツ癌を発症して1ヶ月で体重は70kgを切った。

19歳、大学1年だった。宿無しで、主に三四郎池のほとりでビバーク・ライフ/アドレス・ホッピングしていた。靴はネロ色のVagabond Shoes1足だけ。

いまではだれもがドーナツ癌罹患を経験するが、当時は19歳でドーナツ癌を発症するというのはまれなことだった。聞きつけたミスター・ドーナツの広報宣伝部がCM出演を打診してきたがチキチキ・マシーン大レースのケンケンもホロホロ鳥に断った。メレアグロスと2プラトーンを組んでカリュドーンの猪のやつをやっつける算段もしなければならず、ドーナツ癌や中心に空虚をかかえたうどん粉菓子またの敵性語名砂糖天麩羅などにかまっている時間はなかった。

「若い身空でドーナツ癌とはミスター・ダンキンなことだ」とだれもが言い、同情や憐みを頭からぶっかけやがった。だが、それがよかった。ドーナツ癌はきれいさっぱり消えた。ペーター佐藤のエアブラシもドーナツ癌消滅に影響していたと思う。なんせ、ミスター・ドーナツなだけに。

姿を見せるや否や、Daughters of Albion/イギリスの娘たちは「てゆーか、あんただれ?」と憤怒の形相でぶっこきやがった。

「会って早々、あんただれ?とは穏やかじゃねえな」と私はハマ連ピエロ&本牧党仕込みのホワイト・ナックルをDaughters of Albion/イギリスの娘たちの鼻っ面に突き出してすごんだ。寸暇を惜しむいとまもあらばこそ、Masi Cava Masi! Please Hammer, Don’t Hurt ‘Em!とダメ押しした。Daughters of Albion/イギリスの娘たちはひるんだ。ポイント・ゲット。小さな得点だが100回やればFIFAから特別表彰される。棚から牡丹餅FUCKだってできないともかぎらない。


Still Care About You - Daughters of Albion (Daughters of Albion/1968)
Daughters of Albion (1968)
An Old Fashioned Love Song - Three Dog Night (1971)
 
by enzo_morinari | 2019-04-12 01:55 | 彼の最後のドーナツの年 | Trackback | Comments(0)