人気ブログランキング |

カテゴリ:大いなる複雑( 1 )

掌の上の宇宙。その名は大いなる複雑。Grand Complication/新年号の令和にかかる陋劣な言説のたぐいと時の虜囚には背負えない「時をめぐる物語」

 
c0109850_00032862.jpg
c0109850_03215851.jpg
c0109850_00034216.jpeg

Faire mieux si possible ce qui est toujours possible.

本来的にはないはずの「時」を計り、微分し、視覚化するためにキャビノチェ(時計師/時計職人/屋根裏部屋の住人)は屋根裏部屋で微小微細な歯車をインテグレートする。

この宇宙に完全/完璧/大いなる複雑/Grand Complicationはふたつしか存在しない。Abraham Louis BreguetのMarie Antoinette/BREGUET NO.160とJohann Sebastian BachのAir auf der G - Saite/Air on the G String/G線上のアリアである。


Abraham Louis BreguetのMarie Antoinette/BREGUET NO.160を手放してから四半世紀。とんと宇宙を掌の上で手玉に取っていなかったので、宇宙を支配する巨大な意志の力の同意をえて、極小宇宙だが手に入れて掌にのせてみた。

その名は大いなる複雑。Grand Complication (Vacheron Constantin Reference 57260)

企画/設計/制作/完成までに費やした時間は8年。設計図の総重量は16kgに及んだ。計57種の複雑機構。ケースは直径98mm、厚さ50.55mmのホワイトゴールド製。総重量960g. ムーブメントは242石。バランス・トゥールビヨン・レギュレーター。ミニッツ・リピーター機能。トリプル・コラムホイール・クロノグラフ機能。7種のパーペチュアル・カレンダー機能。6種のアラーム機能。均時差表示。アラーム・パワーリザーブ表示。ペルラージュ装飾/Perlaje (Circular graining)。コート・ド・ジュネーブ装飾/Cotes de Genéve. 3軸トゥールビヨンと脱進機を抱えるアーミラリ天球儀ケージ。天球儀回転時、15秒に1度、マルタ十字が現れる。予想エスティメイト30〜60億円。ありえないことだが、BreguetのMarie Antoinette/BREGUET NO.160が市場に出た場合の予想価格は300億円とも600億円とも言われている。

c0109850_19053060.jpg

Marie Antoinette/BREGUET NO.160はマリー・アントワネットがブレゲに発注してから完成までに50年近い歳月が流れ、アブラアム・ルイ・ブレゲの子の代でようやく完成した。ブレゲ2代にわたる時をめぐる50年の物語。そのあいだに、フランス革命が勃発してマリー・アントワネットは断頭台の露と消え、ブレゲも死んでいる。古今東西の権力者たちは時さえ支配できると考え、誇示したが、みずからの寿命までは思うままにできなかったという冷厳冷徹な皮肉。

Marie Antoinette/BREGUET NO.160をめぐる物語に比すれば、新年号の令和にかかる言説のほとんどは取るに足りない他愛のないものである。小学生中学生の寝言たわ言口げんかのたぐいと大差ない。始まりがあって終わりがあり、今が終わりの始まりであることを知らず、気づかぬ時の虜囚には「時をめぐる物語」は背負うには荷が重すぎるということだろう。

Grand Complication (Vacheron Constantin Reference 57260)は予想していたよりも軽かった。カルカッタで牛のしっぽの赤ワイン煮込み/Queue de Boeuf Braiserを食しながら宇宙を支配する巨大な意志の力と林達夫先生と開高健先生とで宇宙しりとりをやった。当然、私の一人勝ち。ディドロ&ダランベールが守護者である私がトリオンフするのは決定事項なのだから。

敗北が決まった瞬間、開高健先生は開口一番、「バカ貝をバケツ3杯食いたい。宇宙グラスの無限周回軌道の淵でダリダの花を抱えて少年ジョルジュと罪障消滅ダンスを踊りたい。ダンスにゴンゴン、4度目タイーホのカルロス・ゴーンと根くらべ、ゴンクラーベ、座王権太は愛と誠のゴンチャロフ」と言った。真意を風に訊いても風の野郎はどこ吹く風だった。


Air auf der G - Saite/Air on the G String/G線上のアリア - Johann Sebastian Bach
Complication - Sebastian Forslund (Acoustic Group Music)
 
 
by enzo_morinari | 2019-04-07 18:20 | 大いなる複雑 | Trackback | Comments(0)