人気ブログランキング |

カテゴリ:モンダグリーン夫人とキノコル・キンタ魔氏( 2 )

マサカササカマサカサマ世界における言語の権化の言語野香具師であるソコまでイッて委員会イインチャウの椰子木タカジーソはなにゆえにダイビング・ビートル/タイピング・ビートルのキキに語源学を学ばせたか?

 
マサカササカマサカサマ世界における言語の権化の言語野香具師であるソコまでイッて委員会イインチャウの椰子木タカジーソはなにゆえにダイビング・ビートル/タイピング・ビートルのキキに語源学を学ばせたか?_c0109850_03135206.jpg
マサカササカマサカサマ世界における言語の権化の言語野香具師であるソコまでイッて委員会イインチャウの椰子木タカジーソはなにゆえにダイビング・ビートル/タイピング・ビートルのキキに語源学を学ばせたか?_c0109850_03133927.jpg


言語は常に実験的であるべきだ。フィラデルフィアの実験と戦国自衛隊を超えて。

ギナタを持った弁慶はタスマニアデビルを泣かす。

弁慶が薙刀を持って現れた以上、この先、生き残るのはキノコることができるやつだけである。

生き残りをかけて日々戦っているコノ先生はいつの日かキノコる。

I work every day for better health.

I walk every day for better death.



魔女の宅急便のキキは待つ甲斐なくアフガン航空相撲殺のエビデソスであるキノコル・クンタ・キンタ魔教授の頭部を直々にマグネットスフィアを突破してル・モンド・セレクシオーン会長のモンダグリーン世界記録夫人に届けることに性交した。喰って撃って逃げることができたし、ベイビー・リーフの芽と葉っぱを核を吐くほど食べた。そして、カントンホーケー世界に冠たるダイビング・ビートル/タイピング・ビートルとなった。ダイビング・ビートル/タイピング・ビートルにとって美とはナニ蟹がなにやらである。上訴不可。一事不再理。訴訟経済。毒樹の果実。カルネアーデスの板。

ダイビング・ビートル/タイピング・ビートルとなったキキはNIKEの資金援助によってブーバ/キキ問題を手際よく解決して、イゲンゴ領バミューダ・トライアングル諸島で亡き王女FF7ナナキのためのハバーナ・バナーナを優雅に奏でてハバナイスデし、言語の権化の言語野香具師であるソコまでイッて委員会イインチャウの椰子木タカジーソの命によりモロジエティ遠い太鼓大公国で語源学を学ぶこととなった。表面的には語源学留学だが、実際はJargon Fileに基づく密命を受け、モロジエティ遠い太鼓大公国にM777 155mm榴弾砲(Howitzer)を売りこむカチコム.comすることが真の目的だった。キキは世界を危機に陥れることによってウンマー・グンマーするマルシャンデモール・モデュールNSX GT3の手先に成り果てていたのだ。( ゚Д゚) しかし、天網恢々疎にしてモラ・マヌエル・アントニオ・ノリエガ・モレノ・パナマ手芸。131億年後に緑の指から死の花束を贈られるのだ。それがマサカササカマサカサマ世界/ニーヌマッケンジー “Grand Prix Motorcycle Racing” ヨメニコナイカ磁気圏における掟である。運命の日、2Q110311144618まで、7days+11h16min.


Mondegreen - Magnetosphere/磁気圏
 
by enzo_morinari | 2019-06-05 03:48 | モンダグリーン夫人とキノコル・キンタ魔氏 | Trackback | Comments(0)

魔女の宅急便のキキは待つ甲斐なくアフガン航空相撲殺のエビデソスであるキノコル・クンタ・キンタ魔教授の頭部をマグネットスフィアを突破してモンダグリーン世界記録夫人に届けることができたか?

 
魔女の宅急便のキキは待つ甲斐なくアフガン航空相撲殺のエビデソスであるキノコル・クンタ・キンタ魔教授の頭部をマグネットスフィアを突破してモンダグリーン世界記録夫人に届けることができたか?_c0109850_21243713.jpg
魔女の宅急便のキキは待つ甲斐なくアフガン航空相撲殺のエビデソスであるキノコル・クンタ・キンタ魔教授の頭部をマグネットスフィアを突破してモンダグリーン世界記録夫人に届けることができたか?_c0109850_21241859.jpg


「喰って撃って逃げる? 芽と葉っぱ食べる? Eats, shoots and leaves? Eats shoots and leaves?」とル・モンド・セレクシオーン会長のモンダグリーン世界記録夫人は足し蟹板。


Mondegreen - Magnetosphere/磁気圏
 
by enzo_morinari | 2019-03-01 21:28 | モンダグリーン夫人とキノコル・キンタ魔氏 | Trackback | Comments(0)