人気ブログランキング |

カテゴリ:カマトトとカマホルとカマツテ( 1 )

カマトトとカマホルとカマツテ/カマトトの登場とカマボコの誕生

 
c0109850_04064213.jpg


宇宙には普遍的なものが6個ある。水素と愚かさとカマボコとカマトトとカマホルとカマツテである。M-L

クレオパトラが死の直前にみたニューソート・クレオソートの夢を夢みる夢二は空と大地に抱かれるくらい女たらし/スケコマシ/乳繰りマンボである。月のものの怪の母

ピー助は六本木3丁目のエルザビルB1にあったDiscothèque Nirvana/ナバーナをバナーナあるいはニラレバと呼んだ。

「わかんな〜い」が口癖のノータリン脳みそプッチン・プリン女のカマトト(63 Psychoと82 Kitty)の正体はありがとうが魔法の言葉であると根拠なく言い張る妖怪ヨマズニイイネオシである。


1115年11月15日の蒲鉾の日、藤原忠実の転居祝いをかねて世界カマボコの板の意義研究会が虎ノ門のマッカーサー大通りのカマボコ・ハウスで開かれた。

帰路、全身をショッキング・ピンクに包み、アマンド・ピンクのうすらなまらデカいアマンドの袋を両手にぶら下げ、高橋真梨子の『桃色吐息』を口ずさむ桃色遊戯女に道をたずねられた。女はカマトトと名乗った。一瞬、お花見ピンクちゃんのことが頭をよぎった。

カマトトに桃谷順天館東京支店のある麹町への地下鉄の乗り継ぎを精緻明晰懇切丁寧親切にチャランボさえ入れながら説明したが、フランク・ヴィンセント・ザッパが墓場から捗々しくない表情でバケて出るばかりか、サッパの大群が驚いてカスピ海に逃げてしまうほどサッパリサッパリだった。カマトトは「カマっち、わかんな〜い」を連発した。

カマトトは「わかんな〜い」が口癖のノータリン脳みそプッチン・プリン女である。63歳と82日。正確には63 Psychoと82 Kittyである。CPK/Cereal Psycho Kitty.

カマトトは自分のことを「カマっち」と言う。「カマっちはあ〜」といった具合だ。反吐がでる。


Best of Frank Zappa
 
by enzo_morinari | 2019-02-13 04:26 | カマトトとカマホルとカマツテ | Trackback | Comments(0)