人気ブログランキング |

カテゴリ:老人とパン( 1 )

老人とパン/パリの痛みのパンタグリュエル・パン

 
c0109850_00231066.jpg


痛みのパンなくして前進なし。E-M-M
涙とともにパンを食べた者でなければ人生の味はわからない。J-W-V-G


冬のパリは痛い。冬の旅も痛い。おなじくらいにパンは痛い。涙とともに食べたパンは数知れない。

涙のパンを求めてパリの街をヴァガボンドしていた頃、セーヌ・フランソワーズ左岸、Quartier Saint-Germain-des-Présの北のはずれのパン屋で痛みのパンタグリュエル・パンを焼くパン職人の老人と出会った。パン職人の老人の名はFrançois Honoré de Balzac Rabelais=Sagan. 92歳。


Wer nie sein Brot mit Tränen aß/He who never ate his bread with tears D480 Op. 12/2 (Franz Schubert) - Hermann Prey/Gerald Moore
Wer nie sein Brot mit Tränen aß/He who never ate his bread with tears S.297 (Franz Liszt) - Hans Hotter/Michael Raucheisen
Wer nie sein Brot mit Tränen aß/He who never ate his bread with tears (Hymn) Op. 113 - Jean Sibelius
Winterreise/冬の旅 D911 (Franz Schubert) - Fischer Dieskau/Maurizio Pollini
Winterreise/冬の旅 D911 (Franz Schubert) - Ian Bostridge

 
by enzo_morinari | 2018-12-11 00:34 | 老人とパン | Trackback | Comments(0)