人気ブログランキング |

カテゴリ:なつかしき時代( 1 )

なつかしき時代 輝く星座生まれの悲しき鉄道員のMr.Mondayはチェレンコフ・ブルーの女神に時刻表どおりに放射能まみれの水色の恋をし、霧の中の二人は悲しき天使の祝福を受ける。

 
c0109850_09473007.jpg


それはラジオの時代/45rpmの黒いビニルのドーナツ盤の時代だった。だれもが豊かさとはほど遠い生活を送っていたが、空は青く晴れあがり、どこかサイケデリックに突きぬけていた。そのような時代をわれわれはなつかしき時代と呼ぶ。もちろん、取りもどすことはできないが、温め、埋葬し、諦めきれずに掘りおこし、そっと頬ずりし、埋めもどすことは可能である。それらの一連の行為はわれわれにある種の豊かさをもたらす。そのことはいくぶんかのノスタルジー/センチメンタリズム/アナクロニズムを孕むが無意味ではない。

たかだか100年しか生きない人間にとっては、50年前の出来事はついきのうのことであり、2011年早春の出来事は数時間前のことである。千年のあいだ喪に服すべき出来事だが、すでにして忘れ去られようとしている。

水に流したのか? ちがう。流したのは津波であり、たれ流されたのはRadio-Activity/放射性物質である。Radio-Activity/放射性物質の王であるプルトニウムの半減期は24000年。放出される放射線量が半分になるのに24000年かかる。それでもなお、酒グレ、駄食をむさぼるのか? お能だ歌舞伎だ落語だと浮かれ騒ぎ、極楽とんぼの日々を送るのか? A( )Cをつづけるのか? すべて自由だ。好きにするがいい。バカは死んでもなおらないのだから。


Mr.Monday - The Original Caste (1966)
L'amour Est Bleu - Vicky Leandro (1967)
悲しき天使 - メリー・ホプキン (1968)
Aquarious/輝く星座 - The 5th Dimension (1969)
Venus - Shocking Blue (1969)
悲しき鉄道員 - Shocking Blue (1970)
霧の中の二人 - マッシュマッカーン (1970)
Mamy Blue - Pop Tops (1971)
Radio-Activity Kraftwerk (1975)
 
by enzo_morinari | 2018-11-27 10:01 | なつかしき時代 | Trackback | Comments(0)