人気ブログランキング |

カテゴリ:Ecole de Tokioido( 1 )

École de Tokioido プロフェッサー・ダリ・イ・ドメネク、クレージー・ルナティック・ハロウィーン教の信者どもを刺しつらぬく。

c0109850_12472872.jpg


インテリは真の革命家ではない。暗殺者になるくらいが関の山である。S-D
完璧をおそれるな。決してそこには到達しないから。(『記憶の固執』) S-D
ポピュリズム/大衆迎合は愚劣愚鈍だが、それを批判するのはさらに愚劣愚鈍であり、その尻馬に乗るのは陋劣にして醜悪である。E-M-M


École de Tokioidoの午後の講義が始まろうとしたとき、愚劣で耳ざわりな雄叫びとともにJack-o'-Lantern/提灯ジャックのかぶりものを身につけた異様ないでたちの集団が教室になだれこんできた。口々に手垢にまみれたたわ言を叫んでいる。

「Trick or treat! Trick or treat!」
「お菓子をくれないといたずらするぞ!」
「いたずらかお菓子か!」

クレージー・ルナティック・ハロウィーン教の信者どもだ。

c0109850_13134499.jpg


École de Tokioidoの名物教授3人組の1人、サルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネクは一瞬顔をしかめ、トレードマークの針金髭を急速度で伸長させてクレージー・ルナティック・ハロウィーン教の信者どもを一気に刺しつらぬいた。42人のクレージー・ルナティック・ハロウィーン教の信者どもは動かぬ肉の塊になった。

プロフェッサー・サルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネクはカタロニア讃歌を大声で歌いながら偏執狂的批判的な微笑(Paranoiac Critic Smile)を浮かべていかにも満足げだった。そして、スケッチブックにクレージー・ルナティック・ハロウィーン教の信者どもをやわらくていまにも溶けだしそうな豚バラ肉の42の肉塊として描いた。このデッサンはのちに『溶ける狂信的なセルド・プータ・ポジャ・アノ・ミエルダ・コニョ・カブロン・ヒリポジャス』となる。
 
by enzo_morinari | 2018-10-15 13:14 | Ecole de Tokioido | Trackback | Comments(0)