人気ブログランキング |

カテゴリ:うたたねの記憶( 6 )

うたたねの記憶/オナラはみんなさびしんぼ 虹子が屁をすればヘシオドス鴉が首に鈴をつけたイソップがピタゴラスの三平方の定理豆畑に蒔いた種をほじくる。orz〜

 
c0109850_18374889.jpg
c0109850_22064898.jpg
c0109850_22070531.jpg

放屁と粘膜は存在の最前線である。

だいじょうぶ、My Friend. 屁が出るうちは生きている。

Pass Gas, Break Wind, Cut the Cheese. But Life Goes On.


最古の潜水服を装着して血の色に染まったアリスワンダーランド館の9月ウサギの扉の前で虹子がオナラをした。最初はブー。あいこでフー。最後にウー。もひとつおまけにスー。

「オナラした!」と虹子に言うと、「オナラはみんなさびしんぼ」と虹子は言い、バビーと嫁の空気とマンドラゴラの花茎がふるえるほど大音量のオナラをした。そして、「あら、ヤーネー」と言って尻を掻いた。

このときほど、午前3時ちょうどにヘシオドス鴉か権兵衛鴉になって首に鈴をつけたイソップがピタゴラスの三平方の定理豆畑に蒔いた種をほじくりたいと思ったことはない。

虹子は私以外の者が近くにいると絶対にオナラをしない。「絶対」という言葉はそう簡単に使いたくないし、アンドリアノフ・アレクサンドル図書館館長のイッケーダ・デーサグ会長先生との誓詞もあるのでなんだが、この件に関してはあえて絶対にという。さらに、虹子は私以外の者に口の中をみせない。理由は「粘膜は存在の最前線だから」だそうだ。そして、夢をみた。屁夢だ。ヘム。はやく人間になりたいヘム。ヘムはこんな夢だ。Life goes on. それでも、人生はつづく。(屁続 orz〜)


Life Goes On - 2PAC (All Eyez On Me/1995)
 
by enzo_morinari | 2019-09-03 19:41 | うたたねの記憶 | Trackback | Comments(0)

うたたねの記憶/ブリア・ヌーヴォー・キュイジィーヌ博士と浅草柳通りを我が物顔で闊歩する鳩の曲芸団団長セ・シ・ボン太

 
c0109850_21130121.jpg
c0109850_21131709.jpg
c0109850_21132911.jpg

「あたくしはブリア・ヌーヴォー・キュイジィーヌだから。」と虹子が言ったとたんに猛烈な眠気に襲われ、その場に寝ころんだ。そして、夢をみた。

夢の中で私は世界有数のブリア・ヌーヴォー・キュイジィーヌ博士だった。ブリア・ヌーヴォー・キュイジィーヌに関することならなんでもこい状態である。

鳩の曲芸団を引き連れて浅草柳通りを我が物顔で闊歩するセ・シ・ボン太に遭遇し、私はおもわず、鳩の曲芸団団長のセ・シ・ボン太の左側頭部に「猪木ボンバイエ行けばわかるさ延髄切り」を知的所有権もあらばこそというくらいの勢いでアレンジした「夜の銀狐メリーさん横浜馬車道有隣ファボリ前ターン・キック」をお見舞いするそぶりをみせつつ、ごくごくやんわり、「やあやあ。鳩の曲芸団団長、アーンド、アサカミツヨの旦那さん。おひさしぶりぶり。お会いするのはフィンガー・ファイブの横浜文化体育館コンサートのとき以来でしたかな?」と切り出すも、鳩の曲芸団団長セ・シ・ボン太はやたらビクついて、ぶっといストライプのダサダサきわまりないグリーンだよジャケツの内ポケットをしきりに気にしているが、「財布をとったりなんかしねえよ! おれはここんとこ景気がすこぶるいいんだ! おまいさんのシケたゼニを巻きあげようなんざあ、これっぽっちも思ってねえから安心しやがれ! このスットコドッコイ! だが、アレだ。いつぞや、いまは廃業しちまった治の家の離れで胡徳や舞子や弟子丸を前に交わした約束は果たしてもらうぜ。あのときの払いだって、おまいは鹿頭(シカト)ぶっこいて梨の礫雨あられだが、それは勘弁してやる。いいな?」
「約束ってなんですか、先生。もう、勘弁してくださいよ。」

「おまいに先生なんぞと呼ばわれるおぼえは、鳩のキンタマほどもねえYO! それよか、約束どおり、おまいのバカ鳩どもをすっかりまるっと食わせてもらうぜ。調理はすでに鮨屋の一心にすべてたのんであるんだ。おまいの曲芸鳩をブリア・ヌーヴォー・キュイジィーヌ風にあつらえて洒落っこくてえ寸法よ。サヴァラン大先生も呼んである。カイタカ?カケン!大明神もおっつけ御到着てえ段取りだ。池波の正ちゃんも犯科帳ぶんぶんふりまわし、痛風の足引きづりながら、長谷川平蔵一味ともども、石川島人足寄場から大挙して御出座だ。おまいにもひと口ふた口御賞味させてやるから、ありがたく頂戴しやがれ!」と私が言うがはやいか、セ・シ・ボン太は冬枯れた柳が物悲しく揺れる柳通りを、唸りをあげて走り去っていった。あとには、アサカミツヨの浅草公会堂公演の告知チラシが所在なげにゆれているばかりである。

まことに、美味礼讚(びみらいさん)、弱肉強食(やきにくていしょく)なブリア・ヌーヴォー・キュイジィーヌ世界の私であった。

夢からさめ、虹子をみれば、鳩の着ぐるみを着てフレンチ・カンカン踊り真っ盛りである。一番弟子であるミニチュア・セントバーナードのポルコロッソも、同様に鳩の着ぐるみを着せられ、虹子の周囲を狂ったように走りまわっている。

私はと言えば、そのような幸福の風景を眺めつつも、最近、とんと御無沙汰のベルナール・パコの牛の尻尾の赤ワイン煮込み/Queue de Boeuf Braiserを生唾ゴクリコナポリタン・マスチフしながら夢想し、なつかしく思い、また再び、移動祝祭日にでも世界の天井に帰還し、ここいらで豊葦原の瑞穂の国とは金輪際さんにオサラバしようか、なにごとも潮目潮時が肝心だなどと独り言ちつつ、テイク・イト・イージー天丼の支度をはじめることを決意する。


うたたねはかくもセ・シ・ボン太である。


Drowse - Between Fence Posts
 
by enzo_morinari | 2019-04-19 21:20 | うたたねの記憶 | Trackback | Comments(0)

うたたねの記憶/HONDAの栄光は失われた。和光のことは夢のまた夢。スズカのことは夢のまた夢の夢。

c0109850_06025422.jpg


アイルトン・セナの死とともにHONDAの栄光は失われた。和光のことは夢のまた夢。スズカのことは夢のまた夢の夢。E-M-M

HONDAはいまや機織り屋(自動織機)/看板屋(かんばん方式)/ゴーンとカネが唸るなり流脳寺にいいようにやられるばかり。ふりむけば、MAZDA/スバル/ダイハツ/SUZUKI/いすゞ/三菱だ。

アイルトン・セナがドライブするMcLaren MP4/6のHONDA V12サウンドを聴きながら眠りに落ちた。そして、夢をみた。

夢の中で私は世界有数のアイルトン・セナの死とHONDAの失われた栄光博士だった。アイルトン・セナの死とHONDAの失われた栄光に関することならなんでもこい状態である。

「ソーイチローの夢と致死量」に関するスリップストリップストリーム報告を読みすすみながら、回生エネルギーシステムを両前足で捧げ持ち、メチャイケブンブンブブブンと単位上等!爆走数取団音を立ててソーイチローの夢を飲みほす虹子象の尻尾を引っ張った。虹子象はふりむくと立てつづけに42回ウィンクし、鼻先を私に向けて、ものすごい勢いでソーイチローの夢を限界利益率過給圧無限大で噴射した。その量と言ったらアベシン象の頬のたるみ10000000000000センチ分はくだらなかった。その証拠にソーイチローの夢だらけの虹子象の足の裏をひと舐めふた舐めすると、思わず「アキエ~♪ アキエ~♪」と口から出た。

背後からイシバ象が全身を石志ば漬けで腫れあがらせつつも、余裕で私の体についたソーイチローの夢を剥ぎとり、自分の石志ば漬けに塗りたくりはじめた。それを天空からみていたヤバイヨヤバイヨデガワ神は「エリちゃん、エリちゃん。レマちゃんとは砂漠谷でなにして遊ぶの?」と叫び、「エリちゃん? エマちゃん? だれよ、それ」と尋ねた私に、ヒサコとキヨシとスミヒサとサトシとタマミとユリコとタクとゲンが8プラトン・オーバーテイク・ターボラグ・スリップストリップストリームを喰らわしたところで目がさめた。まことに石志ば漬け仕立て計測不能なアイルトン・セナの死とHONDAの失われた栄光世界の私であった。

夢からさめ、虹子をみれば、回生エネルギーシステムを盛大にふりまわしながらターボ! エンジン! ストール!のかけ声とともにアイルトン・セナの死とHONDAの失われた栄光踊りの真っ最中である。

一番弟子であるミニチュア・セントバーナードのポルコロッソは全身にアイルトン・セナの死とHONDAの失われた栄光を塗りたくられ、狂喜乱舞もいいところである。私はと言えば、虹子が次から次へと作りだすターボエンジンストールだけでできたアイルトン・セナの死とHONDAの失われた栄光を堪能し、血糖値レッドゾーン突破状態であった。


うたたねはかくもヒューマンエラーは0にできないし、自分の人生は自分にしか作ることができないごとくに2位は勝利でなく明瞭に敗北である。


McLaren Honda MP4/6 V12 F1 1991 at Suzuka Aytron Senna
Ayrton Senna drives the MP4/6 at Suzuka.Qualifying Lap
 
by enzo_morinari | 2018-09-13 06:04 | うたたねの記憶 | Trackback | Comments(0)

ノムラ(2丁拳銃)シュースケ先生と失地回復と第一水曜日の謀略

 
c0109850_9355070.jpg

 
「醤油ってこわいわねー。第一水曜日のスズキクンニオさんやキムラシカンボさんはそこそこおいしいけど甘ちゃんよねー。お顔はデコデコボコボコしてるけど、マキヤストモローさんは好きー。でも、一番はやっぱり、誰がなんと言おうとノムラ(2丁拳銃)シュースケ先生だわねー。」と虹子が言ったとたんに猛烈な眠気に襲われ、その場に寝ころんだ。そして、夢をみた。

 夢の中で、吾輩は世界有数の第一水曜失地回復醤油博士だった。失地回復醤油に関することならなんでもこい状態である。


 タカダノ婆にうながされて早稲田通りを我が物顔で横切ると、メルセデスベンツ・アルファロメオの新型車、レコンキスタ・ガルウィングType2に乗ったノムラ(2丁拳銃)シュースケ先生が蒲田駅前場末風スナックからすっ飛んできた。

「おいおい、きみ。忘れ物だよ。」とノムラ(2丁拳銃)シュースケ先生は黒縁眼鏡の奥のチバケイ3房眼光をぎろぎろさせた。
「ああ、先生。忘れたんじゃないんですよ。先生におかせられましては手元不如意弥栄と思いまして、なにかの足しにしていただきたかったんですよ。」
「きみねえ、おれは宝石がじゃらじゃらついた時計なんか、趣味じゃないよ。それに、きみにオカモトタロウの心配をしてもらうほど、落魄ぶれちゃいない。」

 そう言うと、ノムラ(2丁拳銃)シュースケ先生は胸元のポケット・チーフをかっこよく抜いてから、ロレックスの宝石じゃらじゃらプラチナ時計を包み、吾輩によこした。

c0109850_936236.jpg

「きみねえ、『言多きは退くなり』だよ。肉体言語はつねに磨いておかねばならんよ。いいね?」
「はあ、でも、先生   
「おれに是非を問うな。激しい雪が好き。また、いつか、どこかで。」

c0109850_936364.jpg

 ノムラ(2丁拳銃)シュースケ先生はそう言い残すとくるりと踵を返し、夕暮れのコペルニクスたちが忙しなく行き交う黄昏れゆく東京のど真ん中、トーキョー・キング・オブ・ロードを眼にもとまらぬスピードで駆け抜けていった。それがノムラ(2丁拳銃)シュースケ先生との今生の別れであった。夢からさめ、頬を涙が幾筋も流れ落ちているのがわかったが、ぬぐう必要などこれっぽっちもなかった。

c0109850_937185.jpg

 第一水曜日のスズキクンニオやキムラシカンボも失地回復醤油も眼中になかった。ただただ、ノムラ(2丁拳銃)シュースケ先生に会いたかった。会って、叱られたかった。事情を察した虹子はミニチュア・セントバーナードのポルコロッソを抱き、吾輩に菩薩様のような眼差しを注いでいる。 まことに、不立文字、一期一会式イチゴ1a号パフェなノムラ(2丁拳銃)シュースケ世界の吾輩であった。

c0109850_9375821.jpg

 下衆外道ロードのど真ん中、センターライン上で、勘ちがい履きちがい基地外の岡本かの子が『母子叙情』満載に「人生は悟るのが目的ではないのです。生きるのです。人間は動物ですから。」と大陰唇をびらびらさせながら大股開きでほざいているのが見えた。
 なにをぬかしやがる。調子っぱずれ、倫っぱずれ、大股開きのポンコツボンクラヘッポコスカタンなんぞには郵便局の道行きさえ聞きたくもない。ポンチ絵書きのポンコツ女房は物静かに退場しやがれてんだ。

 うたたねはかくもティアドロップである。
 
by enzo_morinari | 2013-05-30 09:38 | うたたねの記憶 | Trackback | Comments(0)

うたたねの記憶(第2回)

c0109850_4505836.jpg

 生クリーム博士と醤油の致死量に関するワイルドダゼー報告
「こんどは生クリーム飲んじゃうからね。醤油どころじゃないからね。生クリームなんだから、どんどんどんどん飲んじゃうんだからね」と虹子が言ったとたんに猛烈な眠気に襲われ、その場に寝ころんだ。そして、夢をみた。夢の中で私は世界有数の生クリーム博士だった。「生クリーム」に関することならなんでもこい状態である。

「醤油の致死量」に関するワイルドダゼー報告を読みすすみながら、醤油瓶を両前足で捧げ持ち、ゴクゴク音を立てて醤油を飲み干す虹子象の尻尾を引っ張った。虹子象はふりむくと立てつづけに42回ウィンクし、鼻先を私に向けてものすごい勢いで生クリームを噴射した。その量と言ったら北島三郎の鼻の穴10000000000000個分はくだらなかった。その証拠に生クリームだらけの手の甲をひと舐めふた舐めすると、思わず「ヨサク~♪ ヨサク~♪」と口から出た。背後からヤコブが全身を瘤で腫れ上がらせつつも、余裕で私の体についた生クリームを剥ぎ取り、自分の瘤に塗りたくりはじめた。それを天空からみていたヤハウェは「エリちゃん、エリちゃん。レマちゃんとは砂漠谷でなにして遊ぶの?」と叫び、「エリちゃん? エマちゃん? だれよ、それ」と尋ねた私に、ヒサコとキヨシとスミヒサとサトシとタマミとユリコとタクとゲンが8プラトン・アリストレス・バンカーバスターを喰らわしたところで目がさめた。まことに生乳仕立て計測不能な生クリーム世界の私であった。

 夢からさめ、虹子をみれば、泡立て器を盛大に振りまわしながら、「ホイップ! クリーム! ジャンプ!」のかけ声とともに生クリーム踊りの真っ最中である。一番弟子であるミニチュア・セントバーナードのポルコロッソは全身に生クリームを塗りたくられ、狂喜乱舞もいいところである。私はと言えば、虹子が次から次へと作りだすホイップクリームだけでできたホイップクリーム・ケーキを堪能し、血糖値急上昇であった。

 うたたねはかくもディアベーテ・シュクレのごとくにクレム・ド・スクレである。
 
by enzo_morinari | 2012-12-05 05:00 | うたたねの記憶 | Trackback | Comments(3)

うたたねの記憶(第1回)

c0109850_74654.jpg

 ひとかけらの呵責も葛藤もなく「乞食」とほざく鈍感無神経な生ゴミ馬鹿女の対極にあるエラ・フィッツジェラルドとウィントン・マルサリスとクリス・ボッティの『Someone to Watch Over Me』をかわるがわる聴きながら食した自作自演の「焦がした明石鮹のロココ唐辛子のアイオリソースとペルー産紫芋と緑豆のスプラウトのサラダ及びジンジベール・カッスムナールのガストリック添え」の影響でオーバードーズ気味の蒸しパン博士とネグレクト世界と関敬六と踊る西洋の知のパラダイム

「焦がした明石鮹のロココ唐辛子のアイオリソースとペルー産紫芋と緑豆のスプラウトのサラダ及びジンジベール・カッスムナールのガストリック添え」をカレーにスルーなS&Bアーンド紀尾井町急坂ハウス・マヌカン食品のためにディベルティメントした翌朝、「あたくし、蒸しパンなのよね、ほんとうは」と虹子が言ったとたんに猛烈な眠気に襲われ、その場に寝ころんだ。そして、夢をみた。夢の中で吾輩は世界有数の蒸しパン博士だった。[蒸しパン]に関することならなんでもこい状態である。

c0109850_1716501.jpg

「無視はイジメとおなじです」とかほざくボンクラのロバのパン屋小倅の小僧っこ教師に、「蒸しパンはイジメパンかね? 蒸し焼きはイジメ焼きかね? 虫眼鏡はイジメ眼鏡かね? 明治乳業は雪印乳業を虐めていないのかね? ど? どーなの? どーなのよ」とわざと&戦略的にボケてやり、TOKYO ELECTRICAL EEL PARADE用に開発した「電気うなぎパン」を竹末駒吉と石上寿夫の積年の怨讐をめぐるビタミンパン連鎖店本部の暗躍によって台無しにされたことは水に流したものの、

c0109850_17185426.jpg
c0109850_18104274.jpg

「蒸しパン博士さん! ふざけるのもいいかげんにしてくださっい! みなさん! このひとはヘンなひとですから無視してください!」といっぱいいっぱいで叫んだボンクラのロバのパン屋小倅の小僧っこ教師が、「先生、それってイジメじゃね?」と青っ洟垂らしたハタ坊にイジメフラグ立てられ、一段高い教壇からスゴスゴ撤退させたかと思えば、

c0109850_1719342.jpg

 まさに岩石を砕かんとする関敬六に「ムッシュ・ムラムラよ、つまらないからヤメロニャロメレレレのレーゾンデートルメキアクシャナ」といい、「私は舌の畑におりますから、いつでも明るい味蕾についておしゃべりしにきてください。私はそういうみのもんたになりたい」と、注文の多い料理店の不眠不休無給で天壌無窮のストラディバリウス製チェロを弾く性器の大魔羅術師、セロ野郎の耳元に「うなじにザザ蒸しパンが生えてるよ」と息吹きかけつつささやいて手元狂わせ、

 もってこれまた、セロ野郎のメディア露出の機会、芽を摘み取って世界を[まともな側]に引き戻した吾輩は、パックス・アメリカーナとパックス・シノワとパックス・ジャポネーに完全無欠に尻を向けつつ、クラウゼヴィッツ風[蒸しパン戦争論]と、レフ・トルストイの鬱陶しいヒゲ風[戦争とピンフ]のダマテン蒸しパン作戦には目もくれず、

c0109850_17232887.jpg

 つまりは無視黙殺してラスプーチンにムシューダ30年分付け合せた挙げ句にネヴァ川に叩き込み、巴里シャンゼリゼー通り東側の虫干し世界の天井料理店、リストランテ・テヅカオサムシの並びにしょんぼりとたたずむ無名夢想無理難題なビストロ食堂、「ムシパン・ド・ラ・ルパン」に威風堂々の凱旋を果たしたところで目がさめた。まことに、関連長文、容貌魁偉な蒸しパン世界の吾輩であった。

 夢からさめると虹子がムッシュムラムラムッシュムラムラと巨大な蒸しパンにホイップクリームを塗りたくり、「ホイップ! クリーム! ジャンプ!」と肥かけ格闘していた。名もなき巨大蒸しパンに騎乗位したり、机上の空論かましたり、気象予報士気取ったり、起承転結ダンス教本を箪笥にしまったりする虹子はすごく幸せそうだった。

 うたたねはかくもダンスダンスなムッシュムラムラである。
 
by enzo_morinari | 2012-12-04 17:30 | うたたねの記憶 | Trackback | Comments(0)