人気ブログランキング |

カテゴリ:マルセル・デュシャン時間のあとで( 1 )

マルセル・デュシャン時間のあとで

c0109850_15320752.jpg
c0109850_15322178.jpg


死ぬのはいつも他人ばかりである。M-D


高畑勲を野辺送りした帰り道、蝟集するアンドレブルトン・フィッシュの群れに導かれてカウンター・ジブリの森に迷いこんだ。アンドレブルトン・フィッシュの群れは全魚燕尾服に山高帽、エボナイト棒ステッキを持っていた。ときどき、エボナイト棒ステッキを振りまわして石と氷晶としてのマグリット世界を叩きこわしていた。

カウンター・ジブリの森の北のはずれには散乱発情する色彩祭中の天命反転ハウスが異様な威容を屹立させていた。問題は松本伊代の巨像虚像が宇宙を支える巨象に乗って聳えていることだ。激烈な尿意に襲われた。天命反転ハウス42階の加納典明雪隠に駆けこんだ。

ジョン・ケージの『4分33秒』が大音量で流れる天命反転ハウス42階の加納典明雪隠の泉/ジャン・ド・ラ・フォンテーヌで排尿しているとき、遠い太鼓と泡の弾ける音の中間の方向から神の叡智は創造の業の中に現れているという声が聞こえてきた。その声はイヴ・モンタンが『Le temps des cerises』を歌う声にそっくりだった。

白い陶器でできたつるりとした天命反転ハウスの加納典明雪隠にある泉/ジャン・ド・ラ・フォンテーヌには、左右に「Tous les chemins mènent à Rome.」と「Tirer les marrons du feu avec la patte du chat」と記されている。

1917年以来、行方不明になっているマルセル・デュシャンの自然現象のための創造物、泉/ジャン・ド・ラ・フォンテーヌのオリジナルだ。ジョシュ・ウェイツキンがボビー・フィッシャーを破るための究極のチェックメイト用に探しているオリジナル。


John Cage's 4'33"
 
by enzo_morinari | 2018-10-02 16:25 | マルセル・デュシャン時間のあとで | Trackback | Comments(0)