人気ブログランキング |

カテゴリ:グレープフルーツ・ムーンの夜( 2 )

グレープフルーツ・ムーンの夜 ── 世界中の誇り高き酔いどれとヴァガボンド・シューズを履く者とかわいそうなレイン・ドッグどものために ♯002

c0109850_04163735.jpg


ピアノを弾き、歌い、グレープフルーツ・ムーンを見上げながらムーン・マンは思いだしていた。2度と取りもどすことのできない日々の出来事を。

2007年秋、ムーン・マンは六本木ヒルズけやき坂の麓で2人の若者と酒を酌み交わしていた。月が出ていたらよかったのだが、生憎、当日は雨模様の天気だった。ムーン・マンは急遽グレープフルーツをひとつ買い、週末のお祭りさわぎのような人々が行きかうけやき坂麓に向かった。3人そろったところでムーン・マンは厳かに宣言した。

「われわれは今夜、本物の月を見る。愛でる。これがそれだ」

ムーン・マンは若者のうちの1人、バラク・フセイン・オバマ似の演説青年、スミス少年が用意した段ボール箱の上にグレープフルーツを厳かに置いた。秋の霧のような雨を受けて大丸ピーコックで買った1個158円のグレープフルーツは馥郁として神々しく輝いた。3人は飲み、語り、酔いどれ、生涯にわたって変わることなき友情を誓った。道行く狂おしいような大衆どもは哀れみと偽装善人微笑を漂わせながら、うすっぺらきわまりもない週末の夜の東京の闇に消えていった。

ムーン・マンは思った。イマ、ココ。明日は知らぬ。昨日も知らぬ。このたったいま、この「きょうの日」を、我々は煩わしく疎ましく狭量なあらゆることどもには眼もくれず、おかまいもなしに、笑い、泣き、酔いどれ、そして、ときどきは思い出すんだろう。それでいい。それこそが、心ふるえる、何者にもなりかわりえない、何者にもゆずらぬ「おれの生」と知っているから。

ムーン・マンは2人の若者に言った。

また、いつか、どこかで。われらがグレープフルーツ・ムーンは「いつか」と「どこか」のいずれもに、あらわにあからさまに、鋭く深く確実に、そして、馥郁煌々と上がっている。グレープフルーツ・ムーンは高く遠く、静かに私たちを照らしている。見上げろ。

ムーン・マンの奏でる曲は『ムーンライト・セレナーデ』にかわった。クロージング・タイムまであと4時間36分。

by enzo_morinari | 2018-03-31 04:22 | グレープフルーツ・ムーンの夜 | Trackback | Comments(0)

グレープフルーツ・ムーンの夜 ── 世界中の誇り高き酔いどれとヴァガボンド・シューズを履く者とかわいそうなレイン・ドッグどものために #001

c0109850_20174822.jpg

トム・トラバーツとはだれか?

猛烈な夕立ちでマーキングが跡形もなく洗い流されて寝倉に帰れなくなったレイン・ドッグどもが街のあちこちで低いうなり声をあげる心ふるえる夜だった。

日付がかわると同時に黒いタイツ上下に身を包み、三日月形のマスクをかぶった男はやってきた。

「おれはムーン・マン。だれかおれと一緒に毛布1枚で放浪の旅をしないか?」

誇り高き酔いどれたちが夜毎集まるMoon Bar グレープフルーツ・ムーンに入ってくるなりムーン・マンは言った。酔いどれたちのだれもが知らんぷりを決めこんだ。当然のことだ。黒いタイツに身をつつんで三日月形のマスクをかぶった怪しい奴に放浪の旅に誘われてまともに相手にする者など世界で1番世知辛くて計算高くて臆病姑息な住人が大半を占めるこの街にはただの1人もいない。しかも、毛布1枚の放浪の旅なんて。

「いるわけないよな。この街にはワルチング・マチルダするような勇気のある変わり者は。おれがバカだった」

言い終えると、ムーン・マンは窓際にある古ぼけたディアパソンのアップライト・ピアノの鍵盤蓋をあけた。

ひととおり椅子の座り心地やら鍵盤のタッチの具合やらペダルの調子やらをチェックしてから、ムーン・マンはすっかり雨のあがった夜の空を窓越しにしばらく眺めていた。空には芳醇馥郁として煌々たる輝きを放つグレープフルーツ・ムーンがのぼっている。

ムーン・マンはしばし眼を閉じ、なにごとかつぶやく。「世界中の誇り高き酔いどれとヴァガボンド・シューズを履く者とかわいそうなレイン・ドッグどものために」と腐っていないほうの世界に向かって宣言したあとにムーン・マンが弾きはじめたのはトーマス・アラン・ウェイツの『グレープフルーツ・ムーン』だった。そして、「月に吠えるんだ。レイン・ドッグども」とひと際大きな声で叫んでから、ひどく嗄れた声で囁くように歌いだした。

グレープフルーツ・ムーンと光る星がひとつ おれを照らしてる ──。

生涯忘れえぬグレープフルーツ・ムーンの夜の始まりだった。クロージング・タイムまであと4時間46分。

by enzo_morinari | 2018-03-29 20:44 | グレープフルーツ・ムーンの夜 | Trackback | Comments(0)