人気ブログランキング |

カテゴリ:記号の都市から記憶の森へ( 2 )

分業あるいは転がる意志のある石、スカボローの蚤の市の帰り道に出会った夢の中で出会うはずの不思議な女の子

c0109850_01594076.jpg


スカボローの蚤の市に行ったら
キャンブリック地のシャツを作るように伝えてくれないか?
パセリにセージにローズマリーにタイム。
縫い目も細かい針仕事もなしで。
そうしたら彼女は私の恋人になる。

スカボローの蚤の市に行ったら
涸れた井戸で縫い目のないシャツを洗うように伝えてくれないか?
パセリにセージにローズマリーにタイム。
そこは水も湧かなければ雨も降らない土地だ。
そうしたら彼女は私の恋人になる。
P-S/A-G/Passed Away Person


スカボローの蚤の市の帰り道に、夢の中で出会うはずの不思議な女の子に出会った。夢の中で出会うはずの不思議な女の子は美しい亜麻色の髪にパセリとセージとローズマリーとタイムで編んだ髪飾りをつけていた。

「あなたが縫い目のないシャツをひと粒の雨も降らない土地の涸れた井戸で洗うことができたら、わたしはあなたの恋人になるわ。そして、千年の間貞節をつくします。でも、割り算と引き算はきらい。1×3=4200000よ。この世界からチューレットとハイチュウとチョコレートと夕張メロンと富良野メロンが消滅してもね」

女の子は言うと髪飾りからタイムのひと枝を抜き取って私に差しだした。私はタイムの小枝を受け取り、胸ポケットに挿してから拳で3回心臓のあたりを叩いた。凍りついたアルマジロの背中にSlazengerのWimbledon Grand Slam All Court Ballをぶつけたのとおなじ音がした。

「問題は、縫い目のないシャツが手元になくて、おまけに涸れた井戸がどこにあるかわからないってことだ。それと、1×3はいついかなるときにも3だ。天地が裂け、空からターラーが降ってきてもね」

私が言うと女の子は少し間を置いてから透きとおるような声で答えた。

「縫い目のないシャツはわたしがつくるから、井戸はあなたがみつけて。1×3は30か4200000よ。シマーサがきれいごとを口にしなくなってリアルに目を向けるようになってもね。妖怪ありがとうは魔法婆あがインチキマヤカシを止めてもね」

このことから私は「分業」の大切さを学んだ。しかし、縫い目のないシャツはいまだに完成していないし、ひと粒の雨も降らない土地にあるという涸れた井戸もみつかっていない。夢の中で出会うはずの不思議な女の子は朝から晩まで縫い目のないシャツのためのキャンブリックの生地のロールの前でチューレットとハイチュウとレオニダスのチョコレートと夕張メロンと富良野メロンを同時に食べながら算数のドリルをやっている。足し算のところだけ。割り算と引き算と掛け算には手をつけない。

それでも、いつかは縫い目のないシャツは完成するはずだし、ひと粒の雨も降らない土地にあるという涸れた井戸もみつかるにちがいないし、夢の中で出会うはずの不思議な女の子は1×3=3であることに気づくはずだ。明日やればいいことを今日やらないだけだ。
c0109850_02000743.jpg


われわれはいかなる石になるべきか?
自ら転がる意志のある石となるか。あるいは自己の体系なき他者の体系の奴隷であるところの意志薄弱乃至は石野卓球御用達の意志の脱臼石となってノー・グルーヴィー&ノー・クルージン&ノー・ブルージーな日々を生きるか。次の石の中から選ぶのが手っ取り早いと思量する。石野真子も同意見だ。石部金吉を先祖に持ち、滅多なことでは笑わず、払わず、助けない私が言うのであるから頭を大木金太郎くらい大きくして、ついでにヘッドバットでホームランかっ飛ばして、信じなさい。

01.シャンポリオンもびっくりの歩行するロゼッタ・ストーン

02.冥王星までにも達するような「宇宙を支配する巨大な意志の力」が宿る不倒不変のモノリス

03.ウルルとカタジュタが束になってもかなわないチャヌンパのファイア・ボウル

04.もののけ姫の首に巻かれる不撓不屈のピエール・ターコイズ・ラピスラズリ

05.房総半島をひと飲みしてしまう規模の暴走イエローストーン(国立。「やっぱり山は立山だよにゃー」ヴァージョンもしくは「館山の駅前交番のおまわりは不親切だよにゃー。無札乗車くらいで目くじら立てんなよ。館山ホエールズのライトで8番が泣くぜ」ヴァージョン)

06.カンテレを奏でるワイナミョイネンの横で不貞寝するカレワラ・カーリング・ストーネ

07.ペトログリフ/ヒエログリフ兄弟愛用のルーン・ナポリタン・マスティフ・ストーン

08.ブリテン市ソールズベリー大通り42番地にある声をかけてもろくに返事もしないような輩どもばかりが集積した不思議石愛好会の全国組織ストーン・サークル・ユニオン本部本館ヘンジ棟の礎石

09.マイルス・デイヴィスが鳥の饒舌に対抗して敷設した里程標、「帝王の沈黙の石」

10.二擦り三擦りすると充血して青筋が立ってどっくんどっくんになっちゃってアレアレモーモーにしてくれるカトリシンゴナイト・エボナイト

11.アヒェヒェ・ホカヘー・ヤタヘェ・タリホー・ストン

12.「”石”はディネの男たちの言葉でなんというか?」を尋ねられたホピ族の長老は「炎の中心に立て」とだけ言ってローリング・ストーンズの『コンフリクト・コンクリメント・フリーズドライ・ブルース』を歌いはじめたので固まってしまったストーン・ヘッド

13.ニューエイジ・ピープルの信奉を集めるガネガネ・ウソッパチマヤカシインチキ・セドナ・ストーン

14.石工同盟(フリーメーソン)石岡支部の石和温泉慰安旅行の際の名物余興「ピアッシングの儀式」で使用されるディラックの海石

15.ボブ・ディラン+ジョーン・バエズ+ ママス&パパスにのけ者にされて怒りのあまり化石になっちゃった42PPMの濃度ピーターボールアンドマリッジ・ストーン

16.石原伸晃の腎臓結石(学名:ナマポ・ストーン。生保石または生命保険石。石原慎太郎の胆石の付属品)

17.原爆級の破壊力を持つと言われる大木金太郎石(キムチ色)

18.九州地方の伝統郷土料理ボボ・ブラ汁を調理する際に器の中に投げ込まれる真っ赤に灼けたデトックス・ストーン

19.縫い目のないシャツをひと粒たりとも雨の降らない土地の涸れた井戸で洗うことに精を出すスカボロー・フェア・ストーンに恋するパセリセージローズマリー&タイムが主食の石をみつめる女の子の心の中で生まれるヒマラヤ矢車菊色をしたブルーサファイア

20.2番目のオールマイティ・マンにつづく3番目の夜歩く者が歩きはじめて1分7秒あたりで輪廻転生するときに用いるマットンヤ・ユミーン・リインカネーション・ストーン

21.ギガサイズのブルーマリーン・セイルフィッシュにもキリマンジャロのダイアモンド・ダストにも誰のためにでもなく自分のためだけに鳴り響く鐘にも視えない自由を撃ち抜くための視えない銃が保管されている武器庫に別れを告げるジーン・パチェットにもなれるヘミングウェイ・ストーン

22.天下御免の疫病神輿石

23.戦国大名の使いっ走り足軽三十八人衆の38番目だったピース缶ボム・ケースの真犯人千石38

24.スナドリネコさんがコレクションしているしまっちゃうおじさん石



Scarborough Fair(スカボロー・フェア) - Simon & Garfunkel (1966)
 
by enzo_morinari | 2018-09-15 02:29 | 記号の都市から記憶の森へ | Trackback | Comments(0)

記号の都市から記憶の森へ 記憶番号000・死んで四大に還ること

 
c0109850_16355137.jpg

 
死んで四大に還って集合的な存在に一旦融解するとすれば、輪廻転生を繰り返す場所もこの世のここでなければならぬという法はなかった。MSM19701125


記号の都市を出奔する。また会うこともない青い山が遠ざかり、後ろ姿が時雨れゆくのにもかまわず、蜩がうるさいほどに鳴きしきる記憶の森に分け入って半日ばかりもさまよい歩くと鏡のように凪いだ海に出る。

Mare Fecunditatis. 豊饒の海。時間の彼方に朧々と揺曳するものと空間の彼方に燦然と存在するものの翳のいくつかが、時折まばゆい光跡を曳航しながら気高く赫奕とした閃光を放つ。その光は栄光がときに苦いものであることの証明であり、命をつらぬく矢でもある。

激烈な憤怒の果てに生/死と清/濁と聖/俗と善/悪と美/醜をもろともに喰らう気分で豊饒の海の入江のひとつに足を滑りこませる。しばし、豊饒の海のぬるい水塊を身体の隅々にいきわたらせてから泳ぎはじめる。どこまで/いつまで泳ぐのかは判然としない。

豊饒の海を泳ぎきったと見切りをつけて視線を上げる。目がつぶれるほどの群青あるいは紺碧をたたえた空が広がっている。

海はと言えば、ひとしずくの墨を垂らしたような幽けき波紋が際限もなく生起消滅している。

ここは豊饒の海ではない。豊饒の海とはちがう。セイレーンがやむことなく子守唄を歌う沈黙の海か? それともちがう。

記憶もなければなにもないところに来てしまったのは確かだが、記憶もなければなにもないところに来てしまったと思う先には、四大が渾然として寂静を醸す、元いた記憶の森の入口が大きな闇口をあけていた。

あすの朝には忘却の湖へ足をのばすことになる。しばしの休息をとらなければならない。


記憶の森の蜩どもの声の雨
 
by enzo_morinari | 2014-06-14 16:36 | 記号の都市から記憶の森へ | Trackback | Comments(0)