人気ブログランキング |

カテゴリ:ハルキゴンチチ・デイズ( 3 )

ハルキゴンチチ・デイズ外伝#1 横浜本牧シーメンス・クラブにおける「恋の終わりかた」

 
ハルキゴンチチ・デイズ外伝#1 横浜本牧シーメンス・クラブにおける「恋の終わりかた」_c0109850_18534635.png



本牧埠頭の付根にある船員相手のバーレストラン、シーメンス・クラブの窓際のテーブルで、ひとつの恋が終わろうとしていた。恋が終わるに至る詳しい事情はわからない。恋が終わるにあたっては実にさまざまな出来事やら事情やら偶然やら必然やら風向きやらが介在し、そこには、他者には決してうかがい知ることのできない深い「闇」が広がっている。

水道代が原因で終わった恋さえある。私の22歳のときの恋だ。大貫妙子の「さ行」の発音をめぐる議論から泡と消えた恋だってある。これも私だ。「欧米化問題」によって危機に瀕した恋もある。これは私と虹子だ。タカトシには厳重に抗議したいが、この件はまた別の機会に譲る。

暗く湿った谷底を這うように進んだり、灼熱の砂漠を横切ったり、静寂が支配する深い森をさまよったり、色々だ。それでもなお、成就する恋もあれば、成就しない恋もある。シーメンス・クラブで終わろうとしていた恋は成就しないほうの恋である。

ハルキゴンチチ・デイズ外伝#1 横浜本牧シーメンス・クラブにおける「恋の終わりかた」_c0109850_18545239.jpg

「じゃ、そういうことで。」とは言った。

ハルキゴンチチ・デイズ外伝#1 横浜本牧シーメンス・クラブにおける「恋の終わりかた」_c0109850_1852196.jpg

「じゃ、そういうことで。」とは答えた。

ハルキゴンチチ・デイズ外伝#1 横浜本牧シーメンス・クラブにおける「恋の終わりかた」_c0109850_18555625.jpg

前の週の土曜の夜。はやはりシーメンス・クラブの窓際のテーブルにいた。

「エディットに身を捧げたいの」とはまっすぐにを見て言った。「いつものフランスかぶれか」とが思っていたら、彼女は本気だった。飯田橋のフランス語学校に通いだし、肉体改造を始めていた。3歳からつづけていたクラシック・バレエは芽が出ないうちに彼女は30歳になろうとしていた。所属するバレエ団からいつ肩をたたかれてもおかしくない状況に彼女が置かれていることは薄々感じていた。日々の暮らしの端々に彼女の焦りがにじんでいた。それはにしたところでおなじだった。

なんのためらいもなく旅立とうとしている彼女がは憎かった。二人の未来より自分の夢を選んだ女。との二度目の冬だった。

幸福な恋を妨げるのはいつも別のかたちの幸福だ。パリに向かう彼女を見送った翌日、雪が降った。粉雪だった。明け方から降りつづいていた雪が視界を奪う。

白濁するスクリーンの向こう側で、エディット・ピアフがいっさいの装飾を排除してなお、それでも輝きを放つ凄絶なパフォーマンスを繰り広げていた。エディット・ピアフの歌う歌の一節一節が揺るぎなき意志の力によって完璧にコントロールされていた。取りつく島のない歌唱だった。その脇でもまた迷いなく歌っていた。まさしくピアフに身を捧げつくしているように見えた。

「やったな、。おまえは確かに夢を実現したんだ」とは思った。多くの人々に気持を削り取られながら、は思い出していた。の迷いのないところがおれは好きだったのだと。好きなあいだは好きでいつづければいい。好きでもないのに好きであろうとすることくらい不毛なことはない。いつか好きだったことを忘れたとしても、そして、そのことを悲しめなくなったとしても、なにひとつまちがってはいない。それが恋の終わりなのか、失恋の終わりなのか。どちらでもかまわないとは思う。

いまでも横浜にはごくたまにしか粉雪は降らないが、にはそれでじゅうぶんだった。あの白いスクリーンに彼女の姿がプレイバックされるのはたまにでいい。

このようにして、伝説のビリヤード台と伝説の歌姫の恋は終わった。恋は終わったが厄介ごとが待ちかまえていた。の子を宿していたからだ。結局、の子を産んだ。その子こそが私だ。
 
by enzo_morinari | 2013-06-18 18:59 | ハルキゴンチチ・デイズ | Trackback | Comments(0)

ハルキゴンチチ・デイズ#6 6.21事件の犬

 
ハルキゴンチチ・デイズ#6 6.21事件の犬_c0109850_8203110.jpg

 
 おまえたちが生まれるずっと前に、おれは世界が洪水になっちまうくらいの涙を流してきた。そのことを教えてやる。 E-M-M

2013年6月21日土曜日、糸居五郎を軽々と超えるラヂオをやる。台本なし、規制なし、おべんちゃらきれいごとおためごかしなし。番組表題は、『最初で最後の、エンゾとガジンの”おまいら、一回死んどけ”』だ。いまから、聴けるように準備万端しておくがいい。あしたから『最初で最後の、エンゾとガジンの”おまいら、一回死んどけ”』で「ねとらじ」で試験放送を流す。ずっと、リッチー・バイラークの『Sunday Song』を流す。流しつづける。耳が腐るほどに聴いておくがいい。おれたちは死ぬまで、くたばるまで「毎日が日曜日」だ。(Opened BooK)
 
by enzo_morinari | 2013-06-17 01:58 | ハルキゴンチチ・デイズ | Trackback | Comments(0)

ハルキゴンチチ・デイズ#5 日曜日のうた、光のうた

 
ハルキゴンチチ・デイズ#5 日曜日のうた、光のうた_c0109850_1736658.jpg


雨上がりの日曜の世界が光匂い満ちてあるように。 E-M-M


正確に35年ぶりにリッチー・バイラークのピアノ・ソロ作品、『Hubris』を聴いた。1曲目、『Sunday Song』がしみた。とてもしみた。
『Hubris』を手に入れたのはキース・ジャレットをはじめとするECMレーベルの音源をすべて集めようとしているさなかだった。

生まれて間もない嬰児をかき抱くように『Hubris』を抱いて帰った。部屋に着くなり、アンプリファイアーに灯をいれ、DENON DL-103の針先をメンテナンスし、厳粛な儀式に臨むような気分で『Hubris』の汚れのない盤面に針を落とした。1曲目、Sunday Song. かすかなスクラッチ・ノイズのあとに、透明で悲しみさえたたえたピアノの音が聴こえはじめた。

一ヶ所、なんの前触れもなく転調するところでは心が軋み、揺れた。ミニマルとも思えるような主旋律が繰り返される。そのメロディは心の奥深くまで染みこんでくる。染みこみ、静かに、とても静かに揺らす。揺さぶる。揺りかごの中で揺れているようにも思える。母親の白く細い腕と手さえみえるようだ。なぜか涙があふれた。涙は次から次へ、はらはらといくらでも出た。

Sunday Song. 5分24秒の悲しみ。3度目の「5分24秒の悲しみ」が終わろうとするときに電話が鳴った。

「OとTが死んだ。コンテナに突っ込んだ。即死だ。本牧で。本牧埠頭で」

電話の主はうめくように言った。必死に涙をこらえているのがわかった。1978年6月16日金曜日の夕方、雨上がりだった。雨は前の週から1週間も降りつづいていた。

電話をきり、再び、『Sunday Song』、「5分24秒の悲しみ」に針を落とした。そして、繰り返し聴いた。『Sunday Song』が葬送の曲のように聴こえた。早すぎ、惨すぎる死を迎えた二人の友の底抜けの笑顔が浮かんでは消えた。

「いきなり転調しやがって。”革命的な死” ”英雄の死”ってのはこのことかよ。へたくそなポロネーズだ。愚か者めが」

何度目の『Sunday Song』だったか。部屋の中が急に光に満たされた。あたたかくやさしくやわらかな光だった。幾筋もの光の束がまわりで舞っていた。純白の睡蓮の花弁からこぼれでるおぼろげな光。その光の束はジヴェルニーからやってきた淡く儚くおぼろな光だった。

やがて光の束は窓を抜け、晴れ上がった世界のただ中へ帰っていった。それは死んだ友の葬列ともみえた。そして、『Sunday Song』を、『Hubris』を封印した。二人の友の思い出とともに。

35年が経った。もうそろそろ封印をとこう。彼らについて語るときがきたのだ。たとえそれが他者にはどうでもいいようなことであっても、私にはかけがえのない時間、世界、言葉を孕んでいるのだから。彼らを思い、彼らの笑顔を思い、彼らの言葉を思って語りはじめよう。そして、雨上がりの日曜には『Sunday Song』を繰り返し聴くことにしよう。雨上がりの日曜の世界が光匂い満ちてあるように。(Closed BooK)

Sunday Song - Richie Beirach
 
by enzo_morinari | 2013-06-16 17:37 | ハルキゴンチチ・デイズ | Trackback | Comments(0)