人気ブログランキング |

カテゴリ:ガラパゴス・ガール( 1 )

ガラパゴス・ガールが抱える「場所」に関するいくつかの問題と解答

c0109850_14373580.jpg


ここじゃない。そこでもない。あそこではもちろんない。ではどこだ? 答えはすでに用意されている。ここでもそこでもあそこでもない「どこでもない場所」だ。Enzo Molinari


1970年2月13日の金曜日、黒い安息日/血まみれの安息日、夢の湖、ローモンド湖のほとりで巨大なブラック・サバスを釣りあげたときにガラパゴス・ガールは巨神兵のようなふぜいで現れた。

ガラパゴス・ガールは「場所」の問題をいくつか抱えていた。ガラパゴス・ガールは青く冷徹な一閃に切り取られた廃墟一歩手前の渋谷唐沢ビルヂングの茫漠とした一室で考える。

「ここ? ここでいいの? ここがいいの? そこ? どこ? どこがいいの?」

ここじゃない。そこでもない。あそこではもちろんない。ではどこだ? 答えはすでに用意されている。ここでもそこでもあそこでもない「どこでもない場所」だ。「どこでもない場所」はドナルド・バードの奇跡の一手、「王の真っ直ぐな閃き」の裏側にある。「王の真っ直ぐな閃き」はたしかにあるのだが、そこにたどり着くためには次の問題を解釈し、解読し、くぐり抜けなければならない。「時間」の問題はそののちにやってくる。「いつでもない時間」の問題は。

1. イゴール・ゴンザレス・ガルディアーノが風除けの役回りに徹する強い南風が吹きつける七里ガ浜駐車場レフト・サイドで「Festina Lente!」と42回叫ぶ。

2. イグドラシルに連れ去られ隠蔽されたイーヴァ・マリー・キャシディが一日のうちに数時間だけ姿を現す「神宮外苑の青山通りから12本目の銀杏の樹の下のベンチ」の右側に座り、移動祝祭日当日、アインシュタイン・メランコリーによってチェレンコフ・ブルーに変色し、エントロピー無限大を内包したイマチュアの腐乱死体の土手っ腹に50年もののVINTAGE D'ANTONIOのハイヒールの踵を42回、一心不乱に打ちつける。

3. 良心的な修繕屋による補修と補強を待つ「世界の天井」から漏れ落ちる雨粒とデルタ係数を冷厳冷徹にカウントし、『風の歌』を情熱的にジョコンダする。

4. シシリアーノの第3主題【ルチアーノとカンノーリの半音階的転調および大フーガ〈そして衣裾をたくし上げ、城壁のカテリーナ・スフォルツァは叫ぶ〉】をリパッティ風に奏でながらサモトラケのニケの声色を真似て「抱擁。」とつぶやく。

5. ブラインド越しにふやけた陽の光が射しこむエマヌエル・カントが不寝番をしていそうな殺風景なアトリエで、階段の途中の煉瓦色の壁にアナーキーなグラフィティをバスキア・リキテンスタイン・テリーユムラ・キースヘリング・バンクシーばりに描く。

これによって、ガラパゴス・ガールの前には無防備に欲情した青い自転車に乗る青いハートを持つ男が『カフェ・ブリュ』を口ずさみながら颯爽と出現し、彼女を青き清浄の地、プロミス・ランド、「本当の場所/SUPER LOVE」へと導くはずだ。2000トンの雨の禊まで、正確に177日と4時間42分。

c0109850_14372417.jpg
1984, South Bronx, NY. Graffiti Days in US. Enzo Molinari.

Black Sabbath - War Pigs
 
by enzo_morinari | 2018-10-14 14:41 | ガラパゴス・ガール | Trackback | Comments(0)