人気ブログランキング |

カテゴリ:もうじき、お陀仏だ。( 1 )

もうじき、お陀仏だ。/あれは幻の風船ガムだったのか?

 
もうじき、お陀仏だ。/あれは幻の風船ガムだったのか?_c0109850_04212609.jpg
もうじき、お陀仏だ。/あれは幻の風船ガムだったのか?_c0109850_04213524.jpg
もうじき、お陀仏だ。/あれは幻の風船ガムだったのか?_c0109850_04223428.jpg
もうじき、お陀仏だ。/あれは幻の風船ガムだったのか?_c0109850_04221015.jpg
もうじき、お陀仏だ。/あれは幻の風船ガムだったのか?_c0109850_04294619.jpg
もうじき、お陀仏だ。/あれは幻の風船ガムだったのか?_c0109850_04220039.jpg

バナナではない。セックスではない。コケットリーにコケるとコックに響くこともある。Enzo Molinari

踊るアフォに見るアフォ。おなじアフォなら踊らにゃ損々。Bro. A-HORN

Oly Oly Oly Oh! Yely Yely Yely Yeah!
The Up. Town TOKIO, Slummin' Night!
Bro. KORN

足りない頭なら知恵を盗みゃいい。帳尻合わすならウソも必要さ。Bro. KORN

Code Scavenger. 密輸取り締まりのための税関長も腐肉をあさるハイエナやハゲタカも片っ端から資料をあさる学生と下っ端研究者もWaste Pickerも必要だ。ドブさらいはだれかがやらなければならない。Enzo Molinari

リオデジャネイロのファヴェーラ。マニラのスモーキー・マウンテン。ジャカルタの高速道路下のシャンティ・タウン。部外者の生存時間15秒の南ア・ヨハネスブルグのポンテ・シティ・アパートメント。みんなサイコーの遊び場で死に場所だ。Enzo Molinari


かつて、泡劇場の最終幕の最中に風船ガム兄弟という上っ面で上っ調子であさはかでギョーカイ人づら好きの二人組の起こす泡風が瞬間風速100mで吹き荒れた。いくぶんかのFunky&Funnyさには好感が持てた。

Da Bubblegum BrothersのWon't Be Long. その季節のテーマ曲にした。泡の時代、泡劇場で抱えこんだ負の遺産をやりすごし、しのぎ、かいくぐるための風を吹きこんでくれた。

朝から晩まで、Won't Be Longを繰り返し聴きながら、命まではとられまいと腹をくくり、もうじき、お陀仏だ。お迎えはもうすぐだと覚悟を決めた。

あの日々からもう30年が経つ。O-Kay, Won't Be Long. もう、長かねえ。もう、いくらもねえ。もうじき、お陀仏だ。お迎えはもうすぐだ。そう思い、つぶやき、生きている。死ぬまで、いや、死んでもFunky&Funnyであるために。

Oly Oly Oly Oh! Yely Yely Yely Yeah!


Won't Be Long - Da Bubblegum Brothers (1990)
 
by enzo_morinari | 2019-11-23 19:10 | もうじき、お陀仏だ。 | Trackback | Comments(0)