人気ブログランキング |

カテゴリ:世界を焼きつくすトゥットイルポポロの火焔( 1 )

世界を焼きつくすトゥットイルポポロの火焔/ヴィルモス・アンドラース・ポガーニーが見た神々の黄昏

 
c0109850_21382757.jpg
c0109850_21385564.jpg
c0109850_21384184.jpg
c0109850_21392341.png

三浦丘陵第三紀層の海食崖の観測を終えて、小動岬の突端から稲村ガ崎と七里ガ浜の砂浜の消滅を定点観測した。ひとしきり、『ラインの黄金』を暗譜してからライブライフ・ラインを下った。

ニーベルングの指環を嵌め、カスパー・ハウザーの靴を履いて、吸血城の漆黒の寝室で眠る黒衣のエルゼベエトに会いにゆく道すがら、世界は深々と神々の黄昏に染まった。そして、世界を焼きつくすトゥットイルポポロの火焔を吐きだしながら滑空するワルキューレの騎行師団に出くわした。イガチキ帽子屋のハッター・ブラスターにメルキュール・ポワロネギを食べさせられ、リキュール・ウンシュウを飲まされたのがもとで3月うさぎになったヴィルモス・アンドラース・ポガーニーが惚けたように立ちつくしていた。ラグナロクでもない世界の終焉にはうってつけだった。

メディチ家が医学と製薬とスペルマ・ジェネレーションと撒き散らされしものとディアスポラと捕囚あるいは幽囚または虜囚とネグリチュードと海栗と明礬と斑蟹と罷免と座面と挫滅を生み、ボルジア家が優雅なる冷酷と巨大陰核実験と毒殺と暗殺を広めたのだ。実に世界はクリとリスとザメンと清里ミルクとカルピスとケフィアにまみれていることだ。


ワルキューレの騎行 (Richard Wagner/リヒャルト・ワグナー 祝祭劇 ニーベルングの指環第1日 Die Walküre. Act 3. Scene 1. Hojotoho! Hojotoho!) *Apocalypse Now (地獄の黙示録) - Wiener Philharmoniker, Sir Georg Solti
 
by enzo_morinari | 2019-11-09 22:06 | 世界を焼きつくすトゥットイルポポロの火焔 | Trackback | Comments(0)