人気ブログランキング |

カテゴリ:魂の系譜( 1 )

魂の系譜 ── カルロス・カスタネダ、アルタード・ステーツ、雪月花、山柿の門をくぐりぬけ、山上に立った。豊饒の海には直魂、荒魂、和魂、幸魂、奇魂が浮かび、鎌田東二がふんどし一丁で真言ロックしていた。

 
c0109850_23181955.jpg
c0109850_23182730.jpg
c0109850_23183747.jpg
c0109850_16413764.jpg

セルフ・ヘルプなんぞ、クソ喰らえ!

ウザルナや オワダのマサコは尽くるとも 世にバカモノのウサは尽くまじ

Isolation Tankの中に30時間。ASC Stoneの上に3日。バク転300回。かつてない変性意識状態がやってきた。


大莫迦者たわけ者の正岡子規の『歌よみに与ふる書』を手慰んでいるうちに強い睡魔に襲われた。

寝た。夢をみた。カルロス・カスタネダ、アルタード・ステーツ(ASC)、雪月花、山柿の門をくぐりぬけ、山上に立ち、ついには豊饒の海を泳ぎまわる夢だった。すぐ近くを直魂、荒魂、和魂、幸魂、奇魂、曲魂が好き勝手自在に泳いでいた。

直魂、荒魂、和魂、幸魂、奇魂、曲魂は浮かび、揺れ、たゆたっていた。夢の中で場所の記憶がありありとよみがえった。夢のずっと奥、遠い太鼓の近くでは鎌田東二がふんどし一丁でRock ’n’ Rollしていた。Shingon-Rock, 真言ロックだった。絶景哉、絶景哉。


ふんどしロック 鎌田東二 (京都大学北部キャンパス 2007年11月)
フンドシ族ロック 鎌田東二
サティシュ・クマールとの1日 鎌田東二 (Full)
 
by enzo_morinari | 2019-10-27 23:32 | 魂の系譜 | Trackback | Comments(0)