人気ブログランキング |

カテゴリ:宇宙の約束( 1 )

宇宙の約束/月あかりの下で眠れ。大いなる緑とチェルシーの薔薇、あるいは永遠に翔羽を毟りとられる鳩とL'esprit de Liberté

 
c0109850_13443830.jpg
c0109850_15435079.jpg

すべての夜。月あかりの下で眠れ。月の光を吸え。やがておまえは青く輝きはじめ、いつの日か月になる。それが宇宙の約束のひとつだ。


ピアノを弾き、歌い、グレープフルーツ・ムーンを見上げながらムーン・マンは思いだしていた。2度と取りもどすことのできない日々の出来事を。

2007年秋、ムーン・マンは六本木ヒルズけやき坂の麓で2人の若者と酒を酌み交わしていた。月が出ていたらよかったのだが、生憎、当日は雨模様の天気だった。ムーン・マンは急遽グレープフルーツをひとつ買い、週末のお祭りさわぎのような人々が行きかうけやき坂麓に向かった。3人そろったところでムーン・マンは厳かに宣言した。

「われわれは今夜、本物の月を見る。愛でる。これがそれだ」

ムーン・マンは若者のうちの1人、バラク・フセイン・オバマ似の演説青年、スミス少年が用意した段ボール箱の上にグレープフルーツを厳かに置いた。秋の霧のような雨を受けて大丸ピーコックで買った1個158円のグレープフルーツは豊潤にして芳醇馥郁として神々しく輝いた。3人は飲み、語り、酔いどれ、生涯にわたって変わることなき友情を誓った。道行く狂おしいような大衆どもは哀れみと偽装善人微笑を漂わせながら、うすっぺらきわまりもない週末の夜の東京の闇に消えていった。

ムーン・マンは思った。イマ、ココ。明日は知らぬ。昨日も知らぬ。このたったいま、この「きょうの日」を、我々は煩わしく疎ましく狭量なあらゆることどもには眼もくれず、おかまいもなしに、笑い、泣き、酔いどれ、そして、ときどきは思い出すんだろう。それでいい。それこそが、心ふるえる、何者にもなりかわりえない、何者にもゆずらぬ「おれの生」と知っているから。

ムーン・マンは2人の若者に言った。

また、いつか、どこかで。われらがグレープフルーツ・ムーンは「いつか」と「どこか」のいずれもに、あらわにあからさまに、鋭く深く確実に、そして、豊潤にして芳醇馥郁煌々と上がっている。グレープフルーツ・ムーンは高く遠く、静かに私たちを照らしている。見上げろ。

ムーン・マンの奏でる曲はGlenn Millerの”Moonlight Serenade”にかわった。クロージング・タイムまであと4時間36分。


Moonlight Sonata (Piano Sonata No.14 in C♯ minor : L. V. Beethoven)
Clair de Lune/月の光 (Suite Bergamasque 3rd Mov. C. Debussy/ベルガマスク組曲 第3曲 クロード・ドビュッシー)
Moonlight Serenade - Glenn Miller & His Orchestra (1941)
Mr. Moonlight - The Beatles (Beatles for Sale/1964)
Grapefruit Moon - Tom Waits (Closing Time/1973)
Drunk on the Moon - Tom Waits (The Heart of Saturday Night/1974)
 
by enzo_morinari | 2019-10-15 23:48 | 宇宙の約束 | Trackback | Comments(0)