人気ブログランキング |

カテゴリ:屁学 ヘオロジー( 1 )

日本のいちばん臭い屁

 
c0109850_18155955.jpg

朕深ク世界ノ大勢ト屁コキノ現状トニ鑑ミ 非常ノ措置ヲ以テ屁コキヲ収拾セムト欲シ 茲ニ忠良ナル爾屁コキ虫ニ告ク 爾屁コキ虫ノ悪臭モ朕善ク之ヲ知ル 然レトモ朕ハ屁コキノ趨ク所 堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ 以テ万世ノ為ニ大屁ヲバブッコカント欲ス ブッコカントハオマヌコノ穴ナレバ成リ


『日本のいちばん長い日』をみた。岡本喜八が監督した1967年版と原田眞人が監督した2015年版。半藤一利原作。映画は鈴木貫太郎以下、最高戦争指導会議のメンバーと国務大臣全員が御前会議において日本の降伏、ポツダム宣言受諾を決定した1945年8月14日の正午から8月15日正午の「大東亞戰爭終結ノ詔書」のラジオによる放送(玉音放送)までの24時間を描いている。

御前会議の場面で神妙な面持ちの面々を前に現人神/アラヒトガミは屁をしなかったのか。鈴木貫太郎はどうか。突如、現人神/アラヒトガミが悪魔のチーズ、Formaggio Marcioやアラバスター単位TOP 3のシュールストレミング、ホンオフェ、エピキュア・チーズに変身したら? などという不敬不埒なことを考えているうちに時間は手加減なし容赦なしで過ぎていき、映画は終わった。

岡本喜八作も原田眞人作も一長一短があるが、問題は虹子だ。映画の山場で屁をこきやがったのだ。しかも、タマゴッ屁。くっせえのなんの。アラバスター単位換算30000オーバー。ハッシュ・パピーのバセット・ハウンドが鼻っつらで嗅いだら即死レベルだ。話のほかである。かくして、『日本のいちばん長い日』は『日本のいちばん臭い屁』になった。
 
by enzo_morinari | 2019-09-08 18:34 | 屁学 ヘオロジー | Trackback | Comments(0)