人気ブログランキング |

カテゴリ:ペニンシュラ綺譚( 1 )

ペニンシュラ綺譚/憎しみの岬にての物語

 
c0109850_16120375.jpg
c0109850_16123000.jpg
c0109850_16124642.jpg
c0109850_16131969.jpg

憎しみは岬で増幅する。


憎しみの岬は突然現れた。本来ならば15億年かけて500メートル伸長して対岸とつながる鉤状砂嘴だった。それが一夜にして伸長方向左に急湾曲し、2Kmほどの半島を形成したのである。

憎しみの岬の尖端近くには魔物の棲む白い館が建っている。3日目には禍々しい瘤のような魔の山が盛り上がり、迫っている。魔の山は訪れる者を強靭な魔力で拒む。

憎しみの岬はすべてを拒絶しているかに思われた。そこには意志と表象としてのマグリット世界を支配する巨大な意志の力が働いていた。
 
by enzo_morinari | 2019-07-21 16:18 | ペニンシュラ綺譚 | Trackback | Comments(0)