人気ブログランキング |

カテゴリ:レディ・マーマレードに首ったけ( 1 )

レディ・マーマレードに首ったけ/壁体に構える宇宙船とイリアーヌ・イリアスのように妖艶淫蕩隠微なにおいとラベル印のエキセントリック・エトランジェー・マーマレードとダンディー・ケーキ

 
c0109850_03541605.jpg
c0109850_03542864.jpg
c0109850_03535299.jpg

So What Life, So Fat Life, So Fuck Life.


中学3年。1974年の夏。練習試合で遠征した調布中学校の校庭の夕暮れの砂場の脇の貯水槽に腰かけていたときにレディ・マーマレードは現れた。試合は全国屈指の強豪校である調布中学相手にトリプル・ハットトリックを決めて快勝した。

「あたしはレディ・マーマレードのマリエよ。住んでいるのは壁体に構える宇宙船」とレディ・マーマレードは言い、イリアーヌ・イリアスのように妖艶淫蕩隠微なにおいをパティパティさせた。

レディ・マーマレードは1974年の夏からずっとそばにいる。オレンジ・マーマレードのにおいをパティパティさせて。No Bet Mark NassyにMarie est malade, Mer malade, Mair Ma lad!と言いながら。カンファレンス・タイムもおかまいなしにアストランティア・マヨールとロサ・ロクスブルギーを無理くり使って。カブト虫のウテルスくさいエキセントリック・エトランジェー・マーマレードを暴造爆造密造淫造して。

古今東西の別なく、マルメラーダとマルメロ・カリメロの不幸でラティアーノな出会い、故障したMelimêonを繕うことはすべて弥縫策に終わるのだ。Average White Bandの主要メンバーが専属菓子職人として住みつき、ホワイト・アベレージ・マーマレードがたっぷり入ったDundee Cakeを好きなだけ食べさせてくれるのが救いといえば救いだが、So What Life, So Fat Life, So Fuck Lifeの幕開けだった。


Lady Marmalade - LaBelle (1974)

Pick up the Pieces, Cut The Cake etc, etc Average White Band
 
by enzo_morinari | 2019-07-21 04:02 | レディ・マーマレードに首ったけ | Trackback | Comments(0)