人気ブログランキング |

カテゴリ:翔ぶ夢をずっとみている。( 1 )

翔ぶ夢をずっとみている。

 
c0109850_12153277.jpg

Escape, Shift, Enter, or Deleat.

取り立てて生きる理由はないが、同様に死ぬ理由もない。苦労してまで捨てるほどの価値は人生にない。 J-R

いくつかの季節が過ぎていき いく人かの友だちが過ぎていき そのことがまぎれもなくひとつの時代だったのさ AQ You

15歳。歯を剥き出し、体中の毛を逆立て、自分自身さえをも傷つける愚かで凶暴で欲望にまみれた季節。

「こんなことではだめだ。あの孤独で明晰な長距離走者のように、スミス少年のように、もっと洗練されたやり方で世界に反旗を翻すんだ! おれはどんなに苦しくとも、自分ひとりの力で世界を駆け抜けてゆく長距離走者なんだ。疾走しろ! 疾走するんだ! ゴールの物干綱など引きちぎってやれ! なんなら、ガンソープもエイレシャムも引き連れて」



反逆の精神と反抗の才能を手に入れるためにアラン・シリトーを探す旅に出てから3日目、15歳の私は海辺の街の断崖でJonathan Livingston Seagullと出会った。1958年生まれ。55歳。Jonathan Livingston Seagullの眼は炯々として辺りを睥睨し、射抜くような眼差しは実際に2羽のカモメを射ころしてしまった。鮮血に染まったカモメの意志を失った骸はひらひらと舞うように青い海面に向かって落下していった。

「おれに逆らえばこうなる」

Jonathan Livingston Seagullは群青色の海をみつめながらつぶやいた。ぞっとした。次の瞬間、Jonathan Livingston Seagullは断崖から飛び出してしまった。

断崖の縁に駆けよる。海面まであと50メートル。20メートル。Jonathan Livingston Seagullは流線型の青い弾丸に変わっている。目も覚めるような青さ。群青の海がくすむほどの青さ。青い海に向かって突き進む、世界のすべてを撃ち抜く青い弾丸。

落下速度はどんどん速くなっていく。当然だ。生身の人間が重力加速度の影響から逃れることはできない。万有引力の法則からも。

海面まで5メートル。2メートル。1メートルまで迫ったところで、Jonathan Livingston Seagullの大きな体が一瞬にしてコバルト・ブルーのカモメに変わった。蒼穹のカモメは眼を凝らさなければ海に溶けいってしまうように思われた。

Jonathan Livingston Seagullは海面すれすれで右の翼を大きくひねり、反転した。それがJonathan Livingston Seagullの危険きわまりない賭けを見た最初だ。

こどもの頃からずっと鳥の感覚を知りたいと思っていた。飛翔する感覚を。飛翔体の感覚を。イマ/ココにたしかにいたのに、次の刹那には飛び去って、おなじ場所には影も形もない。そして、舞いあがっていく。翔の激しい羽ばたき。一気に虚空へ。遥かな高みへ。

飛翔体となった私は高みから世界を鳥瞰する。いまでも、高層ビルの高層階や東京タワーや横浜マリンタワーや東京スカイツリーの展望台にいると既視感/Déjà Vuどころか既験感/Déjà Expérienceが頻繁に起こる。初めて訪ねた街でもおなじだ。「この街の鳥瞰図はたしかにみたことがある。この街の空は飛翔したことがある」と。

私の飛翔に関する既験感/Déjà Expérienceは蒼穹のカモメのJonathan Livingston Seagullと瑠璃色の弾丸のカワセミ・ジョニーが原因していることが7月の初日の朝方わかった。

姿見に映る私の背中にはやや年老いた翼が生えていた。以来、翔ぶ夢ばかりをみている。飛翔してめざず先はわかっている。なんのためにそこに飛翔ぶのかも。実際には生起していないことや実際には起きていることを、そのとおりに修正すること。それが私の飛翔の目的だ。その余のことにはいささかも興味がない。


Sky High - Jigsaw (1975)

個人的メッセージ GARO (吟遊詩人/1975)
 
by enzo_morinari | 2019-07-09 04:33 | 翔ぶ夢をずっとみている。 | Trackback | Comments(0)