人気ブログランキング |

ひこうき雲は高すぎて、ジャコビニ彗星は遥かに遠く、海を見ていた午後はおぼろげにかすんで、後悔だらけの航海日誌のための空と海の輝きに向けた航海は始まっていなかった。

 
ひこうき雲は高すぎて、ジャコビニ彗星は遥かに遠く、海を見ていた午後はおぼろげにかすんで、後悔だらけの航海日誌のための空と海の輝きに向けた航海は始まっていなかった。_c0109850_21154490.jpg
ひこうき雲は高すぎて、ジャコビニ彗星は遥かに遠く、海を見ていた午後はおぼろげにかすんで、後悔だらけの航海日誌のための空と海の輝きに向けた航海は始まっていなかった。_c0109850_21160084.jpg

かつて、青い三角定規では計測できない季節があった。


1973年の夏。日曜夜8時の作り物の青春時間では回収できない日々。『夏の光の中で』という名の不思議な風に吹かれた。風の元は風コーラス団。

あれは幻の風だったのか?


太陽がくれた季節 青い三角定規 (1972)
夏の光の中で 風コーラス団 (1973)
 
by enzo_morinari | 2019-11-23 01:15 | 青い三角定規では計測できない季節 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30581134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< もうじき、お陀仏だ。/あれは幻... ララバイと時代と世情とシュプレ... >>