人気ブログランキング |

フーコーと青山通りを散歩したら/PM2.5 フーコーの振り子に導かれて失われたドゥエノスの壷をみつける。

 
c0109850_23075447.jpg

青山通りは哲学する通りである。

EHE (Errare Humanum Est) 人間は誤謬を犯す。


ビブリオマニアどもを乗せて送り出した15世紀末のナラゴニア行きの阿呆船(西洋補陀落渡海船)を漕いで黄泉の犬に喰われたコリンスの街のようにもぬけの殻の空っぽの東宮御所をすぎ、第3の無名氏の尾行をかわしたときに外苑東通りの信濃町方向から”L'Archeologie du Savoir”と刻まれたドゥエノスの壷を抱えたムッシュー・ポワチエ・LGBT=フーコーがエピステーメーとグヴェルヌマンタリテとディスクールと司牧権力とパノプティコンとパレーシアとアルシーブとエノンセとラングモールのモグラに追われて息も絶え絶えに現れた。

ムッシュー・ポワチエ・LGBT=フーコーはスキンヘッドのカッシーラー・カッツーラーをかぶっていた。笑い転げたら共同幻想方面からリューメー・ヨシモトーに真空飛び膝言美蹴りを入れられた。そして、ムッシュー・ポワチエ・LGBT=フーコーとの青山通りに監獄を誕生させるための貝殻歩行がポストモダーン・パストラルにはじまった。この際、J-Dと中澤”チベタン・モーツァルト”Qちゃん新一坊と東”ヒトラーユーゲント・ブサイク髪染め法則体現者”浩紀はお呼びでない。

c0109850_16293507.jpg

 
by enzo_morinari | 2019-11-16 22:14 | フーコーと青山通りを散歩したら | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30572018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ミシェル・フーコーに恋をして。... 遠い日の夏をさがして/1973... >>