人気ブログランキング |

遠い日の夏をさがして/1973年7月26日木曜日の川はどこへいったのか?

 
c0109850_00023064.jpg

記憶と名前と貌と川の話だ。記憶と名前と貌を取りもどし、再び川で遊ぶ。


「遠い夏のあの日の川はどこへいったのか?」と問うている。いくら問うても答えは出ない。なぜなら、遠い夏のあの日の川はそもそも存在しないからだ。しかし、存在しない川で私はたしかに遊び、戯れ、眠った。鮠がすばしこく動き、山女魚は胸ビレを宝石のように輝かせ、鬼魚は水面高く跳ね、螢が舞っていた。


1973年7月26日木曜日。15歳。中学3年生だった。遠い夏の日の朝。

幻川にいた。幻川は今はない。そもそも、幻川は存在していない。当然に名前はない。幻川は幻視の川なのだ。


あの夏へ (いのちの名前) - One Summer's Days 久石譲 (千と千尋の神隠し/2001)
 
by enzo_morinari | 2019-11-15 21:47 | 遠い日の夏をさがして | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30570654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< フーコーと青山通りを散歩したら... 乙女はミルク、花嫁はバター、女... >>