人気ブログランキング |

梟は暁月を目指して飛翔する。/贖われるロゴス、空蝉のミーム、洗われるクオリア。

 
c0109850_12300260.jpg
c0109850_12302032.jpg
c0109850_12302943.jpg

自分の影に殺されるのなんざ真っ平御免だ。

ネトウヨもバカパヨもハンニチもケンカンもアホマホもバカマサもクソルナもタナボボもダサザワもまとめてブットバース!

大日本帝國とナチスが同盟を結んでいたことすら知らない愚か者たわけ者は表参道のレストランでステキステキなおランチを喰ったことを鼻高々に吹聴する。当然、そのような輩の脳みそにはシワがないか、頭の中にはオガクズかオカラかオケラが詰まっている。

私はドビュッシーとラフマニノフを美しく弾くために生まれてきた男だ。人間の首を刎ねるために生まれてきたのではない。

自分の影に滅ぼされるな。そのためには、自分の犯した罪を忘れず、自分の犯した罪から目をそらさず、負の側面と対峙し、受けいれつづけなければならない。

彫像が立体として見えるためには影がなくてはならない。影がなければただの薄っぺらい幻想にすぎない。影のない光は本物の光ではない。どんなに高い壁を築いて侵入者が入ってこないようにしても、どんなにきびしく異端を排除しようとしても、どんなに自分の都合にいいように歴史を書き換えようとしても、自身を傷つけ、滅ぼす。影とともに生きることを辛抱強く学び、自分の内に棲む闇を注意深く観察しなければならない。ときには暗いトンネルの中でみずからのダークサイドと向き合わなければならない。そうしなければ、やがて自分の影はもっと巨大で強大になり、ある夜、自分の家のドアをノックするだろう。「帰ってきたよ」とささやき、薄気味の悪い笑顔を浮かべながら。Halkimbow Muulakaamy


息をのむほど暴力的な絵がかけられた部屋で贖われるロゴスにNational Geographic Magazineと雨月物語を交互に念入りに解読することを言いつけられた朝。空蝉のミームと69ablishの不道徳で不誠実でくそまずい紅茶(日東紅茶OEM)を飲んでいた。洗われるクオリアのやつめは自分の洗濯板のようなアバラ骨で胸にパウダー・ブルーのヤツメウナギがプリントされたTシャツをセッセーセーのセックルと洗っていた。ばかばかしいにもほどがある朝だった。うしろの百太郎尚樹の後頭部めがけて火焔土器(馬高A式1号深鉢土器)を力いっぱい投げつけ、『罰せられた放蕩者あるいはドン・ジョバンニ』の序曲をひととおり口笛で吹いてから、「うせろ! ネトウヨ・ヒステリーめ! ポンコツ歴史修正主義者め! 腰抜け腑抜け毛抜けファシストめ!」と怒鳴った。

さて、日系ウガンダ人のハルキンボ・ムラカーミは長いあいだノンポリをウリのひとつにしていたが、コーキ暦7102年2月24日、『キマグレ大サーカス団団長殺し』で歴史修正主義との対決、歴史修正主義の動きと物語という形で闘っていくことを宣言した。

「ブンガクに政治を持ちこむな!」というナイーブな街のナイーブな肉屋で売っているナイーブなロースハム好きのハルキンボ信者どもの抗議の声をよそに。経験のけの字も知らぬ甘ちゃんのハルキンボ信者どもはさぞや苦虫を噛みつぶしているだろうが手持ちの残り時間が少ないハルキンボ・ムラカーミは知ったこっちゃなかったろう。


Don Giovanni (A. Mozart) ópera completa subtitulada Claudio Abbado
 
by enzo_morinari | 2019-10-14 22:09 | 梟は暁月を目指して飛翔する。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30488881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 宇宙の約束/月あかりの下で眠れ... フォルクスワーゲン・カルマンギ... >>