人気ブログランキング |

Autumn in New York, STING in New York./9.11 NYの悲劇から間もない初秋のNY9番街57丁目のゴードン・マシュー・トーマス・サムナー CBE.

 
c0109850_00012211.jpg
c0109850_09242198.jpg
c0109850_1432284.jpg

Autumn in New York. 9.11 NYの悲劇から間もない初秋のNY9番街57丁目の交差点近くのバルズリー公園にゴードン・マシュー・トーマス・サムナー=STINGはDitsonのフレットレスのアクースティック・ギターを抱えてふらりと現れた。STINGが抱えているギターはDitson-Jack Spira&Dick Boak Beautiful Friend Ship Modelだった。 小さくてかわいらしいギターだ。

STINGはしばらく爪弾きながらチューニングし、静かに”Englishman in New York”を歌いはじめた。少しずつ人だかりができた。STINGは立てつづけに"Fields of Gold""Fragile""Someone To Watch Over Me""The Pirate's Bride""Shape of My Heart"を歌った。そして、まるで自分に言い聞かせるように語りはじめた。

「だれもがギャンブラーなんだ。勝つためではなく、なにかをつきとめるために賭けをやってる。幸運や運命の中にある神秘的なロジック、科学的で神聖な法則のようなものを発見するために賭けをやっているギャンブラーなんだ。つまり、大なり小なりだれもが哲学者なんだ。尊敬されたいとか金のためにプレイしているのではなくて、ただ法則を知ろうとしている。宇宙や世界や人生にはなにかしらのロジックがあるはずだと思ってね。みんなポーカープレーヤーだから、ふだんはポーカーフェースだけど、心の中にはおそろしい嵐が吹き荒れているかもしれない。自分の感情を表現するのは簡単なことじゃないからね。実際、だれもが本当のことは表現しない。仮面をかぶっているのさ。それはただひとつの仮面で、決して変わることはないんだ。レオンのようにね。」

語り終え、最後ににSTINGが歌ったのは"Every Breath You Take"だった。あちこちからすすり泣く声が聴こえた。私もそのうちのひとりだ。


Englishman in New York - STING (Nothing Like the Sun/1987)
Fragile - STING (Nothing Like the Sun/1987)
Shape of My Heart - STING (Ten Summoner's Tales/1993)
Fields of Gold - STING (Ten Summoner's Tales/1993)
Someone To Watch Over Me - STING (Let Your Soul Be Your Pilot/1996)
The Pirate's Bride - STING (Symphonicities/2010)
Every Breath You Take - STING (Live in Tuscany house “Il Palagio”/2018)
 
by enzo_morinari | 2019-09-12 07:19 | Autumn in New York | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30443827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 時計じかけのオレンジ世界/マー... 呪いびとの時間/この恨み晴らさ... >>