人気ブログランキング |

星を継ぐ者の系譜/跳ねるロゴスの男

 
星を継ぐ者の系譜/跳ねるロゴスの男_c0109850_14295299.jpg

ロゴスの男は跳ねる。大気圏を超え、太陽系を超え、銀河系さえ超えて宇宙の果てまでも跳ねる。


40年以上を経た今でも不思議でならない。1974年の春。E. クラプトンの”461 Ocean Boulevard”が世に出る3ヶ月前のことだ。

4月。高校の入学式の翌日、登校途中の朝。うしろからそれまでに聴いたことのない不思議なリズムの歌が聴こえてきた。しかも、驚くほどの大声で。ふりむくとドレッド・ヘアの男がいた。もちろん、当時は「ドレッド・ヘア」という言葉すら知られていない時代だ。いま思えば、歌は”I Shot the Sheriff”だった。ただし、男は”I Shot the Sheriff”のところを”I Shot the Police”とかえて歌っていた。そのときは、私はまだボブ・マーリィのことも”I Shot the Sheriff”のことも知らなかった。

鋭い眼光。褐色の肌。引き締まった体。切れ味のある身のこなし。身長はゆうに180cmを超えている。私は180cmだが、それよりアカプルコ・ゴールドみっつ分、スカンク5匹分、パナマ・レッド3本分、フラワー・トップスひと握り分は大きかった。しかも、真新しい学生服を着ていた。前の金ボタンはすべて外されていて、制服の中から鮮やかな緑色の葉が描かれたTシャツがのぞいていた。メアリー・ワーナーのイラストだった。メアリー・ワーナーの葉っぱのイラストの下には”Get Up, Stand Up! Don't Give Up the Fight!”の文字があった。

「ヤー・マン!」と満面の笑顔で男は言った。口元からのぞく歯は歯が生えてからずっとコルゲートのExtra Whiteで磨きつづけたみたいにエクストラ・ウルトラ・スーパー・トニー・ジョー・ホワイトでまぶしかった。

ヤー・マン? なんだ、そりゃ? 私が不思議そうに男を眺めていると、男は「ヤー・マン。サボろうぜ」と言って肩を組んできた。

「サボってなにするんだよ」
「逗子の森戸に太陽が海に沈む秘密の場所があるんだ。行こうぜ」
「太陽が海に沈む秘密の場所ならよく知ってるよ」
「そんなら話ははええや」
「ところで、さっき歌ってた歌は?」
「レゲだ」
「レゲ?」
「くわしいことは逗子の海で教えてやるさ。とにかくだ。Time will tellだけど俺たちにゃ、時間がねえ」

そして、私と星を継ぐ者=跳ねるロゴスの男はその場でジャンプ・ダンピング・クイック・ターンで360度回転し、さらに180度向きをかえて学校に背を向け、駅に向かって踊るように走りはじめた。腹の底からエネルギーがあふれてくるような気分だった。それは跳ねるロゴスの男もおなじだったはずだ。私はおぼえたての言葉を叫んでいた。

「Hoka Hey! Ya Ta Hey!」
「なんだって? なんて言ったんだ?」
「戦うにはいい日だ! 死ぬには手頃な日だ!」
「ヒャッホウ!」
「アヒェヒェ!」

われわれはゲラゲラと大声で笑いながらオーバー・ドーズ全開で疾走した。ジミ・ヘンドリックスより、ジム・モリソンより、ジェフ・ベックより、ジョン・レノンより、クリフォード・ブラウンより、ボブ・ヘイズより、カシアス・クレイより、カール・ゴッチより、ルー・テーズより、スプートニクより、アポロ13号より、アメリカより、ソ連より強く速く。何倍も何十倍も何千倍も何万倍も何百万倍も強く速く。登校中の高校生どもが驚きの表情を浮かべてわれわれのために道をあけた。私と跳ねるロゴスの男との星を継ぐための日々のはじまりだった。

I Shot the Sheriff - Bob Marley(1973)
I Shot the Sheriff - Bob Marley (Live) *BMが完全にぶっ飛んでいる。
I Shot the Sheriff - Eric Clapton (Live, 1977) *「苦悩の時代」から5年。疲れ果てた男は帰ってきた。
Lagos Jump - Third World (All The Way Strong/1983)


さて、ラスタマン・ヴァイヴレーションでバビロンまでひとっ飛びだ。エクソダスの日はちかいぞ! ナッティ・ドレッドの兄弟たちよ!「その日」に備えてがっつりバックバクに炎をつかんでおけ! 一度つかんだ炎は絶対に離すなよ。幸運、チャンスの女神の前髪といっしょなんだからな! アチッ! またくちびるをヤケドしちまったぜ。まったく齢はとりたくねえもんだ。ジョイントひとつまともにできやしねえ。もうちょい、きつく巻いてくれよ、兄弟。
 
by enzo_morinari | 2019-08-20 17:46 | 星を継ぐ者の系譜 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30413883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Je suis de bois... モッパラ軍曹とホウレン草の強度... >>