人気ブログランキング |

空と海と星の輝きに向けて/シーズン・オフにジャコビニ彗星行きの紙ヒコーキに乗る方法

 
c0109850_03355739.jpg


空に近い場所へでかけていきたかった。 M-Y

なにもおそれない。そして舞いあがる。空に憧れて空をかけてゆく。 A-Y

呼び合う世界で空と海が出会う。おまえは歌になり流れていく。
遠い波の彼方に金色の光がある。永遠の輝きに命の舵をとろう。
A-Y

ゆく夏に名残る暑さは夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭 A-Y

私はひとりぼんやり待った。遠くよこぎる流星群。 M-Y

新しい恋人と来てほしくないロッジでクリスマスを待つシーズン・オフの心には青いエアメイルで雪だよりを。 E-M-M


中学3年。15歳。未来は霧の中で揺れていた。The Velvet Undergroundなイースター島日和の日々。1973年11月20日火曜日の午後の最後の芝生のように底意地の悪い曇り空が広がる雨の街を歩いていると、オマンマユート・ハミダシユートピア団の女ボスであるグレタ・ガルヴォには似ても似つかないアーライン・マットンヤー・ユミーンがひこうき雲の一群を引きつれ、血相をかえてやってきた。背中には海を見ていた午後が恥ずかしそうに貼りついていた。貼りついていたのはそれだけではない。疾走する哀しみをたたえた小林秀雄と低音部のないモオツァルトの36年足らずの生涯と1928年の夏のモーツァルテウム・ザルツブルグ音楽祭でブルーノ・ワルターが指揮するベルリン国立歌劇場管弦楽団の『交響曲第40番ト短調』の終楽章も。

アーライン・マットンヤー・ユミーンは4歳年上だった。とても不思議なことに、1年ぶりに会うアーライン・マットンヤー・ユミーンは4歳年上のままだったが、20歳くらい老けたように見えた。年老いたナシゴレンと聖なるバジルをまぶしたガパオ・ライスの静かな会話のような雰囲気を醸しだしていた。最後にアーライン・マットンヤー・ユミーンに会ったのは麻布飯倉片町のキャンティだった。

「きっと言える」とアーライン・マットンヤー・ユミーンは言い、14番目の月における紙ヒコーキの飛行滞空時間の宇宙記録(Cobalt Hour Record)を出したい旨をサーフ&スノー・ライトニングボルト語でまくしたてた。当時、私は紙ヒコーキの飛行滞空時間の宇宙記録ホルダーだった。記録は34分12秒。このパスタファリ&ラスタファリな銀河系並行宇宙において私以上のベルヌーイの定理/揚力使いはいなかった。風の谷のコムスメなど13日の金曜日をアイス・ホッケーのマスクに感謝する日に決めた葉っぱのジェイソン・ボーヒーズ・フレディに化粧師がハッパフミフミ・コズミック・コスメイクを施したようなものだ。

「そのまま。なにも言わないで。返事はいらないから」とアーライン・マットンヤー・ユミーンは言った。
「返事をするつもりはない」と私は答えた。
「ひどい」
「ひどいよ。うんとひどい。でも、ひどいのは今に始まったことじゃない」
「あなたは4歳も年下のくせに。学年だと5学年よ」
「だからどうした八百屋の五郎。キャンディーズの『年下の男の子』が流行っておれに夢中になったのはあんただろうよ。おれから頼んだわけじゃない」
「そうだけど」
「で、14番目の月における紙ヒコーキの飛行滞空時間の宇宙記録の件はどうする?」
「力を貸してほしい」
「念入りなフェラーリと中田氏つきなら力を貸さないこともないこともない」
「何重否定よ!」
「否定はものごとの本質を抉りだす。A-R」
「A-Rってだれよ」
「アルチュール・ランヴォ」
「えっ?」
「砂漠の商人のアルチュール・ランヴォだよ」
「否定はものごとの本質を抉りだすって彼が?」
「うん」
「ものすごくあなたとセクースしたくなってきた。いえ。タックルつきの激しいやつを。いわば、セックルね」
「ザ・フィネガンズでベースを弾いてた名犬リンチンチンを盗犬した淋しい油鶏野郎のシー・ユー・リンチーはどうすんだよ」
「その件は何もきかないで。おねがい」
「夕焼けを吸って燃えたつ葉鶏頭。悲しくも面影はうすれゆく」
「えっ? だれ?」
「未来のあんただよ」


ひこうき雲 荒井由実 (1973)
空と海の輝きに向けて 荒井由実 (ひこうき雲/1973)
晩夏 (ひとりの季節) 荒井由実 (14番目の月/1976)
ジャコビニ彗星の日 松任谷由実 (悲しいほどお天気/1979)
シーズン・オフの心には 松任谷由実 (SURF&SNOW/1980)
 
by enzo_morinari | 2019-08-03 17:08 | 空と海と星の輝きに向けて | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30390195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 悲しみの水先案内人は”Mont... Brain Circus/大脳... >>