人気ブログランキング |

崩壊するイム/イムが見た異夢。あるいは「意味と無」もしくは仏舎利

 
c0109850_15223249.jpg

シュレディンガーがたどり着いたのは空が縁を契機として色となるという地点である。Gestalt Seeker

如是我聞。万象に意味はない。見ようとするところに意味は現れる。万象はただ存するのみ。無の自己開示にほかならない。(失われしチベット文書)


明け方、仏を見ていた。じっと見ていた。遠い昔に願行寺からかっぱらってきた秘仏である。善人悪人とり混ざった一切衆生に撫でまわされた挙げ句に摩滅したのっぺらぼうの仏はしばらくはぴくりとも動かなかったが、時間の経過とともに少しずつ痙攣しはじめ、ついにはバラバラになってしまった。イとムに。崩壊し、こんがらかった仏を前にして、私はなんとも形容しがたい混乱の中にいた。

気がつくと、50年ちかくかけて築きあげてきた世界観もきれいさっぱり崩壊していた。盂蘭盆会は彼岸ではなく仏蘭西に帰ることにしようと思って後ろの壁に貼ってあるジャン・ポール・サルトルのポスターを見たら、サルトルのロンパリづらにかわって、ゲシュタルト・ガールが姪っ子のような笑いを浮かべていた。

「わたしはツクヨミ。ツクツクボウシをときどき食べる。シャリ抜きの鮨はちょくちょく食べる。イムジン河の水は紀尾井町に注ぐ。頭の中ではいつもミンミンゼミが鳴いている。」というスピーチ・バルーン付きで。


"Satori Part 1" (1971) - Flower Travellin' Band
"Satori Part 2" (1971) - Flower Travellin' Band
 
by enzo_morinari | 2019-05-30 15:28 | 崩壊するイム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30298097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 広告文案誂所所長、カナクギ・ロ... イタズラしちゃうぞ!/ハロウィ... >>