人気ブログランキング |

名無しのジャルディニエは死刑執行人/死刑執行人ル・ブロー=ボーヤの午後

 
c0109850_09422231.jpg
c0109850_09433759.jpg
c0109850_09441146.jpg

枯れ葉の舞う午後は首がよく伐れる。名無しのジャルディニエ


退屈な午後である。午前中は15人の首を刎ねた。伯爵夫人からの差し入れの犢を1頭、手下と屠って以後はだれも断頭台に引っ立てられてこない。つまらん。実につまらん。刎ねられた頭が胴体を離れて籠の中に落ちたときの音はいい音だ。惚れた女のヨガリ声に匹敵する。伯爵夫人のヨガリ声に。

Site-specific Artの泰斗にしてSanta Rosa de Limaの化身であるル・ブロー・トピアリー・ジャルディニエ=ジャルディネロ=ゲルトナー・ガーデナー・ボーヤはベンベルグ・バンベルク・シティーの「庭師と農民の博物館」の名誉館長である。同時に裏プラント・ワールドの凄腕の死刑執行人/首切り王でもある。

c0109850_09451686.jpg
c0109850_09443428.jpg


最後のハングマン/最後の首吊り処刑人、アルバート・ピアポイント
 
by enzo_morinari | 2019-05-18 10:10 | 名無しのジャルディニエは死刑執行人 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30280050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< “Something Cool... 悪ガキ練習帳/カツ丼、鮨、天ぷ... >>