人気ブログランキング |

記号論的虚無のゲリラ戦に向けて

 
c0109850_07192076.jpg
c0109850_07190639.jpg
c0109850_07184777.jpg

虚無への供物はダンテブルーノヴィーコジョイスの特盛り汁だく油多め味濃いめ麺固めである。家系元祖UMAUMAイエティ吉村屋のオジヤ


科学の分野で立てつづけに衝撃的な発見があった。これらの発見がもたらす衝撃波はマグニチュード42クラスである。

CERN(European Organization for Nuclear Research/欧州原子核研究機構)はボウリング・ボール大の素粒子であるビゴンが発見されたと発表した。ビゴンの発見によって、量子力学/宇宙論/宇宙物理学/物理学系/科学全般は全面的な書き換えを余儀なくされる。これまで、当然のように受容されていた物理法則/科学全般にかかわる諸法則は根底から覆されることを覚悟しなければならない。ニュートンの運動に関する法則はその地位を失った。今後、林檎は樹から落下しない。

科学分野のみならず、世界認識/世界観/自然観/価値観/諸価値/国家ならびに社会の仕組みについて大変動が起こる。人間存在の大規模な地殻変動である。アラレ・ガールが地球を空手チョップ一閃、地球どころか全宇宙を叩き割ることもできるし、ガッチャン・キッズが地球をガブガブいっちゃうよすることも可能になったのである。

また、南極大陸で発見された新種の生物アタマワキハダカコオリクイ(Hotheaded Naked Ice Borer)は生物学界の常識を根こそぎにする。

アタマワキハダカコオリクイは骨組織が血管で満たされており、この熱によって氷を溶かして穴をあけることができる。アタマワキハダカコオリクイは群れで獲物近くの氷に穴を掘って隠れており、獲物(主にペンギン)が水に飛びこむと一斉に穴から飛びだして襲いかかる。
 
by enzo_morinari | 2019-05-09 07:26 | カンガルーは寝ている。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30265786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< カンガルーは寝ている。/世界の... 世界の果てで/Orilla d... >>