人気ブログランキング |

春宵一刻値千金/春あり。藤あり。遠方よりきたる。遠方よりゆく。また楽しからずや。

 
c0109850_01524987.jpg
c0109850_03090483.jpg
c0109850_01530460.jpg

春宵一刻直千金
花有清香月有陰
歌管楼台声細細
鞦韆院落夜沈沈

蘇東坡『春夜』

春の宵は一刻が千金に値するほど素晴らしい。
花は清々しい香りを漂わせ、月はおぼろに霞んでいる。
歌声や管楽器の音が響いていた楼台は静まりかえってかすかな声がするのみ。
中庭には婦人が乗って遊ぶブランコが揺れ、夜は深々とふけゆく。



憂きことのみ多いけれども、春の夜のすばらしさは一瞬が千金にもあたいするほど貴重なものであることだ。特に男女の情愛にかかわることは。

*大藤 (あしかがフラワーパーク/樹齢推定140年)


Le Quattro Stagioni (The Four Seasons/四季) - Antonio Lucio Vivaldi/アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ (1716-1717)
 
by enzo_morinari | 2019-04-26 02:07 | 春宵一刻値千金 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30243969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ベルベット・アンダーグラウンド... ラング・ド・シャの夜/王様の舌... >>