人気ブログランキング |

沈黙ノート/創らず、言い繕い、寛ぐことができず、轡を嵌められている知性教養皆無、品性下劣にして品格とは無縁の林真理子というおぞましき輩

 
c0109850_20213083.jpg

おうちを買って住宅ローンかかえて、ソコソココソコソ生きよう。意志の中心が空虚なメタルのドーナツ小僧


泡劇場の最初期。1980年代後半。ビートたけしのマシンガン・トーク全盛時代。どうということのないトーク番組の収録現場。

『最終便に間に合えば』で直木賞を受賞後間もない林真理子。時代の寵児づらをして気色の悪いけばけばしい厚化粧と金輪際似合わない華美にして下卑たブランド物の服は、その日が林真理子にとって苦悩と苦痛の日になることを暗示していた。

林真理子については無名時代から上昇志向の強い知性も教養もない品性品格とは無縁の卑しく醜悪なる魂の持ち主/クソ田舎のウルトラ級のどぐされた糞ブス不細工という評価が定着していた。林真理子を取り立てた糸井重里への取り入りかたは度外れていて、尋常ではなかった。はたから見ている者にとっては不愉快きわまりなかった。その後の林真理子の跳梁跋扈については糸井重里にも責任の一端がある。

林真理子が直木賞をとったとき、広告批評の天野祐吉は「これで日本の知の底は2段3段下がった」と言い、深々とため息をついた。広告批評2代目編集長の島森路子も激しく同意していた。ふたりともすでに鬼籍入りしている。ゴミカスは無様に恥知らずにツラの皮厚く生き残り、善きひとは死ぬ。なんてことだ。まったく。

遅れてビートたけしが登場。そのときの林真理子の挙動不審ぶりは見ものだった。顔面に激しいチックが起こっていた。特に左眉の周辺の痙攣がすさまじかった。しかし、本当の見ものはそのあとだった。

ビートたけしが林真理子の真正面に座ったときから、林真理子の媚び諂いおべんちゃら劇場は幕をあけた。ビートたけしを見れば、あからさまにうんざりしていた。

休憩時間。ビートたけしはフロア・ディレクターを呼び、小声で言った。

「あのおねいちゃん、だいじょうぶかよ。見ちゃいられない。かわいそうすぎる」

ぺこぺこと赤ベコの張り子人形のような動きをするフロア・ディレクター。休憩後、林真理子の媚び諂いおべんちゃら劇場はなおもつづいた。スタジオの温度はまちがいなく5度下がった。だが、残酷にも収録はつづき、林真理子は滝のような汗をかき、服は汗で体に張りついて見ちゃいられない有様。

その林真理子がNHK大河ドラマの原作者となり、あろうことか紫綬褒章受章、有識者(林真理子が「有識者」なら、萩本の欽公はアメリカ合衆国大統領、老害明石家さんまは国連事務総長だってのよ!)として新しい年号選定にかかわった。ルンルン気分にはほど遠い末法の世になったものだ。キビダンゴなんぞ、創らず、言い繕い、寛ぐことができず、轡を嵌められている知性教養皆無、品性下劣にして品格とは無縁の林真理子といっしょに半笑いでルソン壷に詰めこんでルソン島に捨てちまえ!
 
by enzo_morinari | 2019-04-13 20:26 | 沈黙ノート | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30224981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ago1-filo2 at 2019-04-13 22:04
小説は嗜好品ですから、好きor嫌いが全て。それで良いと思います。
しかし、残虐事件で息子を奪われたシングルマザーに対する発言、
東北関東大震災後の無神経な発言、ハワイがいつまでも日本人のものでありますように発言etc
これで有識者とは…。直木賞の選考コメントも???でしたよね。
古株から、若い作家に席を譲っていただきたい!
『広告批評』懐かしい。天野祐吉氏も、島森路子氏も良識ある大人でしたね。
編集者のセンスかもしれませんが、エッセイのタイトルが下品。
売れれば良いのでしょうね(笑)
Commented by enzo_morinari at 2019-04-14 01:31
>>女流その他モロモロの君、”あの娘の不幸を救えるか!” Long Long 顎。つまり、アイノキ。敷衍して、糸車。クルクルクルリ。

林真理子の諸々種々についての言説は「バカがまたなんかほざいてやがるぜ」ということで、華麗にスルーしていますので、あのポンコツ木偶の坊の陋劣醜悪な言説の詳細はグリップできていません。しかし、わかります。あのツラをみて、声を聞けば一目瞭然/一聴歴然です。

あのウスラの駄本無様本醜本悪本のタイトルでまともなのはJazz Music/Popsのスタンダード曲のタイトルをパクったやつだけ。あとは、「おまえ、なめてんのか?」というものばかりです。知性がないのもさることながら、品性がからきしどころか下劣ですからね。土台、なにからなにまで無理な話です。しかし、それがこの国の知の底を垣間見せてもいる。

それと、あれですね。あの声。あのしゃべり口調。Out!です。
Commented by enzo_morinari at 2019-04-14 07:22
Add to "Ultra Ouch!" 
<< サッカー部の副顧問にして新卒新... Close to You/影よ... >>