人気ブログランキング |

Spillane Zone/殺しについて語るときに我々が語るいくつかのこと

 
Spillane Zone/殺しについて語るときに我々が語るいくつかのこと_c0109850_00392039.jpg


やさしく歌って? それはできない相談だ。やさしく殺すことはできるがね。NBK+SK-Killer Kids


小説家専門の殺し屋であるクラップ・クラッシャー・クラッカー・クノップフは傲岸不遜な表情に尊大さと自信のなさを加えて言った。

「おれたちは殺しについていったいなにを知っているというんだ? 例の日本人の12歳の小僧っ子にくらべたら、おれたちはみんな殺しの初心者みたいなもんだ。マークに”Killing Me Softly with His Song”を歌わせてから殺すなんて話を聴いたことがあるか? おれはこの稼業を50年近くやってるがない。小僧は仕事のあとにチリひとつ残していかない。それに、あの小僧に殺されたやつの死体は男も女も爺さんも婆さんも子供も微笑んでるってんだぜ。そんなふざけた話があるかってんだ! きっと小僧はSpillane Zoneの領域に到達したんだ。そうにちがいない…」


Killing Me Softly with His Song - Roberta Flack (1973)
 
by enzo_morinari | 2019-04-05 00:45 | Spillane Zone | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30211348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 昔々、横浜で。/死刑宣告はシャ... 昔々、横浜で。/12歳の殺戮者... >>