人気ブログランキング |

ゼロの世界/夕闇の熊倉一雄 街にまだ闇があった頃

 
c0109850_20491990.jpg


あなたは信じますか。今わたしの歩いてきた道を。
過去でも、現在でも、未来でもない、ゼロの世界を。
あなた、後ろを見てください。誰もいませんね?
では、あなただけに聴いてもらいます。
ゼロの世界の案内人


街がまだ闇に覆われていた頃。光源は蛍光灯でも水銀灯でもハロゲン・ランプでもなく、白熱灯だった。LEDは存在していないどころか、アイデアすら浮かんでいない時代。

世界には白熱灯の赤みを帯びた光が作りだす曖昧な影がそこここにあった。夕暮れ/夕闇で曖昧な影と遭遇することがよくあった。それはゼロの世界の入口だ。熊倉一雄はゼロの世界の番人あるいは案内人だった。

熊倉一雄は死んでゼロの世界の住人となり、昭和は遠い昔のおぼろげな記憶の彼方へと去って、平成すらも終わろうとしているいまこそ、闇の世界の復権を強く願う。
 
by enzo_morinari | 2019-02-22 20:52 | ゼロの世界 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/30114008
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ゼロの世界/ゴーストバスター、... TOKYO STORIES/風... >>