人気ブログランキング |

トロンプ・ルイユ=ゲーデルエッシャーバッハ/クシャミをするたびに右の鼻の穴からメタフィクション・ノベルが飛びだす男は自己言及の可能性について疾走∞失踪しつつ試行する。

 
c0109850_14131650.jpg


Ceci n'est pas une pipe. R-F-G-H-M
ウロボロスは自分の尻尾を呑みこんで無限∞永遠を獲得する。E-M-M


クシャミをするたびに右の鼻の穴からメタフィクション・ノベルが飛びだす男がいる。私だ。名はトロンプ・ルイユ=ゲーデルエッシャーバッハだ。

メタ! フィクション! クシャミだ。今回出たのはどんなようなメタフィクション・ノベルだろうか? メタクサ・エクサ遠いところに飛んでいったので回収するのにひと苦労ふた苦労セパタクローだ。

SUBARU 360をMaybach Excelero Üppig 58S風に改造して乗っているが、バカバカしいことこの上もない。てんとう虫はなにをどうやってもカブト虫や豊かな小川や豊饒の海にはなれない。Seiji Ozawaが逆立ちしてもJohann Sebastian Bachになれないのとおなじ道理だ。バーカーカーバーチンドンヤーオマエノカーチャンデーベーソーはバビロン行きのバスに乗って座して死ぬのを待つほかにバサラカなのである。

書店にはおもねったポンコツ本しかないし、古本屋はカビ臭いし、感染症の病原体だらけだし、古本屋のオヤジはえらそうにエラが張っているし、辛気臭いし、口は臭いし、図書館の本はだれが触ったかわからないから気持ちわるい。現在、世界でもっとも憎悪し、蔑んでいる居残り佐平治が触った可能性だってある。よって、文字を読むのはネットかクシャミをしたときに自分の右の鼻の穴から飛びでてくるメタフィクション・ノベルだけだ。


Creep (Radiohead) - Escher String Quartet feat. Brooklyn Duo
 
by enzo_morinari | 2018-12-25 14:35 | MC Escher∞反自己言及 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/29915967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< In to the Polar... BEATNIK DAYS わっ... >>