人気ブログランキング |

ある御婦人への最終回答/よくないね!

 
c0109850_06430537.jpg


あなたが「いいね/イイネ」「Nice」「GOOD」「Fine」をつけているあまたのブログ/テクストはただのひとつの例外もなくひどいものです。

文法(助詞/助動詞の用法、句読法、叙法、修辞法/レトリック、修飾語の用法、主語/述語の用法etc)めちゃくちゃ、誤字脱字だらけ、退屈、陳腐、辛気臭、曖昧模糊、ありきたり、知性/教養の欠如、切実さ/のっぴきならなさ皆無、グラマトロジー/エクリチュール/パロール/ディスクールとは無縁、パラダイム/エピステーメー無視、メルクマール/アジェンダ/サンクチュアリなし。日本語の言語表現の基礎技術がまるでなっていないものばかり。小学生中学生のレベルです。本人は至って大真面目、大仰鼻高々ですが大嗤い。小学生中学生の「読書感想文」のほうが素直で小細工/小手先がない分、よほどいい。

「あらすじ」のあらすじ、要約の要約を記述する。つまらぬ感想つきで。しかも、大的はずれに。正鵠は銀河系宇宙の反対側にあるほどに。その「あらすじ」のあらすじ、要約の要約は不正確きわまりない。引用もだ。ミスリードだらけ。悪意さえ感じるほどのミスリード。

そもそも、「あらすじ」のあらすじ、要約の要約などにはまったく意味も価値もない。腰巻き(帯)/巻末の解説短文でじゅうぶんです。

シャープに正確に明晰に精緻に。これはなにごとかなにものかを評するときに必須の姿勢/態度でしょう。

かれらは読んだテクストをまともには理解できていないでしょう。そのことは彼の言語表現技術の稚拙からあきらかです。まともな言語表現ができない者に他者の言語表現を理解できるはずはありません。他者の言語表現にかぎらず、世界を解釈することも当然にできない。世界と向きあうことすらもできない。みずからの言葉を持たぬ者に世界は扉を閉ざします。

かれらは自らの不明に気づくこともないでしょう。かれらにあるのは醜悪陋劣な認知欲求だけ。そして、驚くべきことにかれらはものごとを読みとくときの基本である本歌取りさえ知らない。唖然とするばかりです。

かれらのテクスト/駄文には、思いつくだけで、退屈/陳腐/的はずれ/当てずっぽう/剽窃/ありきたり/稚拙/陋劣/辛気といったタームが浮かびます。かれらは他者の言語表現のみならず、音楽/美術/映画/演劇/エンタテインメント等々についても及びますが、すべてひどい。表層/うわっつら/上っ調子/恥の上塗り/あさはか/低次元。

かれらに透けて見えるのは姑息さ/小狡さです。これまでの人生全般を姑息に小狡く生きてきたことが透けて見える。なんらのクライシス・モーメントもクリティカル・モーメントもなくただ姑息に臆病に生きてきたんだろうと。ただ一人炎の中心に立つこともなく。

私が蔑み、忌み嫌い、憎悪し、憤怒する件のポンコツボンクラヘッポコスカタン木偶の坊の団塊外道に象徴されること。あなたがその者のテクストにすべて「イイネ」をつけているのを知った段階で、あなたは私の世界の埒外です。安酒を食らい、酒グレて世迷言/寝言/たわ言をさらし、ヨタヨタと生き恥をさらす者とはいっさいコミットメントしないというのが私の揺るぐことのない立ち位置です。

批評の対象は書物/書籍だけではありません。文化全般、音楽、美術、演劇/芸能、建築、食、政治/経済/哲学/思想/法、そして、人間。およそ、古今東西の世界のすべては批評の対象です。

ウィトゲンシュタイン先生は「語りつくせぬことについては沈黙せよ」と言った。ポンコツボンクラヘッポコスカタン木偶の坊の団塊外道の一知半解どころか零知零解を戒める言葉です。ウィトゲンシュタイン先生の至言がかれらに届くかどうか。万にひとつも届かないでしょう。

c0109850_06425431.gif

 
by enzo_morinari | 2018-11-12 06:44 | 沈黙ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/29844533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Djobi! Djoba! Urban Melanchol... >>