人気ブログランキング |

カントリーライフを満喫する還暦メンヘラー書き、語りき

 
c0109850_08343947.jpg


祈りのない言説に世界は扉を閉ざす。E-M-M


東京生まれ東京育ち、インテリゲンチャ階級の子息を名乗るそのメンヘラーはカビ臭く、辛気臭く、陳腐でありきたりで新味に欠けること甚だしいことしか書けず、言わず、語れない。メンヘラー書き、ほざき、語りき。

そのメンヘラーは現在、鄙びた土地、つまりはくそ田舎ど田舎で暮らし、朽ち果てていくのを座して待っている還暦のポンコツだが、当人は鄙びた土地/くそ田舎ど田舎で暮らし、朽ち果てていくことについて満足である旨をしきりに表明するが、言葉の端々には「都市/都会への憧れ」が見え隠れし、透けて見える。しかし、カントリーライフを満喫する還暦メンヘラーにはもはや都市への回路は閉ざされている。都市にはカントリーライフを満喫する還暦メンヘラーの居場所はない。くそ田舎ど田舎にあまた棲息する木偶の坊どもとよろしく御懇ろに馴れ合い、乳繰り合い、傷をなめ合い、都会育ちの高学歴(3流私学文系)のインテリゲンチャ階級であることを鼻高々に自慢して退屈な余生を生きるがいい。

カントリーライフを満喫する還暦メンヘラーが徹底的につまらないのは生来の気質に加えて、リアリティ/切実さ/のっぴきならなさがかけらもないところにある。しかも、すべて的外れでピンボケ。器の話もオワコン文化人の話(『プルタルコス英雄伝』さえ読んでいないのに!)もオワコン本の話も底浅く薄っぺら表層で他愛なく稚拙陋劣な言語表現の話もお呼びでない。

程度が低く、お里が知れるカビの生えた教養主義で塗りかためた言説に見るべきもの/えるもの/メルモのパンチラはなにひとつないし、三つ目は金輪際、通らない。黒いジャック・オー・ランタンに取り憑き殺されるのは目に見えている。Depression DrugとSleeping Pillsまみれの日々。吊る/切る/飛び降りる/飛びこむ日も近かろう。その日が一刻も早く来るのをラビオリをカウントして食しながら、指折り数えて待つ。Ψ(`▽´)Ψ

c0109850_08342674.jpg


Hard Times Come Again No More - Mavis Staples
 
by enzo_morinari | 2018-11-06 04:57 | 沈黙ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/29834304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 陽だまりの中の学問のスズメ I Left My Heart... >>