人気ブログランキング |

細胞の魚こと利己的虚数魚 i = CELLFISHまたはSELFISHもしくはPoisson d'avril

 
c0109850_15453512.jpg

 
細胞の魚こと利己的虚数魚 i = CELLFISHまたはSELFISHもしくはPoisson d'avrilが世界のありとあらゆる事態・事物・事象・現象に対して逆立しはじめたのは日曜の朝からである。

流血の日曜日の朝。細胞の魚こと利己的虚数魚 i = CELLFISHまたはSELFISHもしくはPoisson d'avrilは複素数魚と天然純朴偽装魚の集合的劣後債権的劣等無意識(Subprime Lonely)の崩壊に端を発する甘えの構造主義魚どものあさましい茶飲み話をその鋭敏な側線で聴き取った。さらには、幻の第三象限岩礁カフェ・ビルのリーマン・ブラザース&メリル・リンチ破滅のメルティング・ポットの踊り場(通称BIG by Thomas Jeffrey Hanks)で造反有理数魚に海辺のカブカ・ウナギ下がりマンデルブロ固めを喰らった。このふたつが細胞の魚こと利己的虚数魚 i = CELLFISHまたはSELFISHもしくはPoisson d'avril逆立の直接の原因である。

彼らの主たる生息域であるストック海、とりわけウォール・ストリート環礁は朝から暴風雨に見舞われていた。市場鯨神/ブラックシメサバスの声の代理人レンポージュンビ・バンカース亀仙人の緩慢な動きは完全に停止し、いまや瀕死の状態である。まったくとんでもない世界になったものだ。互いの胸鰭で不器用きわまりもない和解の握手をしたところで、「これでパイな」などと言うことは金輪際無理だろう。πなだけに。割り切れない思いはマリアナ海溝の最深部であってさえ永遠につづくにちがいない。なんつっても、πなだけに。


c0109850_3574048.jpg


ストック海に平和な凪の日はもはや訪れまい。また、ウォール・ストリート環礁からは多くの生き物、先物、現物が去ってゆくだろう。彼らの次の棲息場所は箪洲乃至はクローゼット海である。

レンポージュンビ・バンカース亀仙人が産卵することもなくなるだろう。市場鯨神/ブラックシメサバスの声を聴かなかった者たちは市場鯨神/ブラックシメサバスの鉄槌を受け、物静かに退場することを余儀なくされるのである。インドラマグロの矢は分け隔てなく、そして、微塵の容赦もなく時速 160km/h ですべてを射抜くのだ。

カブドットコム社長の能島伸夫は能無島縮夫に改名を余儀なくされ、MUFGフィナンシャル・グループは金貸しふぜいのグループ子会社のアコムからカラス金利で資金調達し、磁石式操り人形劇団MAGNET MARIONETを旗揚げして起死回生、一発逆転を狙うも大ゴケし、なにをすかしやがっての「モビット」の商品名は金融庁から「モウビビリッパ」に強制改名命令を受けるだろう。

しかし、世界の終わりとでもいうべき事態にあってもなお、その顔面力で東方世界を席巻してきたグッドラック・レインボー・フィッシュ(別名ヤマシタタツローウオ)は秘策「2000tの雨乞い」によって一気に世界を救いにかかった。が、金魚すくいに毛の生えたような効果しかなかった。ろくに毛もないくせに「毛の生えたような」とはお笑いぐさだが。グッドラック・レインボー・フィッシュはサリンジャー島産のバナナ魚1匹と象牙海岸産マリアタケウチ・セプテンバー・フィッシュをしょんぼり釣り上げたにすぎない。

世界はヤマシタタツローウオが思っているほどマイ・シュガー・ベイヴでも不思議なピーチパイでも夢ですら逢いたくないヨシダミナコでもなかったのである。


Rumble Fish/Fighting Fish/War Pigs - Black Sabbath
 
by enzo_morinari | 2018-10-25 15:56 | Poisson d'avril | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/29814058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< プリンシプル・ライフ ── て... 六花亭のマルセイ・バタサンドは... >>