人気ブログランキング |

Fairy Tale of Tokyo 天使と妖精と酔いどれのクリスマスに向けて#1

c0109850_25182.jpg


夢はとっくの昔に粉々に砕け散った。しかし、かけらはまだ残っている。


「酔いどれずにやっていられるものか」とアスファルトに吐き捨てる。東京はそうとでもしなければいられない街だ。

東京には天使も妖精もいるがなかなか姿をみせない。彼らはすごく気まぐれで気分屋でわがままなうえに音や光の具合にうるさいので姿をあらわす条件がととのうことはまれだ。

c0109850_14440589.jpg


音と光にあふれかえっている東京は天使や妖精どもの気分を損ねつづけている。しかし、ひとたび天使や妖精どもがあらわれると人生がいくぶんか色づく。

これは天使と妖精と酔いどれと彼らのおかげでほんのりと色づいたいくつかの人生の話である。いまは秋の初めだが、クリスマスの夜まで気まぐれにつづく。おそらく酔いがさめることはあるまい。千鳥足はさらに加速するはずだ。


夢はとっくの昔に粉々に砕け散った。しかし、かけらはまだ残っている。

c0109850_265661.jpg


背景音楽
Fairytale of New York (Christmas in the Drunk Tank) - The Pogues
Same Old Lang Syne - Dan Fogelberg
 
by enzo_morinari | 2018-10-07 01:45 | Fairy Tale of Tokyo | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/29781870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Fairy Tale of T... 孔雀と背の高い豆煙突とおしゃべ... >>