人気ブログランキング |

されどわれらがセメタリー・デイズ Epitaph#002

c0109850_12323402.jpg

名声や富をえてもいずれは露と消える。
この世のすべては朽ち果て、蜘蛛の巣が張る。
甘美な勝利の美酒の味も常に死と隣り合わせ。
すぐに蝋燭は溶けて、あとにはなにも残らない。
愉悦愉楽はレモンの皮のように簡単に剥がれ落ちる。
Vanitas Vanitatum


徒歩5秒のところに墓地がある。返還された米軍施設を墓地公園にしたものだ。世界の警察官を任じる戦争屋/死の商人人殺し軍需産業国家の軍事施設の跡地が終焉の地/ひと休みの地/千の風が吹きつける場所となる皮肉。愛読書銀行通帳である人と超人皮肉屋ピグマリオンのショー爺さんならなんとみるか。11月2日の命日にでもきいてみるとしよう。白馬の騎士にして吊るされ屋のムッソリーニのことも。返答次第ではすべての銀行通帳をねじ式(ロストル式・改)火葬炉で火焔太鼓が景気づけにドンドコドロドロ鳴る中で燃やしてやろう。半鐘は1000個そろえてやる。1000の半鐘による旋律なき戦慄の野辺送りのうた。

起きて半畳寝て一畳、死んでも1000個の半鐘でおちおち寝てはいられない。噺のオチなだけに。おジャンの大団円終幕にもちょうどいい。焼きあがりがたのしみだ。骨上げはない。コツ通りに撒き散らしてインチキ起請文と三行半付きで千住の線香お直し女郎と御懇ろにさせる。

徒歩5秒のところに墓地がある暮らしはにぎやかきわまりない。にぎやかなだけではなくて、食料と酒と花に事欠かない。墓守代/墓掘り人夫代として当然のように傲岸不遜にいただく。失敬ではない。礼と敬意はつくす。相手は霊であるからして礼をつくさねばならない。ウルティメート・リサイクルだ。

春と秋の彼岸、盂蘭盆会の頃は生身の人間どもが来てやかましい。死ねばいいのに。土日祭日もうるさい。死ねばいいのに。無縁仏になっちまえばいいのに。それ以外は幽霊/亡霊/悪霊/死霊/ユターカ・ハニーヤ・ゴースト/スピリチュアル・ユニティがファニー&ファンキーにダンス・ダンス・ダンスしていて、ウキウキ/wktk/Wikipediaさせてくれる。

家はみな 杖に白髪の 墓参り 芭蕉
あまり花 人の墓へも 参りけり 一茶
石に腰を、 墓であったか 山頭火
墓に唾をかけろ(J'irai cracher sur vos tombes) Vernon Sullivan(Boris Paul Vian)


本日の墓碑銘
二度と来るな! やっと解放されたんだ。顔も見たくない。声も聞きたくない。Buster Keaton
 
by enzo_morinari | 2018-09-07 12:35 | Cemetery Days | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://enzogarden.exblog.jp/tb/29729476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< J'irai crac... ニコチン42mg/タール54m... >>